ƒ 【6月19日】エースパイロットのエンブレムとフェラーリとの関係 - 今日は何の日?話のネタブログ

今日は何の日?話のネタブログ

今日という日を過去の出来事や著名人の誕生日など、様々な角度からピックアップしています。話のネタにどうぞ。

 
プロフィール

onemoreネタ

Author:onemoreネタ
今日という日の歴史的な出来事、事件、人物などを語るブログです。話のネタやブログのネタにどうぞ。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村
カテゴリ
今週の人気記事ランキング
おすすめ
楽天トラベル
i2i
スワップ金利
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
こちらのサイトを参考に作成しております。

【6月19日】エースパイロットのエンブレムとフェラーリとの関係




800px-FBaracca_1.jpg  
フランチェスコ・バラッカ伯爵

 6月19日は第一次世界大戦のイタリアのエースパイロット、フランチェスコ・バラッカ中佐(Francesco Baracca, 1888年5月9日 - 1918年6月19日)の戦死した日ですが、このバラッカの機体につけていたエンブレムと自動車の名門フェラーリにまつわる話を。

Cap 41

バラッカ少佐(最終階級は中佐)の愛機 スパッドXIII


 高級車で知られる
フェラーリのエンブレムですが、「跳ね馬」のデザインが有名ですよね。この紋章はイタリア語で「カヴァッリーノ・ランパンテ」といいます。
 しかし、このデザインはドイツの
ポルシェとも似ています。このポルシェの跳ね馬は、ポルシェの本拠地であるシュツットガルト市の紋章が由来。これは間違いのない事実だそうです。
 ライバル同士なのになぜか同じ跳ね馬のエンブレム、そこには何か関係があるのか気になるところです。

Porsche_logo_20130620060152.jpg
左からフェラーリのエンブレム、シュトゥットガルト市の紋章、ポルシェのエンブレム

 さて、フランチェスコ・バラッカという人ですが、1888年、イタリア人貴族であるエンリコ・バラッカ伯爵の子息として生まれます。乗馬は貴族のたしなみ、軍人は貴族の努めですので、バラッカもはじめは騎兵将校になります。しかし当時の最新鋭の乗り物である飛行機に興味を持ち、フランスのランスで飛行機乗りになる為の訓練を受け、イタリア航空隊に所属することになりました。

 このように当時のヨーロッパの飛行機乗りたちは、騎兵隊出身の兵隊が多かったようです。
 これは、フランスなど、騎兵は偵察、並びに決戦兵科に属していましたので、馬の代わりに空を飛ぶ乗り物で遠くまで早く偵察ができるというのがその理由でもありました。また突撃の主役も馬から戦車に代わりました。

 第一次世界大戦は「馬と鉄砲で始まり、戦車と戦闘機で終わった戦争」と言われます。この戦争によって兵器の性能が大きく進歩しました。戦争は命がけですから科学力も飛躍的に進歩させてしまうのですね。

 そんなバラッカ少佐ですが、第一次世界大戦では、最初は偵察部隊での任務から戦闘機乗り、指揮官として活躍します。

 バラッカ少佐の率いる第91飛行隊部隊はエースパイロットがいるエース中隊として有名になっていきます。
 このバラッカ中佐が最初に所属していた騎兵隊の名称ですが、日本では「陸軍第11山岳騎兵連隊」ということで知られています。ウィキペディアでもそうなっています。
 しかし、これは誤りのようで、こんな部隊は存在していなく、現地のランチェスコ・バラッカ博物館にある履歴では、「第2騎兵連隊 ピエモンテ」が正解のようです。

→Sito Ufficiale Museo Baracca Francesco

 これはピオモンテという地名のPiemonte→Monte=山と誤認、山岳騎兵隊としてしまったようです。もしくは、ピエモンテの人は伝統的に山岳歩兵隊に入る人が多いらしいのでココらへんで混同して間違えたのか?2という数字もローマ数字のⅡを数字の11と間違えたという感じですね。ウィキペディアの鵜呑みは気をつけましょう。

 第2騎兵連隊のエンブレムにも跳ね馬が描かれていますね。 
Cap 40 愛機のエンブレムでは跳ね馬のみを大きく描いていますので、まるごと採用した訳ではないようです。

 ランチェスコ・バラッカ少佐は、6月19日に戦死するまでに最終撃墜数34機を果たし、イタリア空軍最高のエースとなり国民的英雄となりました。

 さて、フェラーリとの関係ですが、創立者である
エンツォ・フェラーリアルファロメオ
のレーシングドライバー時代に初優勝した際にバラッカ少佐の母親から贈られたものだというのが公式だそうです。

 これもウィキペディアを見ると諸説が出ていますが、兄アルフレードがバラッカ中佐の第91中隊所属していた縁もあったという説は、兄ではなく息子の名前です。(兄はディーノ)

 「英雄の母親とはいえ息子の部隊章の使用許可を与える権限はなく、この話はエンツォの創作ではないか」と考察している説
(「ブロック・イエイツ エンツォ・フェラーリ 跳ね馬の肖像 (集英社文庫)」による)も、エンブレムをよく見ると、バラッカの個人マーキングです。(部隊マーキングは反対側の胴体に描かれたフライングライオン)ですので、バラッカ中佐の母親がフェラーリにエンブレムを贈ることは問題がないように思います。
 なんかこのらへんの情報が錯綜していて定まっていないようですね。うーん。
 でも、イタリアの国民的英雄のバラッカ中佐のマークを自社のエンブレムにすることで箔がつくのは確かです。

 もうひとつの説もあり、バラッカ中佐が撃墜したドイツの飛行機が自分の出身地のシュトゥットガルト市の紋章をつけていたため、このデザインを頂戴した話があります。これは、実際にフェラーリが「跳ね馬」の紋章を登録商標しようとしたところ、シュツットガルト市がこのデザインの所有権を主張して紛糾したという話から来ているのかもしれません。この説では、撃墜したという戦闘機は名前が違いますし、現在では否定されているようです。
 でもシュツットガルト市はポルシェのデザインとして使用するのはOKを出したというのですから、ここら辺が因縁のライバルという感じで話し的には面白いですよね。
 また、騎兵部隊の馬である「カヴァリーノ・ランパンテ」は基本的には去勢した牡馬、すなわち男の子です。(なぜなら子供を産めるメスを戦争で失うのはもったいないため)
 これに対し、シュツットガルトとはそもそも「シュトゥート・ガルテン=牝馬(ひんば)の園」という意味であり、同市の市章に描かれた馬は実は女の子なのです。
 つまり両者は同根ではありません。言うなればフェラーリは男の子、ポルシェは女の子というわけですね。こういう話も面白いものです。

今回は色々な情報が錯綜していて時間がかかりました・・・。


フェラーリの公式サイトでエンブレムの由来を紹介をしています。


1916年11月の5機撃墜時に「跳ね馬」のマークをつけました。
→バラッカ中佐の全撃墜数

バラッカ中佐の乗機
・ニューポール 10
・ニューポール 11
スパッド S.VII
スパッド S.XIII (S.VⅡの大幅改良型。バラッカ中佐の最後の乗機)


エンブレムに関する話しが載ってます。

エンツォ・フェラーリ 跳ね馬の肖像 (集英社文庫)

中古価格
¥70から
(2013/6/20 06:57時点)


バラッカ少佐のプラモデルがつくれます。(現在品切れ中)
Cap 44


→スパッド XIII 初期型 の入荷予約とその他の画像はこちらから
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

秘密

   
今日は何の日?カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
こんな記事もあります
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
今日何の日?
こちらにも記念日があります。
PR