ƒ 今日は何の日?話のネタブログ

今日は何の日?話のネタブログ

今日という日を過去の出来事や著名人の誕生日など、様々な角度からピックアップしています。話のネタにどうぞ。

 
プロフィール

onemoreネタ

Author:onemoreネタ
今日という日の歴史的な出来事、事件、人物などを語るブログです。話のネタやブログのネタにどうぞ。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村
カテゴリ
今週の人気記事ランキング
おすすめ
楽天トラベル
i2i
スワップ金利
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
こちらのサイトを参考に作成しております。

【3月26日】栗林忠道と硫黄島の戦い




800px-Mount_Suribachi,_Iwo_Jima

 硫黄島(2007年)

戦争は悲惨なもので二度と繰り返してはいけませんが、
戦争に参加した祖父、先祖たちへの敬意は決して忘れてはいけないと思います。

さて、この1945年3月26日
硫黄島の戦いの組織的な戦争が終結した日です。
この時に
栗林忠道中将 も戦死したと言われています。

20081130204824!Tadamichi_Kuribayashi1.jpg

 硫黄島は、日本本土の空爆基地となる重要な拠点でした。
 重要な島であることは、日米ともに認識しており、日本もできる限りの物資を送り込んでいました。この島が激戦地となることは充分に予想されていたのです。

 栗林中将は、他の日本軍が行う玉砕のバンザイ突撃を止めさせ、できるだけ生き延びて一人でも多くの米軍を倒すことを指示させます。
 また、艦船からの砲撃を予想し地上に施設をつくらずに、ゲリラ攻撃に最適な地下坑道を作ります。

 この坑道は戦闘が始まるまでの間に全長18Kmもの長さになりました。
島特有の硫黄と熱気が作業を苦しめますが、この坑道のおかげで夜襲、奇襲の成功を生み、米兵を苦しませることになります。

 この戦いは、今までの日本軍の戦いとは違うものになりました。

 米軍は1945年2月19日、広さわずか約22平方キロの島に上陸し、36日に及ぶ激しい戦闘で、日本軍側は死者約2万2千人、米軍側は死傷者約2万8千人と双方に大きな被害が出た戦いとなったのです。

 栗林中将ですが、アメリカ本国においては、硫黄島の戦いの報道がリアルタイムでなされていたこともあり、日本以上に知名度がありました。
 太平洋戦争における日本軍人で優秀な指揮官は誰であるかという質問に栗林将軍の名前を上げる評論家や軍人が多いそうです。

 僅か22km²(東京都北区程度の面積)にすぎない硫黄島を、日本軍の3倍以上の兵力および絶対的な制海権・制空権を持ち、物量全てにおいて圧倒的に優勢であったアメリカ軍の攻撃に対し、最後まで将兵の士気を低下させずに、アメリカ軍の予想を上回る1ヶ月半も防衛した采配は高く評価されています。

Marines_on_the_beach_of_Iwo_Jima.jpg
 

 現在でも島には1万人以上日本軍兵士の遺骨が残っているそうです。

 昨年の2013年4月14日に安部総理が硫黄島を訪問したことがニュースになっていました。

「一日戦闘を長引かせることが、本土の攻撃を一日遅らせることになる」

国を守るということは自分たちの家を、家族を守ること・・・・・。

家族栗林中将はじめ、戦った英霊たちの想いが胸を打ちます。


ioujima.jpg


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 戦争
ジャンル : 政治・経済

【3月25日】電気記念日とデンキブラン



SC 9

 1878年3月25日は日本における電気記念日とされています。

 この日、東京・銀座木挽町に開設された中央電信局の開局祝賀会が現在の東京大学工学部で開かれ、式場に50個のアーク灯が点灯されました。これを記念して日本電気協会が1927年9月に記念日として制定しました。


 伊藤博文から依頼されていた英国人エアトン教授が、グローブ電池50個を使い講堂をくまなく照らし出したとのことです。その場にいた来賓たちは、「不夜城に遊ぶ思い」と驚嘆の声をあげたといいます。
 これが、日本で電灯が公の場ではじめて点灯された瞬間でした。

