ƒ 2016年05月 - 今日は何の日?話のネタブログ

今日は何の日?話のネタブログ

今日という日を過去の出来事や著名人の誕生日など、様々な角度からピックアップしています。話のネタにどうぞ。

 

2016年05月

プロフィール

onemoreネタ

Author:onemoreネタ
今日という日の歴史的な出来事、事件、人物などを語るブログです。話のネタやブログのネタにどうぞ。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村
カテゴリ
今週の人気記事ランキング
おすすめ
楽天トラベル
i2i
スワップ金利
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
こちらのサイトを参考に作成しております。

【5月31日】ごり押しと重大誤審!2002 FIFAワールドカップ開催



2002Whai.jpg

本日5月31日
は、あの2002年ワールドカップ開催の日です。あれから14年経つんですね。韓国との仲は良くなるどころか、益々溝が深まっているように思います。まあ、どうでもいいんですけど。
 今年はFIFA=国際サッカー連盟を巡る事件で、アメリカの司法当局は、 すでに起訴したFIFAの副会長ら14人のほかに、南米やアジアのサッカー連盟の幹部ら 25人が不正に関わった疑いがあることを指摘しており、捜査は今後さらに広がりをみせる可能性が出ています。
 この2002FIFAワールドカップは当初日本の単独開催で進んでいたのすが(今までに共同開催など行ったことはない)、宮沢喜一の政治的な横やりや韓国側の工作により共同開催となることになり、日本まで汚名をかぶることになった迷惑な大会でした。
 それまで韓国は好きでも嫌いでもなかったのですが、マスコミが韓国をやたら持ち上げたり、その後の不自然な韓流押し、そして何よりもスポーツの世界に政治を持ち込む韓国側のサポーターの反応などを見て、韓国という国が嫌いになっていったきっかけの大会でもありました。

 日本のマスコミは「報道しない自由」を使いすぎです。世界各国の反応のニュースをもっと客観的に報道してもらいたいものですね。

ウィキペディアでさえ数々の問題を指摘しています。
 →2002FIFAワールドカップ

【招致問題】〜日本の「アジア初の開催」という称号が許せないのか、日本の名乗りをあげると、韓国が名乗りをあげ、単独開催が慣習である大会を強引に共同開催に持ち込んできます。日本招致委員会の実質的な敗北とされています。
 この時の立役者は、FIFA名誉副会長の
鄭 夢準(チョン・モンジュン)といわれています。日本よりも5年送れて招致委員会を立ち上げた韓国は、豊富な資金力を持つ現代財閥の一員であるこの人を中心に巻き返しを図ったとされています。後にハンナラ党党代表にもなり、大統領候補にもなります。

 Amazonからこの人の著作の本が出ています。2002ワールドカップ共同開催の韓国側最高責任者が日本人に贈る熱いメッセージとのこと(笑)。
 当然、最低の評価が並んでいますが、韓国の考え方を知るには適した本ではないでしょうか。反日の代表的人物ですので覚えておくとよいかもです。




「すがすが日記」さんのブログでこの書籍に対するレビューがあります。
→鄭夢準現代会長「財産が3分の1になったニダ

【呼称問題】〜この大会の名前も慣習ではアルファベット順になるので、当然「2002 FIFA World Cup Japan/Korea」とJapanが先にくるのですが、ここでも鄭夢準大韓サッカー協会会長がいちゃもんをつけてきます。
日本が譲歩して、最終的に国名表示順を「Korea/Japan」とする一方で決勝戦を日本で行うことで決着としたのですが、これが非公式で記録に残っていなかったため、日本国内でも表記を「Korea/Japan」にしろと抗議してきます。どこまでも面倒臭い国です。結局国名部分を省略して「2002 FIFAワールドカップ」との表記で統一することになりました。

【誤審問題】〜今大会がFIFA最大の汚点とされているのがこの誤審問題です。『FIFA FEVER FIFA創立100周年記念DVD』に収録されている
「世紀の10大誤審」にこの大会の韓国戦だけで4つのプレーが入っているのです。当然韓国側は猛抗議をしたそうですが、世界のサッカーファンの思いは変わるはずはありません。

 最近、PSYというおじさんが、イタリアで行われたサッカー決勝式典で「江南スタイル」を熱唱しようとしたところ、観客から激しいブーイングを受ける憂き目に遭ったそうですが、イタリア人にとって「韓国は忌まわしき国以外の何物でもない」といいますから、2002年の怨みは忘れられないのでしょうね。人種問題ではありません。

→日刊サイゾー

 マスコミは「報道しない自由」を存分に使い、韓国の都合の悪いところは報道しないようにしているみたいですが、世界のマスコミはこの重大な誤審問題をしっかりと伝えています。

 また、サッカーファンの方も詳しく解説をして苦言をしていますね。

→韓国人に汚された2002年W杯を僕たちは決して忘れない
2002W杯の記事をまとまた好サイト。記事はリンク切れが多いですが、当時の状況がうかがい知ることができます。


→日本だけじゃないW杯を世界はこう見た。

→四コママンガ「2002年日韓W杯の(いい)話 韓国編」

皮肉が効いていますが、事実なんです。ホスト国が何をやっているんでしょうか。

→韓国サポーターの“歓迎”

→2002日韓W杯における 韓国への 諸外国の選手・関係者のコメントについて
(OKWaveでのQ&A)
みんなから文句が出ています。

→YouTube(2002 韓国 八百長で検索)
すごいヒットします


 モレノ審判の疑惑の判定と韓国の超絶ラフプレーの数々の解説はこちらから見ることができます。

→疑惑の判定 ポルトガル戦 韓国選手のラフプレーにはとても寛大な審判

→疑惑の判定 イタリア戦 全治三ヶ月、流血、肘打ち、なんでもあり。そりゃ、イタリア怒ります。

→疑惑の判定 スペイン戦 優位な判定はここでも繰り広げられます。

ドイツ、よくぞ退治してくれました。

買収疑惑の
バイロン・モレノですが、この後、犯罪を犯します。

→【激怒する伊・西・独人】 日韓W杯疑惑の元審判バイロン・モレノ氏、刑期短縮でエクアドルへ送還


 さて、かたやもう片方のホスト国、日本ですが、スポーツと政治はまったく切り離して楽しむ国民性ですから、キャンプ場の誘致から日本各地でヒートしました。選手たちとの心暖まる話もありますね。

→四コママンガ「2002年日韓W杯のいい話 日本編」

→四コママンガ「フランスW杯のいい話 クロアチア戦」

→イギリス 手放しで礼賛一色 「フーリガン出る幕ない」


 この時から日本の好印象も高まったように思います。これだけ各国の印象が正反対だったホスト国もないのではないでしょうか。今度こそは、日本単独開催で行いたいですね。

 この大会がこんなことになった真相は、FIFAに送り込まれた、たった一人の韓国人、鄭夢準によるものと言われています。韓国にしてみれば国の英雄でしょうが、世界から見れば、ホスト国としても成熟していないことが知れ渡ったし、審判の問題にしても自分たちの国のみの威信をかけて世界のサッカーを利用したとしか見られないのではないでしょうか。恥ずかしいことだと思います。

 日本は許しても世界のサッカーファンは許せなかったと思います。


例の誤審DVD集録(日本語字幕ではありません)



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日本と韓国
ジャンル : 政治・経済

【5月30日】ジャンヌと魔女裁判



419px-Stilke_Hermann_Anton_-_Joan_of_Arcs_Death_at_the_Stake.jpg


 1431年のこの日  百年戦争のフランス勝利の立役者「オルレアンの少女」こと、ジャンヌ・ダルク(1412年1月6日 - 1431年5月30日
が敵国イギリス軍により火刑にされます。

 イギリスとフランスは仲が悪いことで知られていますが、その遠因はこの百年戦争にあるのではないかとも言われています。1338年から1453年まで115年にわたって続いた百年戦争は、イギリスとフランスの大陸における領土争いの戦争で、フランスは人口が1/3になるまで荒廃し、亡国の危機にさらされました。

 この戦争は当初はイギリス軍が優勢で、フランスの領地も次々と奪われていくのですが、オルレアンに住んでいた一人の少女が「神のお告げ」を聞いたとして立ち上がります。当初は半信半疑のフランス軍でしたが、軍隊を動員し、この少女に指揮をさせます。この少女こそが、ジャンヌダルクで、初戦でイギリス軍の砦を襲ってこれを撃退したことにより、フランス軍は大いに志気を盛り返し、以後連戦連勝をすることになります。

 その後、トロワ、シャロンと勝利を続け、翌年、コンピエーニュで敵軍につかまるまで、ジャンヌ・ダルクの活躍によりフランスは国土の大半を取り戻したのです。
 百年戦争自体はこのジャンヌ・ダルクの1年にわたる大活躍でフランスの勝利がほとんど確定、その後状況が変わることはなく、ジャンヌ死刑の22年後の1453年には和平が成立、百年戦争は終わりを告げることになります。

 彼女が敵軍につかまったのは1430年5月23日。コンビエーニェでした。彼女を捕らえ たのはフランスのブルゴーニュ軍ですが(当時はフランスは、ブルゴーニュ派とアルマニャック派に分かれて内戦状態にあった)、ブルゴーニュ軍は彼女を1万フランでイギリス軍に売り渡してしまいます。
 ジャンヌの活躍で王になれたシャルル7世ですが、ブルゴーニュ派と和解したい思惑に逆らって戦いを続けるジャンヌを助けることをしませんでした。シャルル7世としては、自分の命令を無視してブルゴーニュ派との戦いを続けたジャンヌをそうまでして助けるつもりはなかったようです。一時は身代金を払えばジャンヌを助けられたにも拘わらずです。色々事情はありそうなのですが、やっぱり評判悪い人です。

 イギリスにとっては憎き相手ですので、なんとしても死刑にしたいところ。当時、猛威を振るっていた、
魔女狩り、魔女裁判で異端教徒に仕立てようとします。
 ここからからのくだりは、ドロドロとした人間の嫌な面を見せられます。

詳しくはこちらのサイトさまで記載されていますのでどうぞ。内容的にはショッキングなものは含まれておりますので閲覧はご注意ください。

→ジャンヌ・ダルクの火刑

 監禁は1年も続き、ジャンヌは、とうとう自分の誤りを認める書類にサインして裁判は終了しますが、どうしても死刑にしたいイギリスの手によって難癖をつけられて、30日、ついに火刑に処せられてしまいました。遺体はジャンヌを聖女として信じる人の手に渡ることを恐れ、河に投げ捨ててしまいます。

 それからブルゴーニュ派との和平が成立し、イギリス軍に対して圧倒的な有利な状況になると、シャルル7世は、ジャンヌの復権を指示します。ジャンヌが刑死してから20年ですからかなり遅いです。
 1450年2月15日、シャルル7世の命令でジャンヌの裁判の調査が行われます。調査の結果、ローマ教皇は裁判のやり直しを命じ、復権裁判が行われます。
 かつてジャンヌと共に戦ったデュノワ伯ジャンや、オルレアンの市民たちを含めた115名の証人が呼ばれ、1456年7月7日、ジャンヌが火刑にされた地であるルーアンにて、処刑裁判の破棄が宣告されたのです。
 それからはジャンヌの名は地元以外では長らく忘れられていましたが、ナポレオンによりフランス全土に有名になり、その後、1920年5月16日にベネディクトゥス15世によって列聖され、聖人となりました。

 二度の世界大戦の狭間の時期で聖ジャンヌダルクはフランス愛国主義の象徴にもなりました。しかし、そんな扱いをジャンヌは望んだのでしょうか。ジャンヌが願い、戦って示したものはもっと大事なものだったのかもしれません。

 魔女狩りといい、この中世の時代の人々の不安や恐れが原因かとは思いますが、人間としてここまで残虐になれるのかという負の側面を学ばされる象徴的な事件であったと思います。


