ƒ 【6月3日】ムーミンと都市伝説 - 今日は何の日?話のネタブログ

今日は何の日?話のネタブログ

今日という日を過去の出来事や著名人の誕生日など、様々な角度からピックアップしています。話のネタにどうぞ。

 
プロフィール

onemoreネタ

Author:onemoreネタ
今日という日の歴史的な出来事、事件、人物などを語るブログです。話のネタやブログのネタにどうぞ。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村
カテゴリ
今週の人気記事ランキング
おすすめ
楽天トラベル
i2i
スワップ金利
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
こちらのサイトを参考に作成しております。

【6月3日】ムーミンと都市伝説




ムーミン

 本日6月3日は日本のムーミンの日でした。"でした"と過去形なのは、現在ではムーミンの日は別の日になっているからです。
Tove_Jansson_1956.jpg フィンランドの女性作家、トーベ・ヤンソン(右人物)作の「ムーミン」を愛する日本のファンらが「ムー(6)ミン(3)」の語呂合せで制定したのですが、ムーミン誕生60周年の2005年に「全世界に通用する記念日を」との見解から、作者のトーベ・ヤンソンの誕生日である8月9日が世界共通の公式なムーミンの日となり、6月3日の日本のムーミンの日は廃止されました。
 
   ムーミンは「ねえ、ムーミン、こっち向いて」で始まるアニメや絵本などで日本でもよく知られていますが(古いかも?)、アニメ、小説、コミックが紹介されています。

 ちなみにこのトーベ・ヤンソンは日本嫌いで知られています(笑)。アニメの「楽しいムーミン一家」も作者の意向に反した内容で、かなりお怒りだったそうです。

 そういえば、ムーミンってなんの動物だったのでしょう?そしてやたら含蓄のある深いセリフのスナフキン、そして子供だか、おばあちゃんだか分からない女の子も登場して、日本のアニメとは違う不思議な世界の物語だったように思います。今回は、そんなムーミンにまつわる都市伝説を。

その前に主なキャラクターを紹介。

ムーミン_01 
ムーミン

物語の主人公です。
カバかと思ったらトロールという妖精だそうです。
フィンランドのどこかにあるムーミン谷で暮らしています。
シルクハットをかぶったムーミンパパと腰巻きエプロンのムーミンママがいます。

スナフキン
スナフキン

自由と孤独、音楽を愛するかっこいい旅人です。
よく旅をしています。
春にムーミン谷に戻ってきて含蓄のかる言葉を語ります。




ムーミン_02

ミイ

タマネギのように結った髪型が特徴のミムラという生き物だそうです。
おばあちゃんだか、
子供だかよく分からない風貌をしています。
ちょっと生意気。

クネクネ


ニョロニョロ

身体が細く白く、にょろにょろしているのでニョロニョロと呼ばれています。
お化け?2
ch都市伝説板では、見たら気が狂う
クネクネではないかと噂されています。


どうでしょうか?昔、アニメを見てた方も思い出してきましたでしょうか。それでは都市伝説をどうぞ。


●ムーミン一家の正体は、「ムーミントロール」という妖精ではなく、カバが放射能の影響で知能を持ってしまった、突然変異のミュータントだった。

なんか急に近未来的になりますね。


●この話は、世界を巻き込んだ核戦争後を描いたもので、既に人類は死滅しているという設定がある。


このムーミンの第一作の小説が発表されたのがちょうど1945年の戦争の終結の年だからでしょうか。都市伝説の多くはこのように核戦争を思わせるものが多いです。


●スナフキンは退役軍人であり、作中でよく旅をしているのは、はぐれてしまった軍隊を見つけるため。


戦争終結間もない作品であることから軍人っぽい感じが漂いますね。


●スナフキンは唯一生き残った人間で、核戦争という人類の過ちの結末を見届ける宿命を負っている。


これも核戦争を示唆していますね。世捨て人のような哲学的な言葉が多いのは、核戦争の生き残りだからでしょうか。

●ミイなどのミムラ一族は未来人の生き残り。


これは、核の放射能の影響で年をとらなくなった説と、ミイは戦争で多くの人が死んだことでショックを受けて成長が止まってしまった説があります。どちらも怖いです。



ムーミン谷 ●小説の最後はでムーミン谷のみんなが冬眠に入るのは、核の冬によるもの。

核の冬がついにムーミン谷にもやってきて、みんな最後は死んでしまうのが小説で暗示されているのではないかという話です。そういえば、ムーミンたちだけでなく、ミイやミムラもみんな冬眠するのは核の影響で死んでいくことを暗示しているのでしょうか・・・・。

このように全体的に、核戦争に関係した都市伝説が多いです。

 まとめると、ムーミンの世界とは核戦争で人類が地上から姿を消した後の世界を描いたものであり、ムーミン谷は地上で唯一放射能汚染を免れた場所なのだと・・・。
 そして、ムーミンとその仲間達は、放射線の影響で突然変異したカバのミュータントである。
また、唯一の人間であるスナフキンは人類最後の生き残りで退役軍人。人類が犯した過ちの結末を見届ける宿命を背負わされた生き残りである。そして最後はムーミン谷にも放射能がやってきて、核の冬によりみんな死に絶えてしまう・・・・・・。怖いです。そして陰惨です。


こちらのサイトさまから引用しました。全部見たいからはこちらでご覧出来ます。

→「ムーミン」の都市伝説、噂を集めてみた。


最後に管理人の今回の発見を。
このムーミンの記念日ですが、6月3日から8月9日になりました。この日は奇しくも日本の長崎に原爆が落ちた日でもあります。
トーベ・ヤンソンの誕生日との事ですが、「核の冬を描いているのでは」という都市伝説とも符合するようで・・・。うーん。

→ムーミン公式サイト

"大切なのは、自分のしたいことを自分で知ってるってことだよ" 〜スナフキンの名言が心に染みる。
→スナフキン名言集(NAVERまとめサイト)


【Amazon】トーベ・ヤンソンの書籍はこちらからご覧いただけます

ムーミンのふしぎ (講談社の創作絵本)

新品価格
¥1,470から
(2013/6/3 05:18時点)


ムーミンのともだち (講談社の創作絵本)

新品価格
¥1,470から
(2013/6/3 05:18時点)


1000ピース ムーミン谷地図・2 AS-1000-194

新品価格
¥1,764から
(2013/6/3 05:20時点)



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 都市伝説・噂話
ジャンル :

コメントの投稿

秘密

   
今日は何の日?カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
こんな記事もあります
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
今日何の日?
こちらにも記念日があります。
PR