ƒ 今日は何の日?話のネタブログ

今日は何の日?話のネタブログ

今日という日を過去の出来事や著名人の誕生日など、様々な角度からピックアップしています。話のネタにどうぞ。

 
プロフィール

onemoreネタ

Author:onemoreネタ
今日という日の歴史的な出来事、事件、人物などを語るブログです。話のネタやブログのネタにどうぞ。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村
カテゴリ
今週の人気記事ランキング
おすすめ
楽天トラベル
i2i
スワップ金利
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
こちらのサイトを参考に作成しております。

【5月27日】バルチック艦隊撃破!日本海海戦



 
MIKASAPAINTING.jpg

 本日は、日本海海戦記念式典の日です。 1905年5月27日のこの日、日本海海戦で日本艦隊がロシアのバルチック艦隊に対して大勝利を収めたことを記念しています。海軍記念日は第二次世界大戦後に廃止されましたが、それ以降も財団法人三笠保存会などがこの日に記念式典を行っています。

日本海海戦_03  さて、この日本海海戦(1905年5月27日〜28日)とは、日露戦争中に行われた海戦で、日本海軍の連合艦隊と、ロシア海軍の第2、第3太平洋艦隊との間で戦われました。
 日本海軍連合艦隊は連合艦隊司令長官
東郷平八郎
の指揮下で、ロシア海軍両艦隊を撃滅し戦力の大半を失わせたことに対し、日本海軍連合艦隊の損失は軽微のみという海戦史上まれな一方的勝利となったのです。
 この海戦が決定的となり、日露戦争は終息へと向かいます。
 当初は、日露戦争は、大国ロシアに対して、総力戦では絶対に勝てないといわれていました。だからこそ、どこかの段階でアメリカに調停に入ってもらわなければならないと、当時の内閣は考えていたのです。
 そういう意味では、
奉天会戦での勝利やバルチック艦隊撃破は、いかに有利な条件で講和するかの材料であったわけです。
 この当時の日本の司令部は、”戦争は、政治目的達成のための手段である”(「戦争論」
クラウゼウィッツ
)ということを充分認識していたのです。
 この海戦の勝利によって、両国間のポーツマス講和会議への道を開くことになります。講和条約により、日本は朝鮮半島における勢力を確固たるものとして国防上の課題を解決し、また関東州の租借権や南樺太を獲得します。もし、この戦争で日本が負けていれば朝鮮半島は確実にロシアのものになっていたでしょう。
420px-Tōgō_Heihachirō  世界最大の軍事力を有していたロシア帝国の敗北は全世界を驚愕させました。また、この勝利は植民地支配にあえぐ有色人種達に衝撃を与え、独立・革命運動のきっかけとなり、欧米列強の植民地政策をぐらつかせる大きなターニングポイントとなったのです。

←東郷平八郎


 しかし、講和条約の内容は、賠償金を取れないなど、国民にとって予想外に厳しい内容だったため、日比谷焼打事件をはじめ、各地で暴動が起こり、戒厳令が敷かれるにまでに至ります。
 戦争を優位にするために、厳しい国内の内情をロシアに秘密にしていたせいもありますが、新聞などのマスコミ各社が日清戦争を引き合いに出して戦争に対する国民の期待を煽ったために修正が利かなくなっていたこともあります。あぁ、ここでもマスコミが、誤った扇動をするのですね。

 さて、日本海海戦自体の話になりますが、この大勝利は偶然や運ではなく、徹底した戦略の元に行っています。

日本海海戦_01 日本軍海軍参謀、秋山真之は、バルチック艦隊を迎え撃つにあたりT字戦法という戦略を立てました。 
 T字になることで、敵の先頭艦を常に圧迫するように進行することができ、そのため、指揮官が乗っている先頭艦を集中攻撃でき、敵の艦隊の命令系統を混乱におとしいれることができるのです。
 この戦法での決め手は、横腹を見せて多くの砲門から撃つ砲弾が、どれだけ縦列陣を敷いてくる敵戦艦に命中するかという命中率にかかっていました。仮に、敵の砲弾のほうが正確に日本艦隊を射抜けば、惨敗もありえるわけです。