賛否両論分かれる映画でした。

中身検索ができます。鬱になる・・。


関連記事

テーマ : 雑学・情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

【5月29日②】こんにゃくの効用



 a0007_001069.jpg

今日の5月29日は、「こんにゃくの日」です。「こん(5)にゃ(2)く(9)」の語呂合わせで全国こんにゃく協同組合連合会が1989(平成元)年に制定しました。
 また、こんにゃくの種芋の植え付けが5月に行われることからもこの日が良いみたいですね。
 こんにゃくはサトイモ科の多年生植物でこんにゃくの芋から作られています。平安時代のころから食べられはじめ、最初は高級な食べ物だったこんにゃくも、江戸時代には庶民の食卓にのるようになりました。栽培がし易いというのも一役買っているようです。


【こんにゃくの効用】


①豊富なカルシウム
 
日本人に不足なのはカルシウムと言われています。100gのこんにゃくには、一日に必要なカルシウムの1/4〜1/6が摂取できます。
 またこんにゃくのカルシウムは酸にとけやすく吸収されやすいのも特長です。
 

②食物繊維が豊富
 
江戸時代から“おなかのお掃除役”として知られ、便秘解消や有害物質の排出などなどお腹の排出効果が高い食物です。

糖尿病にも効果的
 
こんにゃくは水分の吸収率が高く、満腹感が高いので、こんにゃくを食事にとりいれることで、結果的に食事バランスを改善することができます。

このように、こんにゃくは、日本が誇るヘルシー食品の定番。継続的に食事にとりいれることで、便秘改善・減量・コレステロールの抑制・糖尿病予防など、現代の生活病で悩む日本人には、うれしい効果が期待できる食材なのですね。

 健康に良いことづくめのこんにゃくですが、摂り過ぎると
腸閉塞を引き起こすことがあるそうです。とは言うもののの1日1㎏以上ですから、何でも摂り過ぎは身体に良くないってことですね。

→クックパッド こんにゃくレシピ



【こんにゃくの生産量の高い県は?】

 こんにゃく生産量の高い県ですが、
第1位は、ダントツで群馬県です。国内の全生産量の89.5%を占めているそうですからスゴイですね。
 次に、栃木県 4%、茨城県1.7%と続きます。北関東だけで95%もの生産量になります。栃木県では鹿沼のこんにゃくが有名ですよ。



 
こんにゃくは色々な料理があるから飽きませんよね。


関連記事

テーマ : 雑学・情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

【5月29日①】】コンスタンティノープルの陥落!ローマの終焉



Siege_of_Constantinople.jpg

 
1453年のこの日、東ローマ帝国の首都、コンスタンティノポリス(コンスタンティノープル)が陥落し、東ローマ帝国が滅亡しました。(1453年5月29日)

 395年に東西に分かれたローマ帝国ですが、このコンスタンティノープルは東ローマ帝国の首都として栄え、新ローマ、第二のローマとしての意識が人々に定着していました。いわばキリスト教文明の象徴ともいえる都市でもありました。

 しかし、西ローマ帝国は、イスラム教国の攻勢で領土を失い続け、なにより、同じキリスト教文明同士との交戦により、荒廃していきます。特に1204年に起きた悪名高い
第4回十字軍の攻撃を受けたことで衰退が加速したと言われています。

 そして、ついに1453年。野望溢れる
メフメト2世率いるオスマン帝国との戦いが始まります。激しい攻防が続き、千年にわたって都を守ってきた鉄壁の城塞都市を崩壊の一歩手前まで追い込みます。
 それでも落ちないコンスタンティノープルでしたが、幕切れは、あっけなく訪れてしまいます。なんと城門の鍵の閉め忘れ。これに気づいたオスマン軍は一気に城内に突入、混乱の最中、皇帝コンスタンティノス11世自身も戦いの中で死んでいったと言われています。
 
西ローマ帝国に遅れること1000年あまり、古代から存続してきたローマ帝国は完全に滅亡しました。
 この事件は、日本では塩野七生の書籍でも描かれていて有名ですよね。『コンスタンティノープルの陥落』『ロードス島攻防記』『レパントの海戦』の三部作は学生時代に読まれた方も多いと思います。キリスト教文明(ヨーロッパ文明)とイスラム文明との衝突にハラハラとページをめくった思い出深い書籍です。



「地中海戦記」三部作! この時代の入門書としては
最適かも(クリックでAmazonへ飛びます)




歴史書としてはこちらもお勧めです。
「コンスタンティノープル陥落す」スティーヴン ランシマン (著)


ギボンの不朽の名著・大著「ローマ帝国衰亡史」の
ダイジェスト版ですが、豊富な図版と写真がすごいです。


799px-Bizansist_touchup.jpg

東ローマ帝国時代のコンスタンティノープル
関連記事

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

【5月28日】花火記念日と「たまや~!!」



a0001_014100.jpg

 5月28日花火の日
す。
 1733年(享保18年5月28日)のこの日(旧暦)、隅田川で水神祭りの川開きが行われ、慰霊を兼ねた花火が打ち上げられたことを記念してつけられました。

 享保18年というと、八代将軍徳川吉宗の治世で、全国的に凶作に見舞われ、大飢饉になったうえ、コロリ(コレラ)が大流行して多くの死者が出た年です。
 この慰霊をかねて打ち上げた花火は、その後定期的に行われて、庶民の楽しみとして定着しました。

 そういえば、江戸の花火といえば、隅田川の花火大会では、よく「たまや~」とか「かぎや~」とかの声があがりますよね。学生の時に、あれって何?と気になっていたことがあったのですが、花火屋さんのことだったんですね。
 川の上流を「玉屋」、下流を「鍵屋」が担当したそうで、これを応援するための掛け声が「たまや~」「かぎや~」だったとのことですが、声は「たまや~」の方が多いように思います。

 この玉屋ですが、天保14年(1843年)に出火させてしまい大きな火災を起こしてしまいす。江戸では重罪になる出火の原因をつくった玉屋市兵衛は、その結果、江戸から追放され、玉屋は廃業することになってしまいます。
 玉屋のその後ですが、千葉の方で暖簾だけは受け継がれているそうですが、直系は途絶えてしまったとのこと。
 こんな悲劇もあり、実力があったのに、たった一代で花火のように消えた「玉屋」への情けもあったのか、「玉屋」へのかけ声は鍵屋よりも多かったと言われています。あと単純に声がかけやすかったとか、技術は玉屋の方が上で人気だったとか。 でも自分がかけ声をやれと言われたらかなり恥ずかしいかも(笑)
 
 残った「鍵屋」ですが、その後も様々な花火を開発して日本の花火界をリードし、現在は女性当主が鍵屋15代目として活躍中だそうです。 すごいですね。
「鍵屋」の花火を見ることがあれば、「かぎや~」と声をかけましょう。 

花火は夏の風物詩。8月になると一斉に各地で花火大会が行われます。
事前に情報を調べてたまには遠くへ旅行に行くのもいいかもしれませんね。
ちなみに隅田川の花火大会以外の場所で「たまや~」と言うのは場違いだそうです(笑)


宗家鍵屋さんのHPです。色々な花火の種類や女15代目さんを見ることができます。(江戸っ子美人!)


 全国で900もの花火大会があるそうです。今年は景気が良くなって豪勢になるといいですね。




a1380_000438.jpg

自宅でも花火大会が楽しめます。
関連記事

テーマ : 日本文化
ジャンル : 学問・文化・芸術

【5月27日】バルチック艦隊撃破!日本海海戦



 
MIKASAPAINTING.jpg

 本日は、日本海海戦記念式典の日です。 1905年5月27日のこの日、日本海海戦で日本艦隊がロシアのバルチック艦隊に対して大勝利を収めたことを記念しています。海軍記念日は第二次世界大戦後に廃止されましたが、それ以降も財団法人三笠保存会などがこの日に記念式典を行っています。

日本海海戦_03  さて、この日本海海戦(1905年5月27日〜28日)とは、日露戦争中に行われた海戦で、日本海軍の連合艦隊と、ロシア海軍の第2、第3太平洋艦隊との間で戦われました。
 日本海軍連合艦隊は連合艦隊司令長官
東郷平八郎
の指揮下で、ロシア海軍両艦隊を撃滅し戦力の大半を失わせたことに対し、日本海軍連合艦隊の損失は軽微のみという海戦史上まれな一方的勝利となったのです。
 この海戦が決定的となり、日露戦争は終息へと向かいます。
 当初は、日露戦争は、大国ロシアに対して、総力戦では絶対に勝てないといわれていました。だからこそ、どこかの段階でアメリカに調停に入ってもらわなければならないと、当時の内閣は考えていたのです。
 そういう意味では、
奉天会戦での勝利やバルチック艦隊撃破は、いかに有利な条件で講和するかの材料であったわけです。
 この当時の日本の司令部は、”戦争は、政治目的達成のための手段である”(「戦争論」
クラウゼウィッツ
)ということを充分認識していたのです。
 この海戦の勝利によって、両国間のポーツマス講和会議への道を開くことになります。講和条約により、日本は朝鮮半島における勢力を確固たるものとして国防上の課題を解決し、また関東州の租借権や南樺太を獲得します。もし、この戦争で日本が負けていれば朝鮮半島は確実にロシアのものになっていたでしょう。
420px-Tōgō_Heihachirō  世界最大の軍事力を有していたロシア帝国の敗北は全世界を驚愕させました。また、この勝利は植民地支配にあえぐ有色人種達に衝撃を与え、独立・革命運動のきっかけとなり、欧米列強の植民地政策をぐらつかせる大きなターニングポイントとなったのです。

←東郷平八郎


 しかし、講和条約の内容は、賠償金を取れないなど、国民にとって予想外に厳しい内容だったため、日比谷焼打事件をはじめ、各地で暴動が起こり、戒厳令が敷かれるにまでに至ります。
 戦争を優位にするために、厳しい国内の内情をロシアに秘密にしていたせいもありますが、新聞などのマスコミ各社が日清戦争を引き合いに出して戦争に対する国民の期待を煽ったために修正が利かなくなっていたこともあります。あぁ、ここでもマスコミが、誤った扇動をするのですね。

 さて、日本海海戦自体の話になりますが、この大勝利は偶然や運ではなく、徹底した戦略の元に行っています。

日本海海戦_01 日本軍海軍参謀、秋山真之は、バルチック艦隊を迎え撃つにあたりT字戦法という戦略を立てました。 
 T字になることで、敵の先頭艦を常に圧迫するように進行することができ、そのため、指揮官が乗っている先頭艦を集中攻撃でき、敵の艦隊の命令系統を混乱におとしいれることができるのです。
 この戦法での決め手は、横腹を見せて多くの砲門から撃つ砲弾が、どれだけ縦列陣を敷いてくる敵戦艦に命中するかという命中率にかかっていました。仮に、敵の砲弾のほうが正確に日本艦隊を射抜けば、惨敗もありえるわけです。


軍人秋山真之、兄好古も天才!
Akiyama_Saneyuki.jpg  そこで、東郷平八郎は徹底的に艦砲射撃の訓練を繰り返しました。当時貴重品だった実弾をおしまず費やしたと言われています。とりわけ、高波の日の訓練は凄まじかったと言われており、波が高ければ、高いほど相手の砲撃の命中率が下がり、こちらの命中率が高ければ、砲弾によってあけられた吃水線上の穴からも海水が流れ込み、相手の艦が沈没しやすくなることからと訓練にも力が入りました。
 逆に、ロシア艦隊のほうは、有色人種に対する偏見もあったのでしょう、「自分たちの方が絶対に強い」と根拠なく日本人をナメきって油断していました。また長旅で疲労が溜まっていたということもあります。
 結局、運も味方し、会戦当日は「本日、天気晴朗なれども浪高し」という状況で、訓練で鍛え抜かれた日本艦隊の圧勝となったわけです。
 結果ですが、主力の日本戦艦 4 vs ロシア戦艦 11、 巡洋艦8:3の戦力差にもかかわらず、ロシア全滅に対し、日本側はゼロという圧倒的勝利をおさめます。