 翌年の1879年10月21日には、米国でエジソンが白熱電球を発明し、日本にも輸入され、明治19年(1886年)には東京に電灯会社が生まれ、電灯に動力にと、電気の時代が幕を開けました。

 4年後には一般市民にも電灯を目にすることになり、その場所になった東京の銀座には電灯を見ようと、多くの見物客が訪れたそうです。

 今では、夜に明かりをつけるのは当然のようになりましたが、一昔前は薄暗い中で生活していたんですから、便利な時代になりましたよね。

東北大震災の際に数日、停電になった時には、普段何気なく使用している電気の有難さを再認識させられました。



デンキブランについて
   

 さて、この当時は、「デンキ」とは「ハイカラ」の代名詞になりました。
 今も浅草で販売されている
デンキブランなどは有名ですよね。

 ちなみにこの飲み物、浅草神谷バーで今も飲むことができますが、かなり度数の強いカクテルです。
 ですので、ビールも一緒に注文し、交互に飲むのがいいみたいですね。お勧めは360円の電氣ブラン<オールド>。

 複雑な味わいで、懐かしさを感じる、おいしい飲み物ですよ。
 お時間のある方は2階のレストランでお食事と一緒にどうぞ。
 スカイツリー、
浅草観光の際には是非、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

 昭和レトロな時代も古き良き時代です。



関連記事

テーマ : 文明・文化&思想
ジャンル : 学問・文化・芸術

【3月24日】世界結核デー。結核の恐さ



437px-Robert_Koch.jpg
ロベルト・コッホ (ウィキペディア)

 1882年3月24日ロベルト・コッホ結核菌を発見したことから、世界保健機関が1997年に制定しました。

 日本ではすでに過去の病気という感じの
結核ですが、日本では、肺結核は労咳(癆痎、ろうがい)と呼ばれ国民病・亡国病ともいえるほど、猛威を振るいました。
 明治維新以降、犠牲者一千万以上と言われています。
 治療を放置しておくと発病者の半数は死ぬというから怖い病気であったのです。

 第二次世界大戦後、結核予防法(昭和26年3月31日法律第96号)が制定され、抗生物質を用いた化学療法の普及などによって激減をみました。

 しかし他の先進工業国に比べて感染率と死亡率は依然高い状態であるそうです。
 今日では逆に「結核は過去の病気ではない」というスローガンで注意の喚起が叫ばれています。

 日本での2010年の新規登録患者数は23,261人、罹患率は人口10万人対18.2であり、
 患者のうち高齢者の占める割合が高く、70歳以上は51.2%、80歳以上は29.7%だそうです。

 結核患者であったり、結核が原因で生涯を終えた歴史上の人物はたくさんいます。
 また、結核は“悲劇の病”として、多くの文芸作品で描かれています。

 沖田総司、高杉晋作、樋口一葉、石川啄木、夏目漱石、樋口一葉、遠藤周作も結核にかかってます。

 作家や最近では芸能人に多いと言われますが、不規則な生活やストレスで免疫力が低下するからでしょうね。

 咳がどうも止まらないなあとか、ただの風邪と思わないで早めの受診など大切です。注意していきましょう。

 結核は、6か月間毎日きちんと薬を飲めば治ります しかし、治療の途中で服薬をやめてしまえば治りません。それどころか菌は抵抗力をつけ、薬が全く効かない多剤耐性菌になることもあります。
 こんな時はすぐに病院へ!重症になる前に 早期に受診しましょう。
  • 長引く咳 ( 2週間以上 )    
  • タンが出る   
  • 長引く(体の)だるさ
  • 長引く微熱                  
  • 胸の痛み       
  • 急に体重が減る
→公益財団法人結核予防会のHP



関連記事

テーマ : 科学・医療・心理
ジャンル : 学問・文化・芸術

今日は何の日?カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
こんな記事もあります
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
今日何の日?
こちらにも記念日があります。
PR