軍人秋山真之、兄好古も天才!
Akiyama_Saneyuki.jpg  そこで、東郷平八郎は徹底的に艦砲射撃の訓練を繰り返しました。当時貴重品だった実弾をおしまず費やしたと言われています。とりわけ、高波の日の訓練は凄まじかったと言われており、波が高ければ、高いほど相手の砲撃の命中率が下がり、こちらの命中率が高ければ、砲弾によってあけられた吃水線上の穴からも海水が流れ込み、相手の艦が沈没しやすくなることからと訓練にも力が入りました。
 逆に、ロシア艦隊のほうは、有色人種に対する偏見もあったのでしょう、「自分たちの方が絶対に強い」と根拠なく日本人をナメきって油断していました。また長旅で疲労が溜まっていたということもあります。
 結局、運も味方し、会戦当日は「本日、天気晴朗なれども浪高し」という状況で、訓練で鍛え抜かれた日本艦隊の圧勝となったわけです。
 結果ですが、主力の日本戦艦 4 vs ロシア戦艦 11、 巡洋艦8:3の戦力差にもかかわらず、ロシア全滅に対し、日本側はゼロという圧倒的勝利をおさめます。



 
日本海海戦_02

 上記の表から分かるように、日本軍の損失は水雷艇の3隻のみです。また、戦力で中心となるのは戦艦、海防戦艦、装甲巡洋艦であり、この三種類の艦をどれだけ保有しているかで戦力をはかることができました。結果はロシアは巡洋艦4隻と駆逐艦3隻を残して全滅です。

 ロシア側の6,000名以上の捕虜は、多くが乗艦の沈没により海に投げ出されましたが、日本軍の救助活動によって救命されることになります。また対馬や日本海沿岸に流れ着いたものも多く、各地の住民に保護されています。当時の日本は戦時国際法に忠実であり、国際社会に日本は文明国であるとアピールするためにも戦時法遵守が末 端の小艇の水兵にまで徹底されていたのです。

 ロシア兵捕虜は、日本国民が戦時財政下の困窮に耐える中、十分な治療と食事を与えられ、健康を回復し帰国しました。軍法会議での処罰を恐れる士官は日本にとどまることもできました。日本の戦時国際法の遵守には世界各国から賞賛が寄せられたそうです。
 敵方の司令長官であった
ロジェストヴェンスキーは重傷を負い、佐世保の海軍病院に入院しましたが、この間、東郷大将が見舞いに訪れています。この時の東郷の礼節を尽くした扱いに感銘を受け、一生東郷を尊敬し続けたといいます。お互いに国のために勇敢に戦った者同士は、わかり合えるものがあるのでしょうね。戦わなかった者だけが、やれ賠償だ、謝罪だと叫び続けるのでしょう。
 2005年5月には対馬市、横須賀市などでそれぞれ日本海海戦100周年記念の式典や大会が開催され、対馬市では海戦後初の合同慰霊祭も行われました。国のために戦った全ての兵士たちにに追悼の思いを捧げたいと思います。






関連記事

→【9月5日】日露戦争と日比谷焼打事件 

→【7月5日】日露戦争勝利の立役者。渋柿親父のメッケル

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 政治・経済

【5月26日】逃げの小五郎こと木戸孝允



396px-Kido_Takayoshi_1869.jpg
若き日の木戸孝允こと桂小五郎〜明治2年撮影(憲政50年史) ウィキペディア

 本日は、明治維新の三傑と言われた、木戸 孝允 / 桂 小五郎の命日です。(天保4年6月26日(1833年8月11日) - 明治10年(1877年)5月26日
 幕末から明治時代初期にかけての日本の武士、政治家です。


 維新の三傑のあと二人は西郷隆盛大久保利通の二人です。
 維新の十傑というのもあるそうで、こちらは上記の三人に加え、
小松帯刀大村益次郎前原一誠広沢真臣江藤新平横井小楠岩倉具視の七人を加えたものになりますが、これは、山脇之人『維新元勲十傑論』1884年刊によるもので、現在の感覚ではちょっと物言いを入れたくなりますね。

