ƒ ◆軍事・戦争 - 今日は何の日?話のネタブログ

今日は何の日?話のネタブログ

今日という日を過去の出来事や著名人の誕生日など、様々な角度からピックアップしています。話のネタにどうぞ。

 

◆軍事・戦争

プロフィール

onemoreネタ

Author:onemoreネタ
今日という日の歴史的な出来事、事件、人物などを語るブログです。話のネタやブログのネタにどうぞ。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村
カテゴリ
今週の人気記事ランキング
おすすめ
楽天トラベル
i2i
スワップ金利
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
こちらのサイトを参考に作成しております。

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【10月24日】戦艦「武蔵」の最後



Japanese_battleship_Musashi_cropped.jpg
戦艦「武蔵」(Wikipedia)
 本日10月24日は、第二次世界大戦の日本帝国海軍の戦艦「武蔵」が沈没した日です(1944年)。
 武蔵は大和型戦艦の二番艦で、戦艦「大和」ほどの知名度はないかと思いますが、二番艦ということで大和よりもかなりの改良を施されていました。

 戦艦としては世界最大級でしたが当時の情勢は空母による航空兵力の大量投入。「大艦巨砲主義」はすでに時代遅れになっていました(三番艦になる予定の「
信濃
」は空母に改装)。
 それでも出来上がった大和、武蔵を惜しげも無く、地上要塞への砲撃などや最前線に投入すれば、後世の批判はまだ免れたのでしょうが、大事に扱うあまり、重要な局面での投入ができませんでした。
 味方からも「大和ホテル」「武蔵旅館」と揶揄される始末です。

800px-Musashi1944.png そして、その両艦の誇る46cm砲の戦果は・・・・なんとゼロです。
元同型艦の信濃も4年もかかって建造して一発も撃たず、一機も発艦しないまま魚雷で撃沈って・・・。

 結局、有効な投入ができず、「武蔵」はレイテ決戦の囮として沈没。「大和」は沖縄へ片で戦艦特攻出撃することになります。

 武蔵の役割は「
レイテ沖海戦」を成功させるために敵を引き付けるいわば、「被害担当艦」の役割を果したことになります。

 1944年10月24日。計六回の米軍の空襲を受け、軍艦史上最多・空前絶後の損害、命中魚雷20本、爆弾17発、至近弾20発以上を受けついに沈没します。
 沈没の直接原因は、多数の魚雷命中による大浸水ですが、左右に均等に魚雷を受たことが幸いし、傾斜復旧のための注水作業によって転覆をくい止め続けることができました。

 沈没により、約1350名が救助されましたが、救助した艦船も撃沈されたりして、日本に戻ってこれた将兵はわずかでありました。

 武蔵は現在は大勢の乗務員と共にフィリピンの海底深くに沈んでいます。沈没地点は2つが伝えられています。一つは猪口艦長の遺書を託された副長の加藤大佐が退艦時に記載したもので、戦闘詳報に採用されている東経122度32分、北緯13度7分。沈没地点が深海800m。
 そしてもうひとつは駆逐艦「清霜」の記録による東経122度41.5分、北緯12度48分。しかし計器の故障のため不正確だそうで、いずれも現在の調査でも発見はされておりません。今も多くの将兵たちとともに鎮魂の墓標となっているのでしょう。

 悲運の戦艦として語り継がれる「武蔵」ですが、言えることは、今後もこのような巨大戦艦は造られることはないであろうということでしょうか。

「武蔵」沈没推定地域

大きな地図で見る

<追記>
 2015年の3月4日の報道で、
太平洋戦争中に撃沈された戦艦「武蔵」とみられる廃船が、フィリピン沖の深海で見つかりました。
 発見したのは、米マイクロソフトの共同創業者で資産家のポール・アレン氏です。
その後の調査では、この艦船は「武蔵」と判明。戦後70年という節目の年に見つかったこともあって、注目されています。すごいことですね。




 
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

【10月21日】神風特別攻撃隊の初出撃。




Chiran_high_school_girls_wave_kamikaze_pilot.jpg
1945年4月12日、知覧陸軍飛行場より出撃する陸軍特別攻撃隊

 本日10月21日は、第二次世界大戦で日本の神風特別攻撃隊が初出撃した日です。1944年のことでした。特攻部隊でも一番有名な攻撃隊で「カミカゼ」という言葉自体が特攻全体を象徴する名となっています。

 創設者は大西瀧治郎海軍中将ですが、以前より特攻(自爆攻撃)自体はありました。
戦局の悪化に伴い、特攻を求める意見が多数寄せられていたことから、大西中将は、ついに決断に入ります。

