ƒ 第二次世界大戦 - 今日は何の日?話のネタブログ

今日は何の日?話のネタブログ

今日という日を過去の出来事や著名人の誕生日など、様々な角度からピックアップしています。話のネタにどうぞ。

 

第二次世界大戦

プロフィール

onemoreネタ

Author:onemoreネタ
今日という日の歴史的な出来事、事件、人物などを語るブログです。話のネタやブログのネタにどうぞ。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村
カテゴリ
今週の人気記事ランキング
おすすめ
楽天トラベル
i2i
スワップ金利
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
こちらのサイトを参考に作成しております。

【8月17日】シュヴァインフルト=レーゲンスブルク作戦の大損失



752px-B-17F_formation_over_Schweinfurt,_Germany,_August_17,_1943  

 1943年の8月17日
のこの日、 第二次世界大戦の連合国軍(アメリカ航空軍)がドイツに対するシュヴァインフルト=レーゲンスブルク爆撃作戦
を実施します。この作戦は戦史上有名であり、アメリカ空軍が最も激しい損害を被った作戦でした。今日で71年目にあたります。

 
第二次大戦時の1943年の7月、アメリカ軍も兵力の準備が整い、ドイツ本土への本格的攻撃を始めます。当初はB-17のような重爆撃機による長距離侵攻作戦では、ついていける護衛機もなく、搭載した機銃武装と密集編隊による防御火力の濃密化で迎撃十分可能という判断でした。

 爆撃の攻撃対象ですが、産業のどこの部分を破壊すれば経済機構全部を麻痺させることができるか、その弱点を探しだす理論で「石油」、「合成ゴム」、「ボールベアリング」などの生産工場はその筆頭にあげられる攻撃目標でした。
 ドイツの「シュヴァインフルト」という地方都市は、ボールベアリングの約半数を生産する代表的な生産工場であり、「レーゲンスブルク」という都市は航空機のメッサーシュミット社の工場郡でありました。

Cap 442 8月17日、アメリカ第八航空軍はこの二つの都市の同時攻撃に出撃します。
 その結果ですが、「レーゲンスブルク」に向かったB-17は146機中24機が撃墜されてます(16.4%)。この部隊は、イギリスに戻らず北アフリカの基地に向けて脱出します。その後、イギリスに戻るのですが、更に20機が飛行不能として残されました。

 「シュヴァインフルト」へ向かった部隊は更に過酷でした。悪天候により、第一波と第二波の攻撃の差が開いてしまい、ドイツ空軍から準備万端の体制で迎撃されてしまいます。イギリス基地への帰路も攻撃にさらされ続け、230機中36機(15.7%)を失うことになりました。

 アメリカ第八航空軍の実戦部隊の10.3%がこの一日で喪失し、乗員の消耗は17.5%にも上りました。部隊の仲間の約6人に1人がこの一日で失ったことになります。
 攻撃目標を二つにしたことは、戦力を分散させることになり、失敗であったと言われています。上層部の考えは完全に甘かった、という事になります。

 護衛戦闘機の航続距離の不足が弱点であり、これは逆の立場でも、イギリス本土上空での戦いを行った
「バトル・オブ・ブリテン」でのドイツ空軍戦闘機にもいえることでした。日本海軍が防弾設備を犠牲にしてまで徹底した航続距離性能を戦闘機に求めたのもこういう事情がありそうです。

 結局、爆撃機と乗員の補充、そしてP-51などの 長距離侵攻が可能な護衛戦闘機が揃うまでドイツ本土の重要目標への爆撃を、一時的に中断する事態に追い込まれます。

「シュヴァインフルト」へはもう一度攻撃に向かうことになるのですが、乗員の中には「シュヴァインフルトだけには行きたくない」と恐れる乗員もいたようです。

 作戦事態は多大な犠牲を出してしまいましたが、ドイツ側の被害も大きく、その翌日、ドイツ空軍総参謀長イエショネク大将はピストル自殺を遂げます。

 アメリカ軍の損耗も激しかったのですが、ドイツ空軍の防空体制は破産状態に近いものだったからです。1943年の上半期だけでドイツ空軍戦闘機の損失は19.9%にも上りました。1943年に在籍した戦闘機パイロットはこの半年間だけで67%も失ってしまったのです。

 激しい航空戦はどちらも過酷な状況を生み出していきます。

参考「ドイツ空軍全史」Wマーレイ著より





スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

【8月15日】日本終戦の日と平和




1952_Memorial_Ceremony_for_the_War_Dead.jpg
第1回全国戦没者追悼式(1952年)ウィキペディア

 本日、8月15日は第二次大戦(大東亜戦争、日中戦争、太平洋戦争)において、日本が、アメリカ・イギリス・中華民国・ソビエト連邦によるポツダム宣言を受諾して降伏した日です。
 
 黒船の来訪から幕末の内乱、明治維新から日清戦争、日露戦争との戦争の拡大、世界の動乱に巻き込まれた100年あまりの日本の長い長い動乱と戦争の時代は終わりました。この日から今日に至るまで日本では他国と戦争をせず、平和を享受しています。
  
  この日は、全国戦没者追悼式が行われています。A級戦犯だの靖国神社参拝問題など、本来なら問題でもなんでもないことに対し色々ありますが、戦没者の方々の慰霊こそ重視したいものです。他国に色々言われる筋合いはありませんし、朝日新聞や毎日新聞の論調もイデオロギー満載で気分のいいものではありません。