 金澤正造という人の著書『維新十傑傳』(1941年)では、明治以後の政治家とは別に、幕末期に維新へと至るまでに導いた主な革命家十名に、
吉田松陰頼三樹三郎有村次左衛門高橋多一郎清河八郎伴林光平平野国臣佐久間象山高杉晋作坂本龍馬を挙げてあります。

 吉田松陰や坂本竜馬は革命家に入るんですね。
勝海舟
の名前がないのですが、これは幕臣だからでしょうか。

 さて、この木戸孝允ですが、長州藩の尊攘派のリーダー、桂小五郎として活躍します。一旦は、京都から追放の憂き目に遭いますが(八月十八日の政変)、翌年、小五郎は再上洛し潜伏しつつも藩の失地回復に勤めます。
「逃げの小五郎」の異名はこの当時からついていたあだ名のようですね。

 決して剣の腕が弱かったからではありません。むしろ新撰組の近藤勇をして「恐ろしい以上、手も足も出なかったのが桂小五郎だ」と言わしめています。練兵館の塾頭を務め、その間、剣豪の名を天下に轟かせているのです。
 それほど強くても、実際は刀を抜く前に逃げる・・・これが桂の鉄則だったようで、これは、剣豪でもあった坂本竜馬に通じるものがありますね。結局、木戸孝允は、一度も刀を抜く事なく維新を迎えたと言われています。

 さて、長州藩が再び立ち上がるまで、桂は、京都市内のあらゆる所に潜伏します。
 二条大橋の下で、乞食同然の生活をしていたと思えば、味方の家を転々としたり、芸者であり恋人の幾松(後の
木戸松子)に助けられたりしています。
 それ以外にもかくまってくれる女性たちが何人かいたようですが、写真で見るイケメンぶりですから無理もありません(笑)。
 坂本竜馬もそうですが、女性たちに命を助けられています。世に名を残そうとする者、常日頃、色んな方々へも優しくしておかねばなりません。
 また、それ以外にも「
池田屋事変」が起きた時、池田屋に足を踏み入れていたものの、外出をしており、難なきを得ているという強運。
「禁門の変」に際しては、会津の残党狩りに一度は、捕まったが、連行中に、「うん●をもよおした」と偽って、あっという間に逃亡したという度胸も持ち合わせています。

 この方には当時の「武士とはどうあるべきか」なんて体面なんてことは気にしません。チャンスが来るまでは、逃げに逃げます。

 そして、ついにチャンス到来。
 坂本龍馬の斡旋で薩長同盟を締結、長州藩の復権に成功し、薩長主導による武力倒幕を成し遂げ、新政府を樹立します。
 新政府では総裁局顧問、外国事務係、参与となり、「
五箇条の御誓文」の起草に参画し、大久保らとともに版籍奉還の実現に尽力します。明治4年、西郷とともに参議となると、政府要職を薩長の人材で独占、廃藩置県を断行します。

 西郷隆盛と対立することになり、西南戦争の最中、駆けつけた大久保利通の手を握り締め、「西郷、いいかげんにせんか」と明治政府と西郷の両方を案じる言葉を発したのを最後にこの世を去ったといいます。病没。享年45歳でした。

 志士としても、長州藩のリーダーとして時代の先端に立って活動を続け、明治新政府においてもトップの一人として近代国家・日本の建設に大きな役割を果たした木戸孝允。
 
 墓所は、京都・霊山護国神社にあり、坂本龍馬や、中岡慎太郎など、活動を共にした多くの志士たちと、松子夫人の傍にて眠っています。


→京都・霊山護国神社(Googleマップ)



関連記事

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

【5月25日】キャパと「崩れ落ちる兵士」



Capa_015.jpg  
Falling Soldier 〜崩れ落ちる兵士(死の瞬間の人民戦線兵士)

 本日5月25日は、ロバート・キャパ(1913年10月22日生 - 1954年5月25日没/本名はフリードマン・エンドレ・エルネー。ハンガリー生まれのユダヤ人)の命日です。
 戦場カメラマンとして有名な写真家であるキャパはこの日、北ベトナムでフランス軍に同行取材中に地雷を踏んで死亡しました。享年40歳。スペイン内戦、日中戦争、第二次世界大戦のヨーロッパ戦線、第一次中東戦争、および第 一次インドシナ戦争の5つの戦争を取材した20世紀を代表する戦場カメラマン、報道写真家として有名でした。

