ƒ 海外/世界の記念日 - 今日は何の日?話のネタブログ

今日は何の日?話のネタブログ

今日という日を過去の出来事や著名人の誕生日など、様々な角度からピックアップしています。話のネタにどうぞ。

 

海外/世界の記念日

プロフィール

onemoreネタ

Author:onemoreネタ
今日という日の歴史的な出来事、事件、人物などを語るブログです。話のネタやブログのネタにどうぞ。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村
カテゴリ
今週の人気記事ランキング
おすすめ
楽天トラベル
i2i
スワップ金利
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
こちらのサイトを参考に作成しております。

【3月24日】世界結核デー。結核の恐さ



437px-Robert_Koch.jpg
ロベルト・コッホ (ウィキペディア)

 1882年3月24日ロベルト・コッホ結核菌を発見したことから、世界保健機関が1997年に制定しました。

 日本ではすでに過去の病気という感じの
結核ですが、日本では、肺結核は労咳(癆痎、ろうがい)と呼ばれ国民病・亡国病ともいえるほど、猛威を振るいました。
 明治維新以降、犠牲者一千万以上と言われています。
 治療を放置しておくと発病者の半数は死ぬというから怖い病気であったのです。

 第二次世界大戦後、結核予防法(昭和26年3月31日法律第96号)が制定され、抗生物質を用いた化学療法の普及などによって激減をみました。

 しかし他の先進工業国に比べて感染率と死亡率は依然高い状態であるそうです。
 今日では逆に「結核は過去の病気ではない」というスローガンで注意の喚起が叫ばれています。

 日本での2010年の新規登録患者数は23,261人、罹患率は人口10万人対18.2であり、
 患者のうち高齢者の占める割合が高く、70歳以上は51.2%、80歳以上は29.7%だそうです。

 結核患者であったり、結核が原因で生涯を終えた歴史上の人物はたくさんいます。
 また、結核は“悲劇の病”として、多くの文芸作品で描かれています。

 沖田総司、高杉晋作、樋口一葉、石川啄木、夏目漱石、樋口一葉、遠藤周作も結核にかかってます。

 作家や最近では芸能人に多いと言われますが、不規則な生活やストレスで免疫力が低下するからでしょうね。

 咳がどうも止まらないなあとか、ただの風邪と思わないで早めの受診など大切です。注意していきましょう。

 結核は、6か月間毎日きちんと薬を飲めば治ります しかし、治療の途中で服薬をやめてしまえば治りません。それどころか菌は抵抗力をつけ、薬が全く効かない多剤耐性菌になることもあります。
 こんな時はすぐに病院へ!重症になる前に 早期に受診しましょう。
  • 長引く咳 ( 2週間以上 )    
  • タンが出る   
  • 長引く(体の)だるさ
  • 長引く微熱                  
  • 胸の痛み       
  • 急に体重が減る
→公益財団法人結核予防会のHP



スポンサーサイト

テーマ : 科学・医療・心理
ジャンル : 学問・文化・芸術

【2月14日】バレンタインデーの起源の人、ウァレンティヌス




a0001_014408.jpg

 2月14日はご存知バレンタインデー。有名すぎて他の記念日がかすれてしまいます。
 世界各地で男女の愛の誓いの日とされますが、女の子の告白とチョコレートを贈る日は日本独自のものだとか。
 1970年後半ごろから定着してしまったようです。とあるお菓子メーカーが販売促進のために企画したそうですが、色々な説が出ています。
 今のハロウィンや恵方巻きブームのように火付け役がいるようです。
 そういえば、最近ではハロウィン関連の売り上げがバレンタインデーの売り上げを超えたようです。チョコ代よりもハロウィンの衣装代でかかるようで。

 さて、このバレンタインデーの由来ですが、西暦269年にローマ皇帝の迫害下で殉教した聖
ウァレンティヌスに由来すると言われていまが、ただ、実在するかどうか分からない伝説の人物なので、現在ではカトリックの聖人暦からは除外されています(崇拝されなくなった訳ではないそうで)。
 それまでの1969年の2月14日が、「聖ウァレンティヌスの殉教の日」とされていました。

 当時のローマ皇帝
クラウディウス2世
は、愛する人を故郷に残した兵士がいると士気が下がるという理由で、ローマでの兵士の婚姻を禁止しました。それはあまりにもかわいそうということで、キリスト教司祭だったウァレンティヌスは秘密に兵士を結婚させていましたが、捕らえられ、処刑されることになります。
 この日が、当時のローマの祭りのユノという女王の神様の祭日であり、豊年を祝うルペルカリア祭の前日である2月14日でした。
 処刑はあえてこの日を選び、ウァレンティヌスはルペルカリア祭に捧げる生贄とされたといいます。
 このためキリスト教徒にとっては、この日は「恋人たちの日」となりました。

 こんなキリスト教にちなんだ日なのですが、日本ではすっかり骨抜きにされ、男女の目に見えぬ戦いの日となってしまいました。
 この日は男女共になーんかそわそわして落ち着かない日ですね(笑)。また、年をとると、別にどうでもいい日でもあります(笑)。



テーマ : 雑学・情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

【1月24日】一攫千金を夢見た人たち。今日は金の日。



Rekifune_Gold_dust.png  
砂金(Wikipedia)

 1848年の1月24日のこの日、アメリカ・ カリフォルニア州で砂金が発見されます。発見したのは農場主ジョン・サッターの使用人ジェームズ・マーシャルという人。
 金発見の報せはたちまち広がり、そのわずか4年後にはカリフォルニアの人口は20万人まで急増し州に昇格、西部の開拓が急進展することになります。
ゴールドラッシュの始まりです。最終的にはアメリカの全国や海外からおよそ30万人がカリフォルニアに集まることとなりました。
ゴールドラッシュ
 当初、採掘者は思い思いの単純な技術で小川や川床の砂金を探しましたが、後に金探鉱のためのより洗練された技術が開発され、個人の採掘者よりも会社組織の探鉱の比率が増していくことになります。
 今日の米ドルで数十億ドルにもなる金が発見され、極少数の者には莫大な富をもたらしましたが、多くの者は来た時と大してかわらない資産のまま故郷に帰ったそうです。

 しかし、ゴールドラッシュの影響はそうとうのものでした。サンフランシスコは小さな開拓地だったものが新興都市に成長し、カリフォルニア中に道路、教会、学校および他の町が建設されました。
 さらには新しい交通体系が発展し、蒸気船が定期運航され、鉄道が敷かれ、カリフォルニアの次の成長分野となった農業がこの時期に州内で広く始められることになります。

 しかし、ゴールドラッシュは負の面もありました。長らくその地に住んでいる多くのインディアン部族が迫害され、その伝統的な土地から追い出されることになります。ヤナ族などは、金鉱目当てに入植した白人たちによって根絶やしにされ、絶滅させられてしまいました。

 アメリカンドリームなどの希望の面にはこういう人間の欲望に伴う負の側面があることを忘れてはいけないと思います。






テーマ : 雑学・情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

今日は何の日?カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
こんな記事もあります
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
今日何の日?
こちらにも記念日があります。
PR