 
日本海海戦_02

 上記の表から分かるように、日本軍の損失は水雷艇の3隻のみです。また、戦力で中心となるのは戦艦、海防戦艦、装甲巡洋艦であり、この三種類の艦をどれだけ保有しているかで戦力をはかることができました。結果はロシアは巡洋艦4隻と駆逐艦3隻を残して全滅です。

 ロシア側の6,000名以上の捕虜は、多くが乗艦の沈没により海に投げ出されましたが、日本軍の救助活動によって救命されることになります。また対馬や日本海沿岸に流れ着いたものも多く、各地の住民に保護されています。当時の日本は戦時国際法に忠実であり、国際社会に日本は文明国であるとアピールするためにも戦時法遵守が末 端の小艇の水兵にまで徹底されていたのです。

 ロシア兵捕虜は、日本国民が戦時財政下の困窮に耐える中、十分な治療と食事を与えられ、健康を回復し帰国しました。軍法会議での処罰を恐れる士官は日本にとどまることもできました。日本の戦時国際法の遵守には世界各国から賞賛が寄せられたそうです。
 敵方の司令長官であった
ロジェストヴェンスキーは重傷を負い、佐世保の海軍病院に入院しましたが、この間、東郷大将が見舞いに訪れています。この時の東郷の礼節を尽くした扱いに感銘を受け、一生東郷を尊敬し続けたといいます。お互いに国のために勇敢に戦った者同士は、わかり合えるものがあるのでしょうね。戦わなかった者だけが、やれ賠償だ、謝罪だと叫び続けるのでしょう。
 2005年5月には対馬市、横須賀市などでそれぞれ日本海海戦100周年記念の式典や大会が開催され、対馬市では海戦後初の合同慰霊祭も行われました。国のために戦った全ての兵士たちにに追悼の思いを捧げたいと思います。






関連記事

→【9月5日】日露戦争と日比谷焼打事件 

→【7月5日】日露戦争勝利の立役者。渋柿親父のメッケル

関連記事

テーマ : 歴史
ジャンル : 政治・経済

【5月26日】逃げの小五郎こと木戸孝允



396px-Kido_Takayoshi_1869.jpg
若き日の木戸孝允こと桂小五郎〜明治2年撮影(憲政50年史) ウィキペディア

 本日は、明治維新の三傑と言われた、木戸 孝允 / 桂 小五郎の命日です。(天保4年6月26日(1833年8月11日) - 明治10年(1877年)5月26日
 幕末から明治時代初期にかけての日本の武士、政治家です。


 維新の三傑のあと二人は西郷隆盛大久保利通の二人です。
 維新の十傑というのもあるそうで、こちらは上記の三人に加え、
小松帯刀大村益次郎前原一誠広沢真臣江藤新平横井小楠岩倉具視の七人を加えたものになりますが、これは、山脇之人『維新元勲十傑論』1884年刊によるもので、現在の感覚ではちょっと物言いを入れたくなりますね。

 金澤正造という人の著書『維新十傑傳』(1941年)では、明治以後の政治家とは別に、幕末期に維新へと至るまでに導いた主な革命家十名に、
吉田松陰頼三樹三郎有村次左衛門高橋多一郎清河八郎伴林光平平野国臣佐久間象山高杉晋作坂本龍馬を挙げてあります。

 吉田松陰や坂本竜馬は革命家に入るんですね。
勝海舟
の名前がないのですが、これは幕臣だからでしょうか。

 さて、この木戸孝允ですが、長州藩の尊攘派のリーダー、桂小五郎として活躍します。一旦は、京都から追放の憂き目に遭いますが(八月十八日の政変)、翌年、小五郎は再上洛し潜伏しつつも藩の失地回復に勤めます。
「逃げの小五郎」の異名はこの当時からついていたあだ名のようですね。

 決して剣の腕が弱かったからではありません。むしろ新撰組の近藤勇をして「恐ろしい以上、手も足も出なかったのが桂小五郎だ」と言わしめています。練兵館の塾頭を務め、その間、剣豪の名を天下に轟かせているのです。
 それほど強くても、実際は刀を抜く前に逃げる・・・これが桂の鉄則だったようで、これは、剣豪でもあった坂本竜馬に通じるものがありますね。結局、木戸孝允は、一度も刀を抜く事なく維新を迎えたと言われています。

 さて、長州藩が再び立ち上がるまで、桂は、京都市内のあらゆる所に潜伏します。
 二条大橋の下で、乞食同然の生活をしていたと思えば、味方の家を転々としたり、芸者であり恋人の幾松(後の
木戸松子)に助けられたりしています。
 それ以外にもかくまってくれる女性たちが何人かいたようですが、写真で見るイケメンぶりですから無理もありません(笑)。
 坂本竜馬もそうですが、女性たちに命を助けられています。世に名を残そうとする者、常日頃、色んな方々へも優しくしておかねばなりません。
 また、それ以外にも「
池田屋事変」が起きた時、池田屋に足を踏み入れていたものの、外出をしており、難なきを得ているという強運。
「禁門の変」に際しては、会津の残党狩りに一度は、捕まったが、連行中に、「うん●をもよおした」と偽って、あっという間に逃亡したという度胸も持ち合わせています。

 この方には当時の「武士とはどうあるべきか」なんて体面なんてことは気にしません。チャンスが来るまでは、逃げに逃げます。

 そして、ついにチャンス到来。
 坂本龍馬の斡旋で薩長同盟を締結、長州藩の復権に成功し、薩長主導による武力倒幕を成し遂げ、新政府を樹立します。
 新政府では総裁局顧問、外国事務係、参与となり、「
五箇条の御誓文」の起草に参画し、大久保らとともに版籍奉還の実現に尽力します。明治4年、西郷とともに参議となると、政府要職を薩長の人材で独占、廃藩置県を断行します。

 西郷隆盛と対立することになり、西南戦争の最中、駆けつけた大久保利通の手を握り締め、「西郷、いいかげんにせんか」と明治政府と西郷の両方を案じる言葉を発したのを最後にこの世を去ったといいます。病没。享年45歳でした。

 志士としても、長州藩のリーダーとして時代の先端に立って活動を続け、明治新政府においてもトップの一人として近代国家・日本の建設に大きな役割を果たした木戸孝允。
 
 墓所は、京都・霊山護国神社にあり、坂本龍馬や、中岡慎太郎など、活動を共にした多くの志士たちと、松子夫人の傍にて眠っています。


→京都・霊山護国神社(Googleマップ)



関連記事

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

【5月25日】キャパと「崩れ落ちる兵士」



Capa_015.jpg  
Falling Soldier 〜崩れ落ちる兵士(死の瞬間の人民戦線兵士)

 本日5月25日は、ロバート・キャパ(1913年10月22日生 - 1954年5月25日没/本名はフリードマン・エンドレ・エルネー。ハンガリー生まれのユダヤ人)の命日です。
 戦場カメラマンとして有名な写真家であるキャパはこの日、北ベトナムでフランス軍に同行取材中に地雷を踏んで死亡しました。享年40歳。スペイン内戦、日中戦争、第二次世界大戦のヨーロッパ戦線、第一次中東戦争、および第 一次インドシナ戦争の5つの戦争を取材した20世紀を代表する戦場カメラマン、報道写真家として有名でした。

 キャパを一躍有名にした写真に
「死の瞬間の人民戦線兵士」という写真があります。1936年のスペイン内戦時の兵士を撮影したとされ、フランスの雑誌に表紙として掲載、そして翌年にはアメリカの当時最も影響力のあった雑誌「ライフ」に掲載されたことにより、22歳の無名の青年だったキャパを一躍有名にしました。

 この写真は、反ファシズムのシンボルのように扱われた写真でありましたが、あまりに「完成度」が高いことや、頭部に負傷がはっきりと確認できないこと、更にキャパ自身がこの写真について語りたがらなかったことから、本当に撃たれた瞬間を撮った写真であるかどうかについて、真贋論争が60年にわたり続けられてきました。

 最近ではNHKでも特集を組んで放送していましたが、
(2013年2月3日放送「沢木耕太郎 推理ドキュメント 運命の一枚〜“戦場”写真 最大の謎に挑む〜) この写真は前線からは離れた場所で単に演習中の中で撮られたものであると断定されたそうです。
 しかし、このNHKの報道も、あたかもこの番組で初めてキャパの写真が"やらせ"であったかのように報道していますが、海外ではすでに40年ほど前から"やらせ"が常識だそうで・・・。なんかここでも騙された気分になりますね。

→ガジェット通信 キャパの「崩れ落ちる兵士」 ”NHKのヤラセ”か


 この伝説の写真ですが、当時の恋人、
ゲルダが撮影した写真とも言われています。ゲルダもまた戦場カメラマンで、キャパが有名になる前に、戦場で暴走したタンクに轢かれ亡くなってしまいます。

 キャパは、なぜ危険な戦場へ向かい続けたのでしょうか?
 その理由に、この伝説の写真が、ゲルダの作品であり、この伝説の写真を超える戦争写真を撮ることが、自分の使命であり、ゲルダへの愛を証明する唯一の方法と考えていたのではないかと考察する方もいます。

 管理人的には一番しっくりくる考え方かなと思います。

 キャパも売れるために致し方なかったとか、大きな目標をかなえるためのステップだったとか、個人の事情でしたら同情もしますし、致し方ないところがあると思います。
 その負い目なのか、ゲルダや世間への贖罪の気持ちもあって、より戦場写真を撮り続けたということもあるとは思います。
 現実にこの写真をきっかけにキャパの写真は多くの人々の目に届くことになり、写真という手段で、戦争のリアルを伝えるという意味では、多大なる影響を与えてくれました。その功績は計り知れないものがあると思うのです。

 しかし、戦争を反対させる世論を形成するために、特定の勢力が、その写真を利用したり、捏造をするのは、ちょっと許せない部分があります。「写真」そのものをある目的のために利用しようとすることは、「写真」そのもののもつ純粋なインパクトを曲げてしまうことになるのではないでしょうか。
 本来の写真の意味とは違うキャプションをつけて「日本兵の虐待の証拠写真だ」と政治利用に使ったりするのは酷いものです。

 まあ、
朝日新聞の珊瑚礁捏造事件のような意図的な捏造写真は、繰り返して欲しくないですし、日本人全体の品格をわざと貶めて、それを朝日新聞が良心的な糾弾者として啓蒙するという考え方で写真を利用するというのも、とんでもない思い上がりであると思いますが。

 客観的に真実のみを伝えるというのは、人間が行っている以上、完全には無理なのでしょうか。
 キャパの写真の持つ威力は、朝日新聞の写真なんかとは比べものになりません。
 純粋に写真のインパクトを観ていきたいものです。



<関連記事>
→【3月5日】珊瑚の日と朝日珊瑚記事捏造事件





関連記事

テーマ : 雑学・情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

【5月24日】モールス信号の生みの親



394px-Morse_telegraph.jpg
モールスの最初の電信機の図面


 1844年5月24日
のこの日。サミュエル・モールスが発明した電信装置と符号(モールス符号の原形)による初の長距離通信実験がワシントンD.C. - メリーランド州ボルチモア間で行われました。

 モールス符号を用いた電信自体は、9年前から成功していましたが、40マイル(約60km)もの電信試験線を架設した実験は始めてで、この日の成功により、電信技術の実用化に大きく踏み出すことになります。

 その時の最初のメッセージは旧約聖書からとった「これは神のなせるわざなり!(What hath God wrought!)」でした。

 1850年代には、国際モールス信号が誕生し、世界標準として重宝することになります。

 1926年には日本帝国海軍も導入しています。その後、海上保安庁へと引き継がれ、70年もの長きに渡り、モールス信号は使われていました。

 現在は、通信衛星の技術やデジタル技術の発展で使われなくなりつつありますが、少し前まではSOSのモールス信号は、いざという時に覚えておくといいと良く言われておりました。
 受け取る側も信号の意味を分かっていないと意味を成さないので、これからどんどん使われなくなってくるのかもしれませんが、知名度の高いSOS信号は覚えておきたいものです。

 こちらのウィキペディアから
SOSの信号の音を聞くことができます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/SOS

 モールス符号による遭難通信の取扱いは1999年で廃止され、現在の航空機や船舶からの遭難信号の発信には、
Global Maritime Distress and Safety System(GMDSS)によるEPIRBが使われているとのこと。(人工衛星などを使用し、ボタン一つ、または自動で救難信号を送れるシステムみたいです)
 なおモールス符号による通信は、日本では一部の漁業無線や陸上自衛隊の野戦通信、またアマチュア無線では未だ用られています。

 ちなみにモールス符号で日本語入力ができるGoogle日本語入力モールスバージョンなるものがあります。こちらの紹介映像を見る限り、どこまで本気で冗談なのか(笑)
興味のある方は試してみます?