 操縦士を育てるには何百時間もの大量の訓練時間が必要です。特に日本の戦闘機は格闘戦を重視したものが多く、高度な操縦技術が必要です。しかし、若いパイロットをそこまで育て上げる余裕はありません。

 訓練時間の足りない未熟なパイロットの腕では「体当たり攻撃以外、空母への有効な攻撃は無い。無駄死させるよりも有効的な攻撃方法である」とされたのです。

 さらには当時の戦局は日本にはかなり悪く、何よりも油があと半年で尽きると言われていました。燃料がないと戦争が継続できません。特攻は、乾坤一擲の策として打撃を与え、一気に講和に結びる打開策として生まれたという説もあります。

 1944年10月21日についに神風特別攻撃隊、21機が出撃します。初戦果は、25日。空母「セント・ロー」を撃沈します。以後、特攻は拡大し、最後は操縦できるパイロットは全て特攻に駆り出されるようになります。しかし、特攻の要請を拒否した部隊も存在し、身体を張ってまで特攻を阻止した上官たちも存在します。
 終戦まで、1万4千名あまりもの兵士たちが特攻隊員として亡くなりました。

Kamikaze_zero.jpg
1945年4月11日、戦艦「ミズーリ」に突入直前の神風特別攻撃隊

特攻隊を送り出した将校たちのその後


●神風特別攻撃隊の創設者かつ指揮者。
大西瀧治郎中将→終戦翌日に割腹自決。

●全員特攻の決意を徹底させた 第五航空艦隊長官。
宇垣纏中将→終戦の玉音放送の後に特攻。戦死。

●特攻戦術の発案者。軍令部部長として積極的に特攻兵器採用・開発を主導した。→
黒島亀人少将→生存。

●特攻兵器「桜花」の発案者 
太田正一大尉→終戦後、零戦に乗って行方不明となる。殉職扱いされるが生存が確認。戸籍を直して別人として生き延びる。

●陸軍初の航空特別攻撃隊、万朶隊の出撃命令を出す。
富永恭次中将→特攻隊出撃前の訓示では「諸君はすでに神である。君らだけを行かせはしない。最後の一戦で本官も特攻する」と言いつつ戦後ちゃっかり生き残る。長男は特攻戦死。マニラからの敵前逃亡あり。

●機体故障でやむを得ず引き返した特攻隊員を隔離し、「おめおめ帰ってきおって!貴様たちそんなに命が惜しいのか!」とリンチしたことで知られる第6航空軍参謀
倉澤清忠少佐→戦後、特攻隊員の遺族たちに恨まれているだろうと恐れ、80歳になるまで護身用に拳銃と軍刀を隠し持っていたという臆病者。

 多くの若者たちを死に追いやったお偉さんたちは
 戦後は「復興が重要だ」と約束を忘れたふりをして、戦後も生き延びています。

 行かせざる負えない戦況であったのは理解できますが、自分も特攻すると言って行かないのは、人間としてどうなのでしょうか。出来もしないことを言うなです。
有言実行したのは大西中将と宇垣中将などわずかであったことに愕然とします。

 特攻には賛否両論あります。自分を死してまで家族を守ろうとする自己犠牲精神は人間としては最高の精神だと思います。しかしその精神を利用していた者がいるのは許せない気がします。

 大ヒットした映画「永遠の0(ゼロ)」ですが、「風立ちぬ」の監督である宮崎駿が猛烈批判した映画でした。
 両者の映画を見くらべることによって「戦争と平和」について考えてみたいところです。




テーマ : 雑学・情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

【10月19日】ハンニバルついに敗れる。ザマの戦い。



Zama.jpg

本日のこの日はザマの戦い」と言ってローマ軍カルタゴ軍の戦いのあった日でした。(紀元前202年10月19日) 

カルタゴとローマ

 カルタゴ
は紀元前6世紀から紀元前3世紀にかけて栄え、海洋商業国家として栄えた国でした。
軍事大国ローマと地中海の覇権を賭け、度重なる戦いの末に完全に滅ぼされてしまった悲劇の国家です。

 両国は三度の戦いを繰り広げます。最初の戦争は、シシリー島での衝突をきっかけにした
第一次ポエニ戦争でした。海軍では強いカルタゴも、総合軍事力ではるかに勝るローマには敵わず、莫大な保証金を払わされます。
 しかしカルタゴは、たちまち見事な経済復興を遂げ、ローマによって科せられた膨大な賠償金を繰上げ償還してしまいます。
 これに警戒感を強めたローマは、再度、戦いに引き込んで叩いてしまおうと様々な政治工作や挑発を繰り返します。
361px-Hannibal_Slodtz_Louvre_MR2093.jpg  カルタゴを最も激怒させたのは、スペインにおいて輝かしい戦果を挙げていたカルタゴの将軍・ハンニバルの引渡しでした。(右図の銅像がハンニバル将軍)
 ここに至って、ついに忍耐の限度に達したカルタゴは、国家の存亡を賭けてハンニバルの引渡しを拒絶し、ローマの宣戦布 告によって
第二次ポエニ戦争が始まります。

