ƒ 2017年03月23日 - 今日は何の日?話のネタブログ

今日は何の日?話のネタブログ

今日という日を過去の出来事や著名人の誕生日など、様々な角度からピックアップしています。話のネタにどうぞ。

 

2017年03月23日

プロフィール

onemoreネタ

Author:onemoreネタ
今日という日の歴史的な出来事、事件、人物などを語るブログです。話のネタやブログのネタにどうぞ。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村
カテゴリ
今週の人気記事ランキング
おすすめ
楽天トラベル
i2i
スワップ金利
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
こちらのサイトを参考に作成しております。

【3月23日】西行の命日に想う




374px-西行法師

 本日は、西行の命日になります(元永元年(1118年) - 文治6年2月16日(1190年3月23日))。

 平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての武士・僧侶・歌人とありますが、歌人として有名ですよね。
 しかし、藤原秀郷を祖とした武門の家系ですので、文武両道の方だったようです。
 北面武士としての同僚には彼と同い年の平清盛もいました。
 文武両道で美形。華やかな未来は約束されていましたが、 22歳の若さで出家してしまいます。
 理由には知人の死、失恋など様々な説がありますが、本当の理由は個人の胸の中かもしれません。

 『
新古今和歌集』には最多の94首が入選しています。
 宮廷を舞台に活躍した歌人ではなく、日本各地を旅をしながら、山里の庵の孤独な暮らしの中から歌を詠んだと言われています。

 また後年には、東大寺再建の勧進のために奥州へ向かい、その途中で平家を亡ぼした源頼朝とも面会しております。かつての仲間たちを亡ぼした敵の御大将との面会はどうだったのでしょうか。

 激動の争乱の時代を生き抜いた西行法師ですが、
その詠んだ歌は、後の松尾芭蕉に多大な影響を与えています。

 この平安から鎌倉へと移る時代は、仏教的精神が日本に定着した時期でもあり、数多くの文学作品も生まれています。

 貴族の貴族であり、武人としても活躍した西行ですが、かつての栄華を誇った仲間たちが死んでゆく、この世の
諸行無常の流れの中でなにを想ったのでしょうか。

 この日、まもなく来る春を前にして西行はこの旅の終焉を迎えました。

 ねかはくは 花のしたにて 春しなん そのきさらきの もちつきのころ (山家集)


【送料無料】西行

【送料無料】西行
価格:2,415円(税込、送料込)



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

今日は何の日?カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
こんな記事もあります
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
今日何の日?
こちらにも記念日があります。
PR