モールス

Google 日本語入力 - モールスバージョン


 ちなみにちょっと不可解なSOS事件の記事を見つけました。

→【探偵ファイル】謎のテープレコーダー 大雪山SOS事件とは/山口敏太郎




関連記事

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

【5月23日】ロックフェラーの功罪



JohnDRockefeller.jpg
John Davison Rockefeller(1885)ウィキペディア


 本日5月23日
は、ジョン・デイヴィソン・ロックフェラー・シニア(John Davison Rockefeller, Sr、1839年7月8日 - 1937年5月23日)の命日です。

 ロックフェラーは、アメリカ合衆国の実業家、慈善家で石油王、史上最高の富豪と呼ばれることもあります。僅か18歳で起業をして、1870年の31歳時に
オハイオ・スタンダード石油会社を作って社長に就任します。この時代は産業機関が発達し、ガソリンの需要が急激に上がったことからも、会社も急成長します。

 この頃から、ロックフェラーは、競合する製油所の買収、石油輸送の運賃値引き強要、ライバルの切り崩し、秘密の取引、投資資金のプール、ライバルの買収などのあらゆる手段を駆使して事業を強化しておきます。
 ライバルには徹底的に戦い、吸収合併していく様は数々の批判を浴びますが、そんなことは意に介さず、わずか10年も経たない1878年には、スタンダード・オイル会社はアメリカ合衆国内における石油精製能力の90%を保持したというから驚きです。

 しかし、会社の規模があまりにも大きくなり、市場を独占し始めると、競争の原理が働かなくなり、価格の設定などが、その企業側の自由裁量で行えるようになります。これは
トラストという企業形態で、独占禁止法に規定される「独占」の形態になりますので、やり過ぎると禁止されることになります。

 スタンダード・オイル会社も1911年に
反トラスト法により、ついに解散させられてしまうのですが、しかし、この「過度」の基準って何で決めるのでしょうか?違法性があるかないかは、その時の判断になるそうですので、様々な大人の事情が絡んできそうですよね。

 そのロックフェラーですが、後年はストレスからくる病気に悩まされたそうです。「何をやっても非難される。」そりゃ、そうですよね。個人的には使命感があって、一心不乱に製油事業拡大、一族の繁栄、膨大な数の雇用者維持に注力しただけだと思いますが、個人に富が集中し過ぎると、自由の国アメリカでも、さすがに嫉妬もされます。

 若い頃から教会などに寄付をしていたロックフェラーは、引退後はその集中した財力で、本格的に様々な慈善事業に力を注いでいきます。贖罪のつもりとみる人もいますが、なんでも精力的に行うロックフェラーですから、引退後40年の間、資産の大部分を慈善活動、医療・教育・科学研究促進などに力をいれていきます。

 このように、多大な影響力を残したロックフェラーですが、功罪の面があったのは否めないのかなと思います。しかし、贖罪の面があったとする見方からですと、晩年のロックフェラーは罪の部分を埋めるには充分過ぎる貢献を人類に成したのではないでしょうか。

 伝記作家ロン・チャーナウはロックフェラーを「彼の問題、そしてなぜ彼が相反する反応を引き起こし続けるかは、彼の良い面はとことん良く、悪い面はそれと同じくらい悪かったためである。史上これほど矛盾した人物は他にいない。」と評してます。

 晩年のロックフェラーは、どこへ行っても大人には10セント硬貨、子どもには5セント硬貨をあげることで知られるようになったそうです。数々の名言も残しています。

 亡くなる時、ロックフェラーの胸の内はどうだったのでしょうか。心から幸せであったと言える満足した人生でありましたでしょうか。そうあって欲しいと思います。



続きを読む

関連記事

テーマ : 雑学・情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

【5月22日】ガールスカウトとサイクリング



PHM15_0518.jpg

 本日5月22日ガールスカウトの日サイクリングの日です。

 ●ガールスカウトの日〜1947年のこの日、第二次世界大戦で中断されていた日本のガールスカウトを再興するために準備委員会が発足したことを記念し、ガールスカウト日本連盟が制定。

 ●サイクリングの日
〜日本サイクリング協会が2009年4月20日に制定。スポーツ振興法でサイクリング奨励が定められたのをきっかけに、1964年のこの日、サイクリング普及のための団体として文部大臣から設立認可を受け任意団体から財団法人になったことを記念。

とのことです。ガールスカウトがあるならボーイスカウトの日は?と思い調べてみましたらありました。
 日本のボーイスカウトの日は4月13日だそうです。世界の「ボーイスカウト設立記念日」は1月24日となってます。
 
ボーイスカウトガールスカウトの発祥はというと1908年にイギリスでロバートベーデン・パウエル卿とその近親者が創始した、野外教育を通した青少年人材育成活動から来ており、世界中に広がりました。

 日本では年齢別にビーバースカウト、カブスカウト、ボーイスカウト、ベンチャースカウト、ローバースカウトがあるとのこと。
 詳しくは
ボーイスカウト日本連盟ガールスカウト日本連盟を参照ください。
野外活動を通じて健全な精神と心を育てる。うーん、いいですね。キャンプや野外活動でみんなで身体を動かしたり、食事をするというのは楽しいことです。

 サイクリングも、自然との一体感を感じますし、今日の記念日は野外に出てみたくなる日だと思います。
 今の時期は緑がとても綺麗に映える季節ですし、今日は、緑に触れる時間を時間を増やしてみようかな。









関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

【5月21日】リンドバークの大西洋単独無着陸飛行



Spirit of St Louis

 本日は、チャールズ・リンドバーグ大西洋単独無着陸飛行に成功した日で、「リンドバーグ翼の日」ともなっています。1927年5月21日のこの日、前日にニューヨークを出発してパリに到着したことを記念してつけられました。


 リンドバーク(Charles Augustus Lindbergh, 1902年2月4日 - 1974年8月26日)は、アメリカ合衆国の飛行家で有名ですが、この体験を元にした自伝での作家として、そして、生理学者
アレクシス・カレルと共に人工心臓の開発にも携わって医学界に大きな貢献をしています。

 さて、第一世界大戦でその性能を大きく伸ばした航空機により、数々の挑戦とその賞金レースが繰り広げられるようになりました。
 ニューヨーク市からパリ間のコースを無着陸で飛んだ最初の連合国側の飛行士に対して与えられるオルティーグ賞は、賞金は25,000ドルということもあり、多くの飛行士が挑戦しました。
 有名な飛行士が何人か失敗しているなか、1927年5月、アメリカの無名ともいえるリンドバーグが無着陸横断飛行を達成し、賞を獲得しました。このことによりリンドバークは一躍有名人になります。

 「
スピリット・オブ・セントルイス」と名づけた単葉単発単座のプロペラ機ですが、ライアンNYP-1という機体をベースに燃料タンクを大きくした特別仕様の機体です。現在は、アメリカの国立航空宇宙博物館に保管・展示されています。

 また、パリ上空で「翼よ、あれがパリの灯だ!」と叫んだとされるが、この台詞は後世の脚色であり、リンドバーグはその時自分がパリに着いたことも分らなかったといいます。この出所は自伝 "The Spirit of St. Louis" の和訳タイトルでだそうで、実際にはしゃべっていないみたいですね。

 さて、一躍有名になったリンドバークですが、その有名な名前のために数年後、彼に悲劇が襲います。
 1932年3月1日に1歳8ヶ月の彼らの息子のジュニアが自宅から誘拐され、10週間に及ぶ探索と誘拐犯人との身代金交渉の後に、ニュージャージー州ホープウェルで5月12日に死んでいるのが見つかったのです。(
リンドバーグ愛児誘拐事件)。犯人が特定されたものの冤罪説もあり、謎が多いことで知られています。

 晩年は、妻と共にハワイに住んで余生を送っています。1970年には来日し、大阪万博を訪れました。リンドバークは、自然環境の保全に力を注ぐようになり、世界各地を回り、環境保護活動に参加、多額の資金を寄付しています。


関連記事

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

【5月20日】安保条約強行採決とデモ



1960_Protests_against_the_United_States-Japan_Security_Treaty_01.jpg
衆議院における強行採決(ウィキペディア)

 1960年の5月20日は、日米安保条約を衆議院で強行採決した日です。
このことから、以降、連日デモ隊が国会を囲み、日本史上空前規模の反政府、反米運動とそれに伴う政治闘争がわきおこりました。当時の岸内閣は混乱の責任を取り総辞職に追い込まれます。

 この日米安保条約に対する政治闘争を
安保闘争
と呼びます。
 1959年(昭和34年)から1960年(昭和35年)、1970年(昭和45年)の2度にわたり、日本で展開された日米安全保障条約(安保条約)に反対する国会議員、労働者や学生、市民が参加しました。

 当時の反米運動を考えると、日本社会党、共産党、マスコミを中心に戦後の傷が癒えない民衆を焚きつけたような気がします。「せっかく戦争が終わったのに、条約を結ぶとアメリカの戦争に巻き込まれる」という不安を上手く煽ったのではないでしょうか。背後に冷戦時代のソ連の協力があったことは言うまでもありません。

1960_Protests_against_the_United_States-Japan_Security_Treaty_02.jpg 闘争の激化に伴い、岸は、警察と右翼の支援団体だけではデモ隊を抑えられないと判断し、暗黒街の親分衆の会合に派遣を依頼したといいます。
 この右翼をデモ隊に対抗する行動部隊として動員させる過程で、 一部の右翼とヤクザなどの反社会勢力との関係が深まります。警察との癒着もここら辺に端を発しているようですね。

 6月15日には、ヤクザと右翼団体がデモ隊を襲撃して多くの重傷者を出し、学生の死亡者まで出します。

 さすがにマスコミもやばいと思ったのか、暴力での闘争はいけないと事態の収拾をはかり始めますが、反体制側からは、警察側の暴力をとりあげないことで、非難を受けます。

 「60年安保闘争」は空前の盛り上がりを見せましたが、岸の政治手法への反感に支えられた要素がありましたので、安保改定が成立し、岸内閣の退陣で急速に運動が収束します。なんかここら辺がおかしいと思うのですが、安保反対で始まった運動ではなかったのではないでしょうかね。結局、岸内閣から池田内閣へと移り、自民党の政権は変わらずでしたから、総選挙の結果もほとんど影響がなかったことになります。

 しかし、一部デモ隊側から見れば、安保阻止は実現できなかったものの、自らの運動によって内閣を退陣させることに成功した意義は非常に大きいとのことで、大学生が主体となった反体制運動は、続くベトナム戦争反戦運動により拍車がかかり、一連の大学紛争へ至ります。

 しかし70年安保闘争では左翼側の分裂や暴力的な闘争、抗争が激化し、運動は大衆や知識人の支持を失ないます。暴力では民衆の支持を得ることは難しいですよね。

 現代の日本では考えられないですね。

 この安保条約ですが、内閣府が2010年1月におこなった世論調査では、同条約が日本の平和と安全に

「役立っている」との回答が76.4%、
「役立っていない」との回答が 16.2%
となりました。

 また「日本の安全を守るためにはどのような方法をとるべきだと思うか」との問いには

「現状どおり日米の安全保障体制と自衛隊で日本の 安全を守る」との回答が77.3%、
「日米安全保障条約をやめて、自衛隊だけで日本の安全を守る」が9.9%、
「日米安全保障条約をやめて、自衛隊も縮小または廃止する」が4.2% となりました。
(日米安保条約世論調査)

