ƒ ◆謎・ミステリー - 今日は何の日?話のネタブログ

今日は何の日?話のネタブログ

今日という日を過去の出来事や著名人の誕生日など、様々な角度からピックアップしています。話のネタにどうぞ。

 

◆謎・ミステリー

プロフィール

onemoreネタ

Author:onemoreネタ
今日という日の歴史的な出来事、事件、人物などを語るブログです。話のネタやブログのネタにどうぞ。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村
カテゴリ
今週の人気記事ランキング
おすすめ
楽天トラベル
i2i
スワップ金利
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
こちらのサイトを参考に作成しております。

【5月13日】千日デパート火災とそれにまつわる怪談



21.jpg
 管理人には大阪の知り合いが何人もいます。
 その知り合いの大阪人たちはもちろん、ちょっと年配の方なら
千日デパート火災事件はみんな知っています。そして、それにまつわる怖い話も一度は聞いたことがある「千日デパートにまつわる怪」・・・。
 今回は怖くても悲しい話をご紹介・・・。


 
千日デパート火災とは、1972年(昭和47年)5月13日、大阪市南区(現在の中央区)千日前の千日デパートで起きた火災です。死者118名・重軽傷者78名、日本の沖縄の復帰を間近に控えた日本のビル火災史上最悪の大惨事でした。

 1~2階が千日デパートで、3〜6階がスーパーやゲームコーナー、そして7階がキャバレーで、地下1階はお化け屋敷と喫茶店という雑居ビル状態でした。
 出火の原因が改装中のフロアでの電気工事関係者のたばこの不始末。エレベータは火災による影響で停電になり停止、スプリンクラーも未設置で非常誘導路にも間切りがされていて建築基準法にも不適合という状態での事故でした。

 7階の客や従業員たちで、逃げ場のなくなった中には窓ガラスを割り、15m下の地上目掛けて飛び降りた方々もいましたが、その多くは全身挫傷や頭蓋骨骨折などで死亡し、飛び降りなかった客の多くも一酸化炭素中毒で窒息死し96名が7階フロアで折り重なるように倒れていたといいます。
 テレビ中継もされていて、飛び降りで地上に落ちた音なども茶の間に流れてかたずを飲んでTVを見ていたお父さん、お母さんも多いと思います。


 そんな衝撃的な事件でもあったことから、様々な怪談話が地元から流れてきました。(ソースは2chとネトラジ、怪談本です)

【千日前という名の由来】

 その前に、この「千日前」という地名の由来ですが、大阪七大墓所の一つで、無縁仏たちの供養のための読経がずっと鳴りやまなかったことからついているそうです。
 また、千日デパートの場所は死刑場であったのも江戸時代の地図からも判明しております。千日デパート自体も西墓地の場所でもあることから、因縁深い土地であることだけは確かなようです。

↓ビックカメラの場所が千日デパートの場所です。(目の前、刑場)
sen111-02s.jpg

それでは、千日前にまつわる怪談をどうぞ。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 怪談
ジャンル :

【5月7日】モーツァルト暗殺の犯人?アントニオ・サリエリ



463px-Joseph_Willibrod_Mähler_001


 1825年5月7日
の今日は、モーツァルトと同時代に生きた、イタリアの作曲家、アントニオ・サリエリ(Antonio Salieri、1750年8月18日 - 1825年5月7日)の命日です。

 死後はその名と作品を忘れられておりましたが、戯曲『アマデウス』とその映画「アマデウス」で有名になり、知名度が上昇、その音楽が見直されています。
なんで知名度があがったかというと、モーツァルト暗殺の謎の主人公として描かれていたからです。

 実際に、サリエリが当時の若きモーツァルトの才能に嫉妬していたのは確かなようで、当時の新聞にもその事がスキャンダルとして書かれていたので多くの人々に知られていたことなのでしょう。「モーツァルトが変な死に方をしたら犯人はサリエリだ」とまで言われていたそうです。
 本当にモーツファルトが変死したことからサリエリは多くの人に疑われ、本人はノイローゼになってしまったと言いますから、善良な人であったとは思います。

 また、サリエリはイタリア出身の音楽家で、本場イタリアから見ると、当時のドイツ語圏の音楽は下に見られていました。そのようなプライドもあったのかもしれません。
 しかし、神聖ローマ皇帝・オーストリア皇帝に仕えるカペルマイスター(宮廷楽長)としてヨーロッパ楽壇の頂点に立つ人物であり、また
ベートーヴェンシューベルトリストらを育てた名教育家でもありました。

  現在ではサリエリの性格や暗殺までの根拠も薄いことから否定されているようです。

 それよりも、サリエリ以外にも浮気していた妻の暗殺説、フリーメイソン暗殺説など様々な憶測も出ています。話をややこしくしているのは死因だけでなく、葬式の仕方もかなり怪しかったそうで。

 面白い記事をみつけましたので興味のある方はどうぞ。
『モーツァルト殺害の真犯人は誰か?』

 それにしてもサリエリにとっては、モーツァルトが生きている時も死んだ後も悩まされることになり、かわいそうな方でありました。




テーマ : ネタ
ジャンル :

【4月2日】小泉八雲の怪談(Kaidan)が発刊



yakumo.jpg
小泉八雲自身が描いたとされる船幽霊(怖っ!でも西洋ぽっいですね)

 1904年の4月2日。アメリカで日本の怪異を集め、文学作品にした「怪談〜Kwaidan」が発刊されます。
 著者は
小泉八雲(パトリック・ラフカディオ・ハーン)

 この作品は八雲の妻である節子さんから聞いた日本各地に伝わる伝説、幽霊話などを再話し、独自の解釈を加えて情緒豊かな文学作品としたものです。

 日本の魅力を再認識させられる作品となりました。

 17編の怪談を収めた『怪談』と3編のエッセイを収めた『虫界』の2部からなります。

【作品一覧】
『虫界』
 耳なし芳一とか、雪女とか、子供の頃に読んだこと、聞いたことのある話が多いです。
 最近はネットラジオが普及して個人の体験を語る実話系怪談が盛り上がっていて、私も楽しく聴いております。

 個人的には大御所の稲川怪談を筆頭に、
雲谷斎さん、いたこ28号さんのネットラジオなどを聴いておりますが、語り伝えられてきた昔からの伝承、言い伝え系の怪談も面白いですよね。

 映画も面白いのですが、映像より想像力をかきたてられてしまう、音声のラジオの方が、私は恐怖が増すタイプなのです。

また読んでみようかな。


耳なし芳一の舞台につきましては、こちらも記事もどうぞ
【3月24日】平家の最後。壇ノ浦の戦い


テーマ : 読書
ジャンル : サブカル

今日は何の日?カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
月別アーカイブ
こんな記事もあります
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
今日何の日?
こちらにも記念日があります。
PR