ƒ 【7月2日】ノストラダムスの予言とは何だったのか。 - 今日は何の日?話のネタブログ

今日は何の日?話のネタブログ

今日という日を過去の出来事や著名人の誕生日など、様々な角度からピックアップしています。話のネタにどうぞ。

 
プロフィール

onemoreネタ

Author:onemoreネタ
今日という日の歴史的な出来事、事件、人物などを語るブログです。話のネタやブログのネタにどうぞ。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村
カテゴリ
今週の人気記事ランキング
おすすめ
楽天トラベル
i2i
スワップ金利
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
こちらのサイトを参考に作成しております。

【7月2日】ノストラダムスの予言とは何だったのか。



 
ノストラダムス

 
いつの時代も、予言というものは世の中から無くなることはありません。個人においても社会においても、未来への不安がそうされるのかもしれませんね。
 さて、日本での予言者といったら一番の有名人は、やはりこの方、
ノストラダムスだと思います。五島勉氏のお陰で大ベストセラーになり、1999年の世紀末を信じていた方も多かったと思います。

 本日7月2日は、このノストラダムスの没した日となっています。 医師、占星術師、詩人、料理研究家として活躍した方でした。


Nostradamus_by_Cesar.jpg 当時からもノストラダムスの予言書は評判で、アンリ2世の馬上での事故とそれによる死、フランソワ2世の病没の予言などが的中したと言われています。

 また、第二次世界大戦のナチス・ドイツの進撃によるフランス占領の時も、「このフランスの征服は予言されていた」とゲッペルスがノストラダムスの予言をばら撒いたとされています。
 また、予言書には同じようにドイツの敗北とも解釈できる詩があることから、ナチスは予言にそってわざと敗戦し、戦後の世界と東西冷戦に分ける役割を自ら担ったのではないかという説まで出ている次第です。

 そのほかにも原子爆弾の出現、ケネディ大統領の暗殺など、その時代に起きた大きな事件を当てはめるような書籍が発刊されてはベストセラーになっていきました。
→ノストラダムス現象

 そんな中で、五島勉の著書『ノストラダムスの大予言』が1973年に刊行され、「1999年七の月」に「恐怖の大王」によって人類が滅亡すると予言したとする書籍が一大ベストセラーになりました。

"1999年7の月、空から恐怖の大王が降りてくる。アンゴルモアの大王を蘇らせるために。その前後、マルス(軍神)が平和の名のもとに統治する"


L'an mil neuf cens nonante neuf sept mois,
Du ciel Viendra un grand Roi d'effrayeur,
Resusciter le grand Roi d'Angolmois,
Avant apres, Mars regner per bon heur.


この四行詩の予言ですね。「アンゴルモアの大王」の解釈を巡って、これは中国の軍事侵略を指すとか、日本の経済や文化による世界支配のことだとか、失われたユダヤの10氏族の復活であるなど、様々な説が流れました。

 そして、これ以降1999年まで、ほとんど毎年のようにノストラダムス関連書が出されるようになり、イラクによるクウェート侵攻があった1990年から1991年、そして1998年頃から1999年と、いくつか大きなブームも起きました。
 しかし、いよいよ待った1999年の7月が過ぎると、あっという間にノストラダムス予言ブームは去っていきました。何だったのでしょうか。

 しかし、今度はマヤの予言の2012年の世界滅亡説などが出てきて、また世紀末ブームが出てきます。このように新しい解釈が生まれては消えていきますが、最近ではあの、2011年の東北大震災も実はすでに予言されていたと、タケノコのように出てきております。
 実際の被災者を持つ身としましては「分かっていたならもっと早くに言ってくれ」という感じですし、その予言が何の役にも立たなかったのは事実なんですから、人の不幸を自らの売名行為とも言えるようなことには使わないで欲しいものです。
 最近は、富士山の噴火や関東の大地震が取りた出されておりますが、どうなんでしょうか。悪い予言はすべて外れて欲しいものです。


予言とは別に中にはこういう人もいるようです・・・。この方異動した2ヶ月後に東北大震災に遭いました。

→地震男。出張に行く先々で大地震が起こる。阪神、中越、東日本大震災を経験

大地震・前兆・予言.com


ちなみに「予言」と「預言」は違うようですね。基礎知識だそうで。

予言: ある物事についてその実現に先立ち「あらかじめ言明 すること」である。
預言 : 神託を聴いたと自覚する者が 語る神の意志の解釈と予告。また、それを語ること。

だそうです。神から声を聞いてその意思を語ることが預言なら、予言は個人から発せらるものであることが違いみたいです。

2011年のノストラダムス解釈です。

秘伝ノストラダムス・コード―逆転の世界史



原典を読んで独自に解釈してみたい方向け

ノストラダムス大予言原典―諸世紀



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史&スピリチュアル・ミステリー
ジャンル :

コメントの投稿

秘密

   
今日は何の日?カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
こんな記事もあります
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
今日何の日?
こちらにも記念日があります。
PR