 大多数の国民がこの条約が日本の平和に寄与していると捉えてると思います。
 憲法九条の平和憲法ではなく、実際にはアメリカの核の傘下で守られてきたのが現実ではないでしょうか。

 当時の反対、デモにはなんの意義があったのでしょうか。もしあのとき、デモ隊により岸内閣退陣だけでなく、政権交代、安保条約が破棄されてしまっていたらどうなっていたのでしょうね。

 学生の時代に「自分たちのデモで日本の政治を変えられたんだ」ということで、当時を懐かしく思う団塊おじさんたちもいるようですが、安保条約の中身もよく知らず、反体制がかっこいいとか、正義だという雰囲気で参加した人たちも多いと思いますよ。

 行動には責任が伴います。「当時は青臭く若かった」で済まされないのではないでしょうか。当時の安保闘争に参加したおじさんたちは、現代日本の状況をよく見て、今後は、単なる体制への反発とか、雰囲気だけで投票しないでいただきたいものです。

 日本がアメリカから離れることを望んでいる危険な隣国があることも事実です。もっと危険な脅威も同様に捉えて欲しいですね。民主党のような政権はもうごめんです。



関連記事

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

【5月19日】ハレー彗星パニック




Lspn_comet_halley.jpg

1986年3月8日に撮影されたハレー彗星(ウィキペディア)


 5月19日のこの日は、1910年にハレー彗星が地球に接近して、世界中でパニックが発生した日になってます。

 「ハレー彗星」とは、約76年周期で地球に接近する短周期彗星で、公転周期は75.3年。多くの周期彗星の中で最初に知られた彗星であり、古来より多くの文献に記録されています。前回は1986年に回帰し、次回は2061年夏に出現すると考えられています。

594px-Giotto_-_Scrovegni_-_-18-_-_Adoration_of_the_Magi.jpg
 このハレー彗星が、1910年に地球に近づいてきた際に、ハレー彗星の尾の中を地球が通過することも天文学者により予言されていました。彗星の尾には有毒のシアン化合物が含まれていることから、尾に含まれる猛毒成分により、地球上の生物は全て窒息死するという噂が広まりました。

 日本でのその日時は、5月19日11時22分とされました。明治時代の終わりに近い時代ですね。

 それ以外にも地球上の空気がハレー彗星に持って行かれて、5分間ほど空気がなくなるという噂が一部で広まりました。

 自転車のチューブを買い占め、チューブ内の空気を吸って一時的な酸素枯渇に備える裕福な者、水を張った桶で息を止める訓練をする者、全財産を遊びにつぎ込む者、世界滅亡を憂えて自殺する者などが現れたといいます。今では笑えるような話ですが、当時の人々は真剣に考えていたのでしょうね。

 日本では大規模な騒乱などは起きませんでしたが、映画化までされています(1949年 日本映画社製作の『空気のなくなる日』)。一方では「どうせ死ぬのだから」とばかりに、歓楽街が非常に賑わい、かつてない盛況を見せたがために、花柳界では「嗚呼ありがたきホーキ星様」とハレー彗星が歓迎されそうです。

 海外でも、ローマ法王庁が「贖罪券」を発行したところ、希望者が殺到し、手に入れることができなかった人が悲嘆に暮れるあまり自殺するという事件も起きていますし、酸素ボンベを持ち出し地下に逃げ込んだ人もいます。「彗星が持ち込むシアンの毒はこれで大丈夫」と、小麦粉を丸めただけのニセの薬を売って金もうけしようとした詐欺師がアメリカで摘発されたこともありました。
 またメキシコでは、「処女を生贄にすれば助かる」と信じ込んだ暴徒が、女性を襲撃する事件も起きています。

 実際のハレー彗星は5月19日に太陽面を通過しましたが、彗星のガスは非常に薄いため、地球が尾の中を通過してもハレー彗星のガスは地球の厚い大気に阻まれて地表に到達することはなく、地球及び生命体には何の影響も与えませんでした。

 結果的に、科学とメディアの発達が、かえって迷信によるパニックを煽ることとなったのです。
 このケースはデマが民衆をパニックに陥れる先例としてよく取り上げられています。

 今では笑える話ですが、当時の人たちは本気で信じていたのでしょうね。

 そこには、下地に社会情勢への民衆の不安、不満があるように思います。そこにデマや噂が広がると一気に広がるのでしょう。
 最近はネットでの流言飛語が多いようですが、意図的に広げる輩もいますから鵜呑みにしないように気をつけたいものです。
 情報に振り回されないようにしましょう。

 管理人が好きでよく訪れるパルモさんの
カラパイアというサイトがありますが、
こちらでこんな記事も見つけましたのでよろしければご覧下さい。

→もしも地球上から5秒間酸素がなくなったら?もしも地球上の酸素が2倍になったら?(蜘蛛注意)





関連記事

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

【5月18日】言葉の日と言魂信仰



PHM15_0022.jpg
 本日、5月18日「ことばの日」です。「こ(5)とば(18)」の語呂合せで制定していますね。

 本日は「ことば」に意識して、正しく使えるように心がける日との事ですが、家族や周囲の人たちに対して、心地よい言葉、相手を楽しませる言葉などを意識して使うようにしたいですね。

 さて、そんな「ことば」ですが、日本人は特に「言葉」に囚われている民族のようで、「
言魂」というものがあります。

 言霊(ウィキペディア) : 言霊(ことだま)とは、日本において言葉に宿るとされた霊的な力のこと。言魂とも書く。清音の言霊(ことたま)は、五十音のコトタマの法則を指し、その法則によって森羅万象が成り立つとされ、言霊を研究する学問を言霊学という。

 へえ〜という感じですが、いざ身近な事に置き換えるとよく分かります。
 例えば何か悪いことが起きた時「お前が変なことを言うからだ」とか「縁起でもないことを言うな」とか日常の会話でもよく出てきますよね。

 よく考えれば、自分が不幸の予言みたいな悪いことを言ったとしても、起きた事実とはまったく因果関係がないのですから、怒られるのは筋違いというものです。
 でも、なぜか日本人ではこのようなことは忌み嫌い、バッシングされますよね(笑)。
 これが「言魂」信仰だと言われると、なるほどと思いませんか?


 作家の井沢元彦氏は、この事に着目して、言論の自由を封殺し続ける「コトダマ信仰」という説をとなえています。
 『逆説の日本史3 古代言魂編』、『言魂』『「言魂の国」解体新書』という書籍に詳しく書かれていますが、ここではその内容をかいつまんで紹介します。


 たとえば、日本でハイジャックが起きて人質と交換に現金を要求したとします。

 ある評論家が、TVで「今後の再発を防ぐためにも、ここでハイジャックに屈してはならない、機動隊を強行突破させよ。その際に人質が死亡しても止むなしである」と意見したとします。

 すると、「人命軽視もはなはだしい」と、その評論家は猛烈な批判に晒されるのは容易に想像できます。

HDS005.jpg  しかし、実際の行動は、評論家が言ったことではなく、決断した大臣に責任がありますよね。だけども国内の世論では、真っ先に発言した人間に非難が殺到します。

 ですので、万が一死者が出た場合でも、その第一にはテロリストの責任であり、第二に強行突入という判断を下した人間にあります。または、その突入の仕方がまずくて、出さなくていい死者を出してしまったら、突入部隊の誰かに責任はあります。

 しかし、実際には、もし人質に死者が出れば「おまえがTVでそんなことを言うから、こんなことになったんだぞ」と非難されるのではないでしょうか。
 日本ではこのように意見を言った者にも「とんでもないヤツだ」とか「責任をとれ」という非難が浴びせられます。外国ではこのようなことは起こらないと思います。

 これは日本人の言魂信仰をよく表していると井沢氏は書かれています。

すなわち
人質が死んでもかまわない(意見) 〜  人質に死者が出た(結果)

 この2つの因果関係を我々日本人は認めているということになります。だからこそ、意見を出した人間を責任があるという発想になる訳です。

 これでは真の発言の自由はありません。
 発言者は言葉を出す(これをことあげするといいます。)ことで、「その発言が実現することを望んでいる」と思われるのです。

 大戦前も「アメリカと戦えば負ける」といえば非国民扱いでしたし、現在では「憲法九条改正」といえば、すぐに、あいつは軍国主義者だ、ファシズムだ、戦争を望んでいるんだとして議論さえを封殺しようとします。
 日本が「将来、核兵器保有の可能性はあるのか」という議論自体もさせません。
 これは、「有事立法」の制定すら許さないということになるのです。

 また日本は契約が下手な民族と言われます。
HDS032.jpg
 儒教の影響が色濃い東アジア全部がそうであるなら、納得ですが、これは日本だけの特有のことだそうです。

 何故でしょうか?契約とはもし取引先とのトラブルが起きれば、こういうペナルティが生じるという、あらゆるトラブルを考えて決めるのですが、日本人はそれが下手だそうです。

 日本人同士なら、まだ通用するのですが、異文化の外国人相手ですとそうはいきません。
日本人との契約書は抜け穴だらけだそうです。
 日本人は、トラブルをあらかじめ想定して取り決めを行うことが下手な民族、ペナルティが付けられない民族ということらしいのです。
 悪いことが起こることを想定してリアルに物事を進められないということになるのです。

 また、日本人なら教会で結婚する時に離婚の事を想定して神に契約できるでしょうか(笑)
キリスト教会での結婚式での有名な誓いの言葉として、

「汝は、この女性(男性)を良きにつけ、悪しきにつけ、病の時も健やかな時も死が二人を分かつまで,聖なる結婚により妻(夫)とするや」

という言葉がありますが、これはロマンチックなことでも何でもなく、真意を読み取ると、

 「お互いにトラブルが起きても、不満が生じても、どちらかがアクシデント、病などになっても離婚は許されない。しかしその契約は、どちらかが死ぬことにより終わる」ということなのです。(^_^;)

GUM12_PH06022.jpg  これは、不幸が起きることも想定し、なおかつ、「どちらかが死んだ時にこの契約は完了する。その後は再婚してもかまわない」という意味になるのです。これも有事立法なのです。

 これが神道の結婚式ですと、「誓い」ではなく、「祝詞」をあげますが、キリスト教のような「病」とか、「死」という不吉な言葉は一切使用しません。

 受験の時も「すべる」とか「落ちる」とかを言わないように気をつけるのも同じ考え方から来ているのかもしれませんね。


 「発した「言葉」の内容に呼応して「現実」も動くということを信じる」これを意識せずに信仰しているのが私たち日本人であるというのです。

 なんか面白いと思いませんか。興味のある方は是非読んでみて下さい。

 最近でも何かにつけて政治家の発言を非難するマスコミや、風潮がありますが、政治家は、何を語ったかではなく、何を行動しているのか、実績を出しているのかで見たいと思います。

 漢字を読み違えたり、言葉の揚げ足ばかりとってマッチポンプのようにそれを拡大させ、自分たちの気に入らない政治家を排除し、世論を誘導しようとするマスコミにはもう踊らされないようにしたいものです。


PHT_042.gif


井沢元彦氏の著作です。ご興味のある方はどうぞ。






関連記事

テーマ : 紹介したい本
ジャンル : 本・雑誌

【5月17日】近藤勇と墓マイラー



近藤勇

 本日、5月17日
は新撰組局長、近藤 勇の命日です。歴史上の人物や著名人の墓を巡って、故人の足跡に思いをはせる墓マイラーさんたちにとっては、本日はお墓参りに向かっているかもれませんね。