 キャパを一躍有名にした写真に
「死の瞬間の人民戦線兵士」という写真があります。1936年のスペイン内戦時の兵士を撮影したとされ、フランスの雑誌に表紙として掲載、そして翌年にはアメリカの当時最も影響力のあった雑誌「ライフ」に掲載されたことにより、22歳の無名の青年だったキャパを一躍有名にしました。

 この写真は、反ファシズムのシンボルのように扱われた写真でありましたが、あまりに「完成度」が高いことや、頭部に負傷がはっきりと確認できないこと、更にキャパ自身がこの写真について語りたがらなかったことから、本当に撃たれた瞬間を撮った写真であるかどうかについて、真贋論争が60年にわたり続けられてきました。

 最近ではNHKでも特集を組んで放送していましたが、
(2013年2月3日放送「沢木耕太郎 推理ドキュメント 運命の一枚〜“戦場”写真 最大の謎に挑む〜) この写真は前線からは離れた場所で単に演習中の中で撮られたものであると断定されたそうです。
 しかし、このNHKの報道も、あたかもこの番組で初めてキャパの写真が"やらせ"であったかのように報道していますが、海外ではすでに40年ほど前から"やらせ"が常識だそうで・・・。なんかここでも騙された気分になりますね。

→ガジェット通信 キャパの「崩れ落ちる兵士」 ”NHKのヤラセ”か


 この伝説の写真ですが、当時の恋人、
ゲルダが撮影した写真とも言われています。ゲルダもまた戦場カメラマンで、キャパが有名になる前に、戦場で暴走したタンクに轢かれ亡くなってしまいます。

 キャパは、なぜ危険な戦場へ向かい続けたのでしょうか?
 その理由に、この伝説の写真が、ゲルダの作品であり、この伝説の写真を超える戦争写真を撮ることが、自分の使命であり、ゲルダへの愛を証明する唯一の方法と考えていたのではないかと考察する方もいます。

 管理人的には一番しっくりくる考え方かなと思います。

 キャパも売れるために致し方なかったとか、大きな目標をかなえるためのステップだったとか、個人の事情でしたら同情もしますし、致し方ないところがあると思います。
 その負い目なのか、ゲルダや世間への贖罪の気持ちもあって、より戦場写真を撮り続けたということもあるとは思います。
 現実にこの写真をきっかけにキャパの写真は多くの人々の目に届くことになり、写真という手段で、戦争のリアルを伝えるという意味では、多大なる影響を与えてくれました。その功績は計り知れないものがあると思うのです。

 しかし、戦争を反対させる世論を形成するために、特定の勢力が、その写真を利用したり、捏造をするのは、ちょっと許せない部分があります。「写真」そのものをある目的のために利用しようとすることは、「写真」そのもののもつ純粋なインパクトを曲げてしまうことになるのではないでしょうか。
 本来の写真の意味とは違うキャプションをつけて「日本兵の虐待の証拠写真だ」と政治利用に使ったりするのは酷いものです。

 まあ、
朝日新聞の珊瑚礁捏造事件のような意図的な捏造写真は、繰り返して欲しくないですし、日本人全体の品格をわざと貶めて、それを朝日新聞が良心的な糾弾者として啓蒙するという考え方で写真を利用するというのも、とんでもない思い上がりであると思いますが。

 客観的に真実のみを伝えるというのは、人間が行っている以上、完全には無理なのでしょうか。
 キャパの写真の持つ威力は、朝日新聞の写真なんかとは比べものになりません。
 純粋に写真のインパクトを観ていきたいものです。



<関連記事>
→【3月5日】珊瑚の日と朝日珊瑚記事捏造事件





関連記事

テーマ : 雑学・情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

今日は何の日?カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
月別アーカイブ
こんな記事もあります
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
今日何の日?
こちらにも記念日があります。
PR