 この時、ローマの動員可能兵力は77万、対するカルタゴは8万余。勝敗は明らかでした。
 しかし、カルタゴは、名将 ハンニバルが3万の軍勢を率いてアルプスを越え、背後からローマを衝くという、意表をついた作戦で序盤戦の主導権を握ります。そこからハンニバルの快進撃が始まります。

ティキヌスの戦い
トレビアの戦いトラシメヌス湖畔の戦いと三度ローマ軍を敗退させると、ローマに敵対的だったガリアの部族たちも続々とカルタゴ軍につくようになります。

 圧倒的な勝利を収めたのは
カンナエの戦いでした。これによりローマ軍は大損害を受け、正面からの戦いを避けるようになります。
(参考記事
【8月2日】殲滅の因果か怨念か。カンネエの戦い

 自軍の数倍にも達するローマ軍を殲滅したハンニバルは、次々と敵の防衛線を打ち破り、ついにはローマの城壁にまで到達しますが、進撃もここまで。
 持久戦に持ち込んだ圧倒的なローマの物量の前に徐々に情勢が苦しくなってきます。

「ザマの戦い」

 名将
スキピオの参戦で体制が整ったローマ軍は、いよいよ本格的な正面からの戦いに備えます。
 これが、第二次ポエニ戦争のクライマックスの「ザマの戦い」です。
Young_Folks_History_of_Rome_illus174.png
ハンニバルとスキピオの会見(Wikipedia)

 両軍は対峙するなかで、ハンニバルはローマの名将スキピオと会見します。スキピオはハンニバルの能力を高く評価していたし、ハンニバルもスキ ピオの才能に一目置いていました。
 ハンニバルはこれ以上の無益な戦いをやめて休戦交渉に入ることを提案しましたが、スキピオは拒絶、交渉は決裂します。

 結局、両者は自陣へ戻ってついに10月19日、「ザマの戦い」が始まります。

 ハンニバルの戦象隊の突撃をかわし、小集団の機動力を活かしたローマ軍は、かつてハンニバルがローマ軍を打ち破ったカンナエの戦いそのままの包囲殲滅が実現し、 ハンニバル軍は大敗します。

 この勝利によって事実上、16年間にも及んだ第二次ポエニ戦争が終結しました。



「ザマの戦い」以後

 戦後、スキピオは宿敵カルタゴに対し、寛容な方針で臨んだのですが、多くのローマ人はこの寛大な処置に大きな不満を持ちます。ローマ人の恨みはそれほど深いものでした。

 どちらかが滅びないと収まりがつかないところまで両者の恨み、憎しみは高まっていたのです。

 勝ったローマは、カルタゴ軍を解体し、以前にも増して過酷な賠償金を科したのですが、戦争に敗れたものの処罰されなかったハンニバルはカルタゴの行政改革に乗り出します。
 ここでもカルタゴ人は懸命の努力で経済復興に努め、この賠償金も予定年賦期間より早く支払ってしまいます。

 これに危機感を募らせたローマは、
元老カトーが中心となって、ハンニバルとカルタゴを滅ぼしてしまうことを決定し、無理難題を吹っかけて、カルタゴ人に反乱を起こさせようとします。

ハンニバルはカルタゴを脱出し、各地を亡命した後に自殺、カルタゴも武器も船も軍隊もないままに、絶望的な最後の戦いに突入していくのでした。これが
第三次ポエニ戦争
です。

 3年間に及んだ戦いの末、カルタゴは滅びました。ローマは、カルタゴの町を略奪し、破壊し尽くした上、その地に二度と穀物が生えないよう、塩を撒くほどの徹底ぶりでした。


 歴史は勝者のものになりますが、ハンニバルとカルタゴの名はローマに都合の良いように書き換えられてしまいました。
 ローマを滅亡の渕まで追い込むことに成功したハンニバルは「ローマ最大の敵」と言われ、その名は「戸口にハンニバルがいた (Hannibal erat ad portas) 」、「危険が迫っていた」という意味の格言があるくらいです。
 それだけの強烈な印象をローマ人に与えたのでしょう。しかし、この最大の敵と戦うことによってローマ軍はハンニバルの包囲殲滅戦術を身につけ、その後のマケドニア戦争やローマ・シリア戦争にも完勝する程の強大な存在となったのも歴史の皮肉にも思います。




テーマ : 雑学・情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

今日は何の日?カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
月別アーカイブ
こんな記事もあります
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
今日何の日?
こちらにも記念日があります。
PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。