 近藤 勇【生誕 天保5年10月9日(1834年11月9日)〜死没 慶応4年4月25日(1868年5月17日)】は知る人ぞ知る新撰組の局長です。
 新撰組が現在のように有名になったのは司馬遼太郎の
「燃えよ剣」「新選組血風録」などの作品の貢献が大ですが、この新撰組のエピソードは多いので別の機会に紹介するとして、近藤勇のお墓を今回は紹介したいと思います。

 鳥羽・伏見の戦いにおいて敗れた新選組ですが、江戸に戻って再編成し戦うものの、甲州勝沼の戦いで再び新政府軍に敗れて敗走します。近藤勇は名前を変えて、千葉県の流山市に駐屯中に新政府軍に捕まり、板橋宿まで連行、中仙道板橋宿近くの板橋刑場で斬首されてしまいます。
 首は京都の三条河原で梟首され、その後の首の行方は不明とのことですが、このような事からお墓(当初は慰霊碑?)が各地にできることになります。


●近藤勇の処刑地近隣の墓


近藤勇_墓 1
©2013 Google 画像撮影時期2010年1月
東京都北区滝野川7丁目8−10

 甲州勝沼の戦い後、意見の対立で分かれた永倉新八により、建てられます。
 最初は遺体をここに埋葬したらしのですが、その後遺族が遺体を三鷹へ持っていったので、ここにはありません。
 近藤勇の慰霊碑がありますね。しかし、ここに永倉新八の墓があることから参拝者が多い場所です。


●土方歳三が仮埋葬した墓

近藤勇_墓 2
Googleマップ panoramio © kikuchiyoさん撮影
福島県会津若松市東山町石山天寧208 天寧寺

 このお寺の裏手の墓地に近藤勇の墓があります。土方歳三が遺髪などを持っていて会津戦の折、ここに仮埋葬したといいます。


●遺族によって建てられた墓

近藤勇_墓 3
Googleマップpicasa tetsuさん撮影
東京都三鷹市大沢6丁目3−11龍源寺

 近藤勇の出身地で遺族が弔ったといわれております。ここには首のない遺体を弔ったといわれております。



●首を奪還し埋葬したといわれる墓

近藤勇_墓 4
Googleマップ panoramio © 8pence さん撮影
愛知県岡崎市本宿町寺山1 法蔵寺

 東京板橋の刑場で刑死した近藤勇の首は京都に運ばれ三条大橋の西に晒されました。
 その後、同志が持ち去り、近藤が生前敬慕していた新京極裏寺町の称空義天大和尚に埋葬を依頼する事になりました。
 しかし和尚はこの時にはここ法蔵寺に転任になっていたので、この地にて密かに埋葬したとのことです。


●従兄弟の近藤金太郎が首を持ち帰って埋葬したとされる墓

山形県米沢市鍛冶町4586高国寺

 山形県米沢市の高国寺にも近藤勇の従兄弟近藤金太郎が首をひそかに持ち帰り埋葬したとされる墓がありますが、そうすると京都に運んだ首は偽物?ということになります。
 真相はよくわかりませんが、こちらのサイトさまで、そこの考察をされて参考になります。

→やま喜幕末通信 近藤勇の首は米沢にあった
(写真も掲載しています)


 それ以外にも民間の団体が近藤勇を弔う為に「近藤勇忌」を流山市や会津若松市等で行っています。

 このように各地で慰霊をされていることから人気のほどが伺えますね。
 自分の住んでいる近くに出向いてみるのもよいかもしれません。

新撰組のグッズが豊富です。海外へのお土産に良いかも!!






<関連記事>
→【3月13日】新撰組、発足!
→【6月20日】土方歳三の最後



関連記事

テーマ : 幕末・明治・文明開化
ジャンル : 学問・文化・芸術

【5月16日】旅の日と松尾芭蕉



松尾芭蕉2

 本日、5月16日は旅の日とされています。松尾芭蕉が「奥の細道」に旅立った日(旧暦元禄2年3月27日)に因み、1988年に日本旅のペンクラブが提唱したとのこと。

 松尾芭蕉(寛永21年(644年)- 元禄7年10月12日(1694年11月28日))といえば、世界的にも有名な江戸時代前期の俳諧師ですよね。

 芭蕉が弟子を伴い、元禄2年3月27日(1689年5月16日)に江戸を立ち東北、北陸を巡り岐阜の大垣まで旅した紀行文『おくのほそ道』が最も有名だと思います。

 この年は、ちょうど
西行の500回忌に当たる年でもあり、芭蕉45歳の年でもありました。旅程は合計でなんと600里(2400Km)にものぼり、一日数十里もの道も歩いたそうです。これは当時のこの年齢としては大変な健脚とスピードであり、 この事柄と、芭蕉が若い頃に服部半蔵の一族に仕えたということが合わさって、「芭蕉忍者説」が生まれていますが、さもありなんですよね。

 東北の道のりが西行の道筋を辿り、同じ場所で句を詠んでいることから管理人はよく、西行の歌と芭蕉の歌を混同してしまいます。
 西行が立ち止まって田植えを見てから去ったという「遊行柳」の歌を詠んだ場所では、同じように芭蕉も柳の俳句を詠みます。

 (西行)道野辺に 清水ながるる柳かげ しばしとてこそ 立ちとまりつれ

 (芭蕉)田一枚 植えて立ち去る 柳かな


 試験に出されたは答えられないかも(笑)。芭蕉の奥の細道の有名な俳句は以下のものがあります。

 (芭蕉)夏草や兵どもが夢の跡

 (芭蕉)閑さや岩にしみ入る蝉の声 

 (芭蕉)五月雨をあつめて早し最上川

芭蕉は人生の旅の終焉に最後の句を残しています。

   (芭蕉) 旅に病んで夢は枯野をかけ廻る


日本語って日本人にとってはやはりとてもいいものですね。
管理人も旅に行きたくなりました。若い時に行った旅路を、年老いてから辿るのも、自分の人生と重ねて感慨深い深いものがあるかもしれません。




思い出の旅館やホテルにもう一度泊まるのも素敵ですね。

関連記事もありますよろしければご覧下さい。

→【3月4日】木曾義仲と巴御前
→【3月6日】世界一周記念日に夢を膨らませる
→【3月23日】西行の命日に想う
→【4月19日】地図の日。伊能忠敬56歳の挑戦

→【8月19日】バイクで俳句
→【11月28日】本日は松尾芭蕉の命日、忍者説と隠密説の謎

関連記事

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り
ジャンル : 旅行

【5月15日】犬養毅と5.15事件。そして沖縄



413px-Tsuyoshi_Inukai_facing_left.jpg
犬養毅(ウィキペディア)

 5月15日は、「ヨーグルトの日」、「商人の祝日」、 「ストッキングの日」、 「Jリーグの日」など面白そうなトピックスが沢山ありますが、ここでは「犬養毅総理大臣暗殺五・一五事件(1932年)」と、「沖縄本土復帰記念日(1972年)」を取り上げてみたいと思います。

 犬養毅といえば「話せば分かる」「問答無用」のやりとりで有名ですが、どうしてそのような事件につながったのかというと、軍部に恨まれていたという説ですが、複雑な背景もあり、私が学生の頃はよく分かりませんでした。

 1929年は世界恐慌が日本にも吹き荒れ、東北地方を中心に窮乏状態にあった農村では、授業料が無料になる士官学校へ行く若者が多数いました。
 そこでは彼らは「貧富の差や情勢が悪いのは天皇陛下のせいではなく(当時は徹底した皇民化教育を受けていたので)それを取り巻く腐敗した政治家達が悪いのだ」という見方が将校達の間で広がっていきます。
 それでも経済は、
高橋是清を蔵相を起用することにより、徐々に回復の方向に向かってはいったのですが、満州の方がいけません。

 犬養は満州地方への進軍には反対で、「日本は中国から手を引くべきだ」との持論をかねてよりもっていました。これが大陸進出を急ぐ帝国陸軍の一派と、それに連なる大陸利権を狙う新興財閥に邪魔となったと言われています。
 1931年に関東軍が満州事件を引き起こし、犬養は満州国の承認を迫る軍部の要求を拒否し、中国国民党との間の独自のパイプを使って外交交渉で解決しようとしたのですが、対中国強硬派の
森恪という内閣書記官長にその交渉の道を握りつぶされてしまいます(この森恪は後に暗殺に関与したのではないかとして疑われます)

 さらに皮肉なことには、犬養が野党時代に、時の内閣であった浜口内閣を、
鳩山一郎とともに明治憲法の欠陥であった「統帥権干犯」を唱えて非難し、結果的に軍部に「統帥権」を武器として使えることを教えてしまうということをしてしまいます。
 これは、犬養は国益よりも議会における自党の主導権確保を優先させるという、当時でも「党利党略で国を危うくするもの」として政治家としては無責任のそしりを免れぬことをしてしまいます。
 その結果、満州事変では、自らが火を付けてしまった「統帥権の独立」を盾にする関東軍の行動に関しては黙認せざるえなかったのです。
 犬養や鳩山らがたきつけてしまった、この「統帥権」問題が最終的に大日本帝国滅亡の遠因 となるのですから、その失敗は大きいと言わざるおえないのではないでしょうか。

 このような自らが招いてしまった政党への不信、経済の貧困や不況への不満、軍部の憎しみの対象として犬養毅は暗殺されてしまいます。

May_15_Incident.jpg  この事件は大きな後遺症を遺し、昭和史の分水嶺となりました。この事件以降、テロを恐れるあまり政治家たちが反軍的な言動を差し控える風潮が広がり、新聞社たちまでも軍政志向への翼賛記事を書き始めます(マスコミは相変わらずですね)。
 日本は陸軍統制派による軍閥政治へと大きく傾いていきます。

 五・一五事件の犯人たちは軍法会議にかけられたものの軽い刑で済み、数年後に全員が恩赦で釈放され、満州や中国北部で枢要な地位についたというから推して知るべしです。

 そしてこの現職総理を殺した反逆者やそれを焚きつけたテロリストらに死刑も適用しなかったことが、さらに大掛かりな二・二六事件の遠因となったとも言われています。

 今の時代にも党利優先での考え方は国を亡ぼす要因になると思います。政治家は、個人においては無私、党においては無欲というスタンスで日本という国のために働いて欲しいですね。

 そして、奇しくも本日は「沖縄本土復帰記念日」でもあります。日本国家の主権回復の日と同様、盛大にお祝いしたらいかがでしょうか。
 そして沖縄が日本であるということをしっかりと認識するよい機会であると思います。
案の定、中国は虎視眈々と沖縄の切り離し工作にかかっているのですから。


→沖縄の帰属問題は未解決?日本側の抗議にも「一切受け付けない」―中国外交部



関連記事

テーマ : 憂国
ジャンル : 政治・経済

【5月14日】種痘記念日と天然痘



Edward_Jenner.jpg
エドワード・ジェンナー(ウィキペディア)

 本日は、「種痘記念日」です。

 1796年の5月14日のこの日、イギリスの外科医エドワード・ジェンナーが初めて種痘の接種に成功したことから種痘記念日とされています。

 種痘の登場以前は、天然痘
は最も恐ろしい病気の一つでした。その大きな感染力、致死率(諸説あるが40%前後とみられる)のため、時に国や民族が滅ぶ遠因となった事すらあったそうです。

 発症すると、高熱に引き続いて、全身に化膿性の発疹ができるため、運良く治った人もあばた面になったので、治ったとしても一生引きずる恐ろしい病気でした。

 しかし、経験上、一度天然痘にかかった人は、二度とこの病気にかからないことが知られていました。
 そのため西アジア・インド・中国などでは、天然痘患者の膿を健康人に接種し、軽度の発症を起こさせて免疫を得る方法が行なわれていそうです。
 この人痘法は18世紀前半にイギリス、次いでアメリカにももたらされ、天然痘の予防に大いに役立ちましたが、しかし、軽度とはいえ実際に天然痘に感染させるため、時には治らずに命を落とす例もありました(統計では2%ほどが死亡しており、安全性にはまだ問題がありました)