 「非戦の誓い」って何なのでしょう。「戦争は決してしません」って「相手国が攻めてくるはずがないので、こちらからは戦争を行いません」というお花畑思考のことですかね。攻めてきたら国際社会に訴えてなんとかしてくださいって泣きつくのでしょうか。チベットはそれでどうなったのでしょうか。


 さて、戦争全般の話になりますが、近代の戦争を調べたところ、民主主義国家同士の戦争はいまだかつてないという話に少し衝撃をうけました。ドイル教授によれば、民主主義国が戦争をするときは、相手方に民主主義国がいない場合のみであるということなのです。 (アメリカの
マイケル・ドイル教授の論説 "Kant, Liberal Legacies, and Foreign Affairs" )

 ドイツの哲学者のエマニエル・カントの
永遠平和のために」でもこの理論に触れています。ちなみに民主国家は、男女普通選挙制、複数政党制、報道の自由などを基準にして決定します。
 民主主義国同士が戦争をした事例がないという歴史的事実は、「民主主義による平和」という考え方に大変な説得力を与えました。
 アメリカ外交には、民主主義平和論が根強いのはこういう理論が後押ししているということもあります。
→民主的平和論
 そう言われると、第一次世界大戦第二次大戦はもちろんそうでしょうし、フォークランド紛争などもイギリスとアルゼンチンの戦いでしたが、当時のアルゼンチンは軍事国家でした。

 これを考えると「中国」はどこの国とも戦争をする可能性がありますね。日本と韓国は一応民主主義国家同士ですから戦争にはならないということなのでしょうか。
うーん。やはり民主国家の成熟度が影響するように思います。
 またロシアとグルジアの紛争も民主国家同士ではないかという疑問もあります。民主国家同士の紛争になる可能性はまだ歴史が浅いということもありますし、高度化された資本主義国間では 戦争が起き難い(戦争による経済リスクの方が高い)ということもあるのではないかと思います。
 
 ですので、世界中の国が民主国家になれば、世界平和間違いなしという訳ではなく、政治の不安や国内の景気が悪くなれば、民主国家同士でも戦争になる可能性が強まるのではないかと思うのですが。
 特に近くに豊かで無防備な略奪対象があり、国内の批判を他国を攻撃することでごまかしているような国民性ですと、戦争反対派の政党よりも戦争賛成派の政党に票が集まるということも考えられますしね。
 大事なのは国家の体制や形よりも民主主義の質そのものにあるのではないかと思います。
 

今の日本にとっては重要な本だと思います。この本に書かれている内容ですと日本は侵略されている最終段階まで来ています。

【送料無料】民間防衛新装版 [ スイス ]

【送料無料】民間防衛新装版 [ スイス ]
価格:1,575円(税込、送料込)



 

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

【8月9日】原爆を落とされたもう一つの都市、ナガサキ。




502px-Nagasakibomb.jpg

 本日8月9日も悲劇な日です。この日、広島に続き2発目の原爆が投下されました。場所は長崎市。この一発の兵器により当時の長崎市の人口24万人のうち約14万9千人が死没、建物は約36%が全焼または全半壊しました。人口の半数以上が無くなった恐ろしい事実です。
 長崎原爆は
「ファットマン」と呼ばれ、広島に投下された原爆「リトルボーイ」の1.5倍の威力と言われています。

20060330204733!Fat_man.jpg
 なぜ、立て続けに2回も落とされなければいけなかったのでしょうか。広島にはウラン型、長崎にはプルトニウム型とそれぞれ違うタイプの原子爆弾が使用されました。明らかに人体実験をしたかったという名目のなにものでもないと思います。

 原子爆弾の使用に関してはアメリカの国内からも使用をしないように科学者たちからも強い要請や働きかけもありました。
 戦争を早期に終わらせることでアメリカの若い兵士たちの命を救うことになるという言い分や、非キリスト教圏外である日本であるということで政治家たちの後ろめたさも和らいだかもしれません。しかし、キリスト教をいち早く受け入れた長崎に原爆が投下されたということは、歴史の皮肉だと思います。

 
極東国際軍事裁判において連合国側はニュルンベルク裁判東京裁判との統一性を求めていましたが、がラダ・ビノード・パールという判事は、
「米国の原爆使用を決定した政策こそがホロコーストに唯一比例する行為」と論じ、
「米国による原爆投下こそが、国家による非戦闘員の生命財産の無差別破壊として
ナチスによるホロコーストに比せる唯一のものである」としたことは傾聴に値すると思います。

 勝った国の論理は正義ではありません。また正しいものとは限りません。戦争はどちらも若者が犠牲になります。戦争は外交の延長線上にある悲劇なことですが、その決断をする政治家も血を流す覚悟で政治を行なって欲しいと思います。
 政治家一人の命で何千万の命を救うことにもなるのですから。政治家になるということはそういうことだと思います。

Cap 420

【送料無料】長崎原爆記 [ 秋月辰一郎 ]

【送料無料】長崎原爆記 [ 秋月辰一郎 ]

価格:1,050円(税込、送料込)


テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

今日は何の日?カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
こんな記事もあります
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
今日何の日?
こちらにも記念日があります。
PR