 18世紀半ば以降は、人ではなく、牛の病気である牛痘(人間も罹患するが、瘢痕も残らず軽度で済む)にかかった者は天然痘に罹患しないことも分かってきました。

 その事実に注目し、研究した人がエドワード・ジェンナーです。
 ジェンナーは、乳絞りの女性から牛痘にかかると天然痘には罹からないことを聞いていました。そこで、牛痘にかかった乳絞りの女性サラ・ネルムズの手の水疱からとった膿を、近所に住んでいた8歳の男児フィップスの腕に接種したのです。フィップスは、10日後に発症しましたが、すぐに治癒し、その後天然痘を接種しても感染しませんでした。
 また、この実験は、学会には認められなかったが、ジェンナーは貧しい人たちに無料で種痘の接種を行い、次第に認められるようになっていきました。
 1798年、ジェンナーは、天然痘ワクチンを開発に成功し、それ以降は急速に流行が消失していったのです。

 天然痘による死亡者は劇的に減少し、1979(昭和54)年10月末に世界保健機構(WHO)によって根絶が確認されました。天然痘は、人間に感染する感染症で人類が根絶できた唯一の例であるそうです。
 
 病原体の毒を取り除いたもの、あるいは弱めたものを体内に入れることで逆に免疫を生み出し、病気に負けない体をつくるという方法ですが、人間の身体って凄いですよね。

【1000円以上送料無料】Medicine 医学を変えた70の発見/WilliamBynum/HelenBynum/鈴木晃仁

Medicine 医学を変えた70の発見【送料無料】
価格:4,200円(税込、送料込)

【送料無料】日本人いのちと健康の歴史(1)

日本人いのちと健康の歴史(1)【送料無料】
価格:2,500円(税込、送料込)


関連記事

テーマ : 科学・医療・心理
ジャンル : 学問・文化・芸術

【5月13日】千日デパート火災とそれにまつわる怪談



21.jpg
 管理人には大阪の知り合いが何人もいます。
 その知り合いの大阪人たちはもちろん、ちょっと年配の方なら
千日デパート火災事件はみんな知っています。そして、それにまつわる怖い話も一度は聞いたことがある「千日デパートにまつわる怪」・・・。
 今回は怖くても悲しい話をご紹介・・・。


 
千日デパート火災とは、1972年(昭和47年)5月13日、大阪市南区(現在の中央区)千日前の千日デパートで起きた火災です。死者118名・重軽傷者78名、日本の沖縄の復帰を間近に控えた日本のビル火災史上最悪の大惨事でした。

 1~2階が千日デパートで、3〜6階がスーパーやゲームコーナー、そして7階がキャバレーで、地下1階はお化け屋敷と喫茶店という雑居ビル状態でした。
 出火の原因が改装中のフロアでの電気工事関係者のたばこの不始末。エレベータは火災による影響で停電になり停止、スプリンクラーも未設置で非常誘導路にも間切りがされていて建築基準法にも不適合という状態での事故でした。

 7階の客や従業員たちで、逃げ場のなくなった中には窓ガラスを割り、15m下の地上目掛けて飛び降りた方々もいましたが、その多くは全身挫傷や頭蓋骨骨折などで死亡し、飛び降りなかった客の多くも一酸化炭素中毒で窒息死し96名が7階フロアで折り重なるように倒れていたといいます。
 テレビ中継もされていて、飛び降りで地上に落ちた音なども茶の間に流れてかたずを飲んでTVを見ていたお父さん、お母さんも多いと思います。


 そんな衝撃的な事件でもあったことから、様々な怪談話が地元から流れてきました。(ソースは2chとネトラジ、怪談本です)

【千日前という名の由来】

 その前に、この「千日前」という地名の由来ですが、大阪七大墓所の一つで、無縁仏たちの供養のための読経がずっと鳴りやまなかったことからついているそうです。
 また、千日デパートの場所は死刑場であったのも江戸時代の地図からも判明しております。千日デパート自体も西墓地の場所でもあることから、因縁深い土地であることだけは確かなようです。

↓ビックカメラの場所が千日デパートの場所です。(目の前、刑場)
sen111-02s.jpg

それでは、千日前にまつわる怪談をどうぞ。

続きを読む

関連記事

テーマ : 怪談
ジャンル :

【5月12日】ナイチンゲールと看護の日



456px-Florence_Nightingale_CDV_by_H_Lenthall.jpg
Florence Nightingale

 
5月12日の本日はナイチンゲールデーと言われています。

 看護で有名な
フローレンス・ナイチンゲール(Florence Nightingale、1820年5月12日 - 1910年8月13日)の生誕にちなんで、世界各国でも看護の日が制定されています。


 ナイチンゲールは、イギリスの看護婦で、社会起業家、統計学者、看護教育学者。近代看護教育の生みの親といわれており、病院建築でも非凡な才能を発揮しました。

 伝記ではクリミア戦争での負傷兵たちへの献身で、「クリミアの天使」と呼ばれていました。
 当時の看護婦とは地位が低く、蔑まれていた職業だったのですが、ナイチンゲールのおかげでその地位と重要性が一気に高まりました。
 ナイチンゲールの指導の甲斐もあり、2月には約42%まで跳ね上がっていた死亡率は 4月に14.5%、5月に5%になり一躍注目を浴びますが、その後は、ナイチンゲールを快く思わない人たちの妨害やらで心労することになります。
 
 このような精力的な活動のイメージがあるナイチンゲールですが、実は、ベットに伏している期間の方がずっとずっと長い方です。

 クリミア戦争に従軍してした37歳(1857年)の時に心臓発作で倒れてしまい、その後は慢性疲労症候群に由来すると考えられる虚脱状態に悩まされたそうですから、実際に自らが活躍した期間は短かく、その後約50年間はほとんどベッドの上で過ごし、本の原稿や手紙を書くことが活動の柱となったそうです。

800px-Nightingale-mortality.jpg
 今もよく見る円グラフなどはナイチンゲールが考案(もしくは普及させた)とのことです。
 反対派の印象操作を防ぐために統計をより効果的に見せるために様々な創意工夫をした、そのひとつなのでしょう。


白衣の天使とも言われるナイチンゲールですが、その実態は非常に厳しい人であったようで、同じ看護婦たちは過労でバタバタと倒れたり、ノイローゼになる始末だったようで、自分にも厳しく他人にも厳しいプロの方であったようです。

 ナイチンゲールと妨害を続ける周囲の話を読むと、小学生の頃に読んだ伝記のイメージとはかなり異なりますが、大人の社会ってやっぱりこうなのでしょうね。



関連記事

テーマ : 科学・医療・心理
ジャンル : 学問・文化・芸術

【5月11日】ノモンハン勃発!



Japanese_soldiers_cross_Khalkhyn_Gol_river_1939.jpg
渡河作戦行動中の日本兵(ウィキペディア)

 1939年5月11日
(昭和14年)の今日、ノモンハン事件が勃発しました。

 この事件は、大東亜戦争の開戦に先立つ2年前の満州国とモンゴル人民共和国の間の国境線をめぐって発生した日ソ両軍の国境紛争事件で日本軍が敗れた事件として記録されています。

 戦車などの機械化部隊に対して陸戦装備の貧弱な日本軍が2万人近い犠牲者を出した・・・。日本軍がコテンパンにやられた事件として管理人は教えられた記憶がありますが、実態はそうではなかったのではないかという議論が近年起きています。

 それはソ連側から新しい資料が出てきており、それによると

 日本軍 死傷者 約19,000人
    重砲  全門喪失
    戦車  約30両  
    航空機 約180機

 ソ連軍 死傷者 約24,000人
    戦車・装甲車  約400両  
    航空機 約350機

 とソ連の方が圧倒的に損害を受けています。
 とはいうものの最終的に10倍近い兵力を備えたソ連の損失と物資で弱い貴重な戦力を失った日本軍ですから、数字だけでは分からないものがありますが。

 航空戦においては最新鋭の
九七式戦闘機がソ連のI-15I-16を圧倒的に蹴散らし圧倒的優位でしたが、貴重なパイロットも損失し多くの教訓も残しています。

 管理人的には、太平洋戦争下の日本軍のように、兵力、武器、補給の面で圧倒的優位に立っていたソ連軍に対して、ねばり強く勇敢に戦った、勝ってはいなくてもソ連軍の圧倒的・一方的勝利であったとは断定できないと思います。

 また、ノモンハン事件自体の本来の戦争目的からすると、互いの主張する国境線を巡って戦われた戦争で、日本軍は日本側の主張する国境線から、南部地域を除いてソ連側の主張する国境線まで押し出されて停戦したのであるから、戦争目的を達成したソ連が、達成できなかった日本に勝利したと見るのが妥当なところなのでしょうか。
 事件後、関東軍首脳が更迭されていることからも日本軍自身も敗北だと考えていたのは間違いないと思います。
 日本軍は、戦術的には勝利するものの戦略的には敗北したとみるのが妥当なところかもしれません。

 しかし、もっと大きな視点で、ノモンハン事件の背景まで考えると、モンゴル人を大量に粛正して、満州を攻め取ろうと画策していた30万人のソ連軍をわずか3万人の日本軍でその時点でくい止めたのですから、ソ連の宿願である南下政策自体をこの事件をきっかけに完全に止めたのではないかと思います。

 それは、太平洋戦争の終戦直前に参戦したソ連が、すでに装備も武器もほとんどないボロボロの関東軍の攻略のために、120万もの大軍を動員して派遣していることからみても、スターリンが、どれだけ日本軍に対し警戒していたのがが分かると思います。
 現場から遠く離れた官僚たちの問題はさておき、勇敢に戦った最前線の兵士たち、私たちのご先祖たちに感謝したいと思います。



関連記事

テーマ : 軍事・平和
ジャンル : 政治・経済

【5月10日】葛飾北斎と浮世絵




800px-The_Great_Wave_off_Kanagawa.jpg


 本日5月10日は江戸の浮世絵師、葛飾北斎の命日です。(宝暦10年9月23日<1760年10月31日>生? - 嘉永2年4月18日<1849年5月10日>)

 代表作に『富嶽三十六景』や『北斎漫画
』があり、世界的にも著名な画家でよね。

 1999年のアメリカの雑誌『ライフ』の企画で「この1000年で最も重要な功績を残した世界の人物100人」で、日本人として唯一86位にランクインしたということですから世界的な芸術家に匹敵する才能の持ち主であったといえます。
 また、生涯に3万点を超える作品を発表したというから驚きです。88歳で亡くなっていますから、6歳から亡くなるまで、一日一枚を欠かさずに描き続けたことになります。
 ピカソもそうですが、名のある芸術家はエネルギッシュに創作活動をする方が多いと思います。世の中で言うと奇人変人に入る部類の人も多いようですが(笑)

 そんな北斉ですが同時代の謎の浮世絵師、写楽ではないかという説もあるようです。
 有名なのは、東北大学名誉教授、国際美術史学会副会長の
田中英道氏の説です。
(『実証 写楽は北斎である―西洋美術史の手法が解き明かした真実』祥伝社、2000年8月刊)
田中氏の論にはかなりの説得力を感じますが、浮世絵の世界では西洋美術の専門家の主張ということで、無視されているようです。

 また、北斎の名前は「アホくさい」から取ったとも言われてますので、写楽斎の「しゃらくさい」との関連性も感じます。
 現在では、斎藤十郎兵衛だとする説が有力だそうで。真相はどうなのでしょうか。気にはなりますが、写楽は写楽でその素晴らしさを鑑賞したいですね。

 北斉晩年の絵が堪能できます。凄い迫力です。

 →「幕末ガイド」さまのサイト「これが88歳の作品!葛飾北斎が老いてから描いた画が強烈すぎる」





関連記事

テーマ : 浮世絵
ジャンル : 学問・文化・芸術

【5月9日】アイスクリームの日!



アイスクリーム

 5月9日
アイスクリームの日です。

 社団法人日本アイスクリーム協会
が1965年に制定しました。
 この日にした由来ですが、1869年に町田房蔵が横浜の馬車道通りに開いた「氷水屋」で日本初のアイスクリーム「あいすくりん」が製造・販売された日であるという説が一般に流布しているためです。

 このアイスクリームですが、7、8月に一番売れるのですが、年間での一世帯当たりのアイスクリーム支出金額が一番高い都市はどこかご存じでしょうか?

 それは、石川県の金沢市(都道府県県庁所在都市別)で、日本全国で唯一、一世帯当たりのアイスクリーム支出金額が1万円を超えています。
 第2位が9,090円の福井県の福井市ですので、両都市とも日本海側なんですね。何ででしょうか?
 世界で見るとアメリカがダントツ第1位で日本は12位でした。アメリカは甘いものがすきなようで。

→アイスクリーム統計情報

個人的には、6月下旬か、7月にアイスの日だった方が盛り上がる気がします。今日から夏だぁ〜という感じで(笑)

それ以外の記念日です。


●メイクの日→Japan Make-up Artist Network (JMAN) が制定。メイ (May) ク (9) の語呂合わせから。

●黒板の日→全国黒板工業連盟が2000年7月に制定。「こ (5) く (9) ばん」の語呂合せと、明治初頭にアメリカから黒板が初めて輸入されたのがこの時期と言われていることから。


●呼吸の日
→NPO日本呼吸器障害者情報センターが制定。「こ (5) きゅう (9)」の語呂合せ。

●ゴクゴクの日→おいしい飲み物をゴクゴク (5959) 飲み、かつ、水資源に恵まれない地域でも水をゴクゴク飲めるよう水環境について考えようという日。

アイスクリームギフトセット 12個入り

アイスクリームギフトセット 12個入り



関連記事

テーマ : アイスクリーム
ジャンル : グルメ

【5月8日】ヨーロッパ戦勝記念日



641px-Churchill_waves_to_crowds.jpg
民衆に応える英国首相チャーチル

 1945年5月8日
のこの日は第二次世界大戦におけるヨーロッパ戦勝記念日になっています。この前日、ドイツのアルフレート・ヨードル上級大将がアイゼンハワーの司令部に赴き、第二次大戦の無条件降伏文書に署名しました。この時の署名によってヨーロッパ戦線が終結し、8日をもってヨーロッパでの全ての戦闘を停止しました。ソ連への降伏は5月9日となっています。

 この時点でヒトラーは既に自殺、彼の後をついで指導者となった
デーニッツ海軍元帥は仮政府を樹立し、連合国との降伏交渉を開始したのですが、実はこの前からゲーリングら幹部たちが降伏しようとする動きがあったそうで。ヒトラーが生きている間は降伏交渉ができなかったことが、日本と違い、国土が徹底的に破壊されてしまった結果を生み出してしまったように思います。

 1939年9月1日。ポーランド侵攻作戦から始まったとされる
第二次世界大戦
ですが、6年近い戦いの中、人類史上かつてないほどの物資、人材を投入し多くの犠牲者を出しました。

 太平洋側での戦線は、日本が最後の抵抗をしている最中であり、完全な戦争終結まではあと3ヶ月かかることになります。

 欧州では、第一次世界大戦の戦後処理のまずさが第二次世界大戦を生み出してしまった経緯もあるので、二度とこのような大きな戦争がおきないように各国が努力していかねばなりません。
 戦争は災害と違い、人間の智慧と努力でくい止めることができますから。
 もっとも日本だけが平和を求めていても、攻められてきたらどうしようもありません。
 最近のアジアの情勢を見ていると不安になりますね。
 安易な「平和教育」こそ危険であると思います。

Amazonのロングセラーです。今の日本がかなり危険なことが分かる日本人必読の書


関連記事

テーマ : 戦争
ジャンル : 政治・経済

【5月7日】モーツァルト暗殺の犯人?アントニオ・サリエリ



463px-Joseph_Willibrod_Mähler_001


 1825年5月7日
の今日は、モーツァルトと同時代に生きた、イタリアの作曲家、アントニオ・サリエリ(Antonio Salieri、1750年8月18日 - 1825年5月7日)の命日です。

 死後はその名と作品を忘れられておりましたが、戯曲『アマデウス』とその映画「アマデウス」で有名になり、知名度が上昇、その音楽が見直されています。
なんで知名度があがったかというと、モーツァルト暗殺の謎の主人公として描かれていたからです。

 実際に、サリエリが当時の若きモーツァルトの才能に嫉妬していたのは確かなようで、当時の新聞にもその事がスキャンダルとして書かれていたので多くの人々に知られていたことなのでしょう。「モーツァルトが変な死に方をしたら犯人はサリエリだ」とまで言われていたそうです。
 本当にモーツファルトが変死したことからサリエリは多くの人に疑われ、本人はノイローゼになってしまったと言いますから、善良な人であったとは思います。

 また、サリエリはイタリア出身の音楽家で、本場イタリアから見ると、当時のドイツ語圏の音楽は下に見られていました。そのようなプライドもあったのかもしれません。
 しかし、神聖ローマ皇帝・オーストリア皇帝に仕えるカペルマイスター(宮廷楽長)としてヨーロッパ楽壇の頂点に立つ人物であり、また
ベートーヴェンシューベルトリストらを育てた名教育家でもありました。

  現在ではサリエリの性格や暗殺までの根拠も薄いことから否定されているようです。

 それよりも、サリエリ以外にも浮気していた妻の暗殺説、フリーメイソン暗殺説など様々な憶測も出ています。話をややこしくしているのは死因だけでなく、葬式の仕方もかなり怪しかったそうで。

 面白い記事をみつけましたので興味のある方はどうぞ。
『モーツァルト殺害の真犯人は誰か?』

 それにしてもサリエリにとっては、モーツァルトが生きている時も死んだ後も悩まされることになり、かわいそうな方でありました。




関連記事

テーマ : ネタ
ジャンル :

【5月6日】ヒンデンブルク号爆発事故と飛行船



788px-Hindenburg_burning.jpg

 今日から仕事の方も多いと思います。疲れも残っているかと思いますが、すぐ土日になるので、しっかり疲れをとりましょう^^

 さて、1937年の5月6日
のこの日は、ヒンデンブルク号爆発事故が起きました。これは1912年4月14日に起きたイギリスの豪華客船タイタニック号沈没事故、1986年1月28日に起きたアメリカ・スペースシャトル・チャレンジャー号爆発事故などとともに、20世紀の世界を揺るがせた大事故のひとつとして数えられています。

 ヒンデンブルク号が竣工していた当時のドイツですが、すでにナチスの政権下にありましたので、この飛行船も国威掲揚のひとつとして大々的に利用されていました。

 フル稼働した最初の年である1936年は、アメリカ合衆国へ10回、ブラジルへ7回、計17回の大西洋横断往復飛行を行いました。1936年7月には、5日19時間51分という、大西洋往復飛行記録も樹立しています。

 しかし、1937年の5月6日、アメリカのイクハースト海軍航空基地に着陸準備をしている最中、高度200mで突如、発火、炎上します。僅か37秒で完全に炎に包まれたと言いますから、あっという間の出来事だったといえます。これにより乗員・乗客35人と地上の作業員1名が死亡しました。

 火災の原因は、陰謀説(映画にもなりました)や、水素ガスの漏洩などの事故説など様々な議論が起きましたが、現在では、静電気の火花が船体の外皮の塗料に引火したのではないかという説が有力だそうです。

 この事故により、大型硬式飛行船の安全性に疑問が持たれ、飛行船の時代は終わりましたが、しかし、現在は安全性も向上し、見直しがはかられており、ゆっくりと飛行するので、広告・宣伝にはピッタリであること、また空輸にしても、長い滑走路がいらないこと、ソーラパネルなどによる推進も可能なエコの面からも見直しがされているそうです。
 別に急いで運ばなくてもいいものは太陽電池の飛行船でゆっくりと安く運べるという選択肢があるのもいいですね。





2013年の2月公開の映画です。

こちらの映画も有名でした。





関連記事

テーマ : 歴史大好き!
ジャンル : 学問・文化・芸術

【5月5日】こどもの日は記念日が沢山



a0150_000129.jpg

 5月5日の今日は、こどもの日ですね。祝日法2条によれば、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」ことが趣旨であるとあります。なぜ父はないのか不思議ですが(笑)1948年に制定です。こいのぼりを上げる家も少なくなってきている感じがしますが、田舎の農家ではまだまだ立派なこいのぼりが目を楽しませてくれます。

 それ以外にも日本だけでもこんなに記念日があります。


おもちゃの日 日本玩具協会・東京玩具人形問屋協同組合が1949年に制定。端午の節句に因み、おもちゃや人形のPRの為に設けられた。

子供へ本を贈る日
〜 書籍取次のトーハンが制定。

手話記念日
日本デフ協会が2003年に制定。手話が左右の五本指を使うことから。

自転車の日
〜自転車月間推進協議会が1998年に制定。5月の自転車月間の中の祝日を自転車の日とした。

薬の日
全国医薬品小売商業組合連合会が1987年に制定。611年(推古天皇19年)のこの日、推古天皇が大和の兎田野で薬草を採取する薬狩りを催し、これから毎年この日を「薬日(くすりび)」と定めたという故事に因むそうです。

フットサルの日〜 フットサルに関する事業を行う株式会社エフネットスポーツが制定。フットサルが5人対5人で行うスポーツであることから。

レゴの日〜デンマークのプラスチック製ブロック玩具・レゴの日本法人であるレゴジャパンが制定。「0505(レゴレゴ)」の語呂合わせによるもの。


どれも興味深い記念日ばかりです。
こどもの日を中心に、おもちゃのレゴを贈ったり、本をプレゼントしたり、こいのぼりを上げたり、子供とフットサルや自転車に乗ったり、手話を習ってボランティアに参加してみたりと、色々と思い出ができそうです。

レゴ通販売れ行きNo.1です。



折りたたみ自転車売れ行きNo.1



続きを読む

関連記事

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

【5月4日】みどりの日には外出を



a0002_009075.jpg

 本日、5月4日みどりの日ですね。

 1989年〜2006年までは4月29日でしたが、昭和の日
の制定によりこの日に移りました。私たちとすれば、休日が減ることがなくてよかったということですね。

 名前の由来ですが、「昭和天皇は植物に造詣が深く、自然をこよなく愛したことから 『緑』にちなんだ名がふさわしい」という主旨の意見が多数を占めたからであるとされています。

 休みの真ん中ということもありますので、お出かけにはちょうどいい日ですね。
思い切り遊んでも明日も休みというのはうれしいものです。



関連記事

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

【5月3日】憲法記念日に考える



a0006_001497.jpg

 5月3日
の今日は「憲法記念日」で祝日ですね。
 GWのスタートということですが、これを機会に憲法について考えてみるのも良いと思います。

 最近は、安倍内閣が憲法改正に向けての動きが出ていて、護憲派と改憲派との議論も盛んになってきています。

→憲法改正論議

 また日本国における憲法の改正手続についての
憲法96条
の議論も盛んです。
 論議は多いに結構ですが、内容うんぬんではなく、人格攻撃をしてくる論調や勢力は非常に胡散臭さを感じます。
 特に独裁者とか、ヒトラーなどのレッテル貼り攻撃は、不快に感じますね。

 こういう議論の中身よりも、人格攻撃をしてくる勢力の語る内容については一切信用しないことにしています。
 また、その議論を進めることにより、誰が利得を得るのかという、思想の背後を知ることも大事ですね。


 現在の世界情勢を踏まえ、冷静に議論を進めて欲しいものだと思います。

無料です。入れておくのも良いかも!


今の日本に大切な一冊。軍事、Amazonで、国際情勢部門ともに売れ行き5位



関連記事

テーマ : 本日のニュースより
ジャンル : 政治・経済

今日は何の日?カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
こんな記事もあります
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
今日何の日?
こちらにも記念日があります。
PR