ƒ 【7月13日】オカルト記念日と体験した怖い話 - 今日は何の日?話のネタブログ

今日は何の日?話のネタブログ

今日という日を過去の出来事や著名人の誕生日など、様々な角度からピックアップしています。話のネタにどうぞ。

 
プロフィール

onemoreネタ

Author:onemoreネタ
今日という日の歴史的な出来事、事件、人物などを語るブログです。話のネタやブログのネタにどうぞ。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村
カテゴリ
今週の人気記事ランキング
おすすめ
楽天トラベル
i2i
スワップ金利
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
こちらのサイトを参考に作成しております。

【7月13日】オカルト記念日と体験した怖い話



Cap 241
本日はオカルト記念日です。工エエェェ(´д`)ェェエエ工
誰がつけたのでしょうか。

 1974年のこの日、オカルトブームの火付け役となったアメリカ映画「
エクソシスト
」が日本で初公開されたことから、オカルト記念日といわれています。この日は、もしかして不吉な「13日の金曜日」なのか!と思って調べてみたら普通の土曜日でした(笑)。まあ、公開は普通に土曜日が多いですよね。

 この「エクソシスト」ですが、一大ブームとなり、その後も
エクソシスト2エクソシスト3と続編が続き、エクソシスト ビギニングで一応の完結をしています。

Cap 240 Cap 239

 リーガンという少女が悪魔に取り憑かれたということで、信仰を失いつつあるメリン神父が、悪魔祓いに行くストーリなのですが、果たして本当に悪魔がついているのか、精神病なのかという、判断がつかぬまま物語が進行していきます。
 怪談でもそうですが、はっきりと幽霊と分からない話が好きですね。また自称、幽霊が見える人の話はちっとも面白くありません。なぜならその人にとっては当たり前の日常のことだから。また、「この間こんな幽霊を見た」と先にオチというか結論を言う話が多いので面白くないのです。それらしき解説もまた余計に思います。

 そこに「いるのか、いないのか」「存在するのか、果たして気のせいなのか」その判断をつかせない話が好きなのです。

 さて映画の内容ですが、
「とうもろこしの会」というポッドキャストで吉田会長と今仁副会長が熱く語っています。

第54回「ホントは怖い!エクソシスト1(と、ビギニング)」
オカルト・ホラー映画の金字塔「エクソシスト」シリーズを総ざらいする企画です。
まずはビギニングと1について。

第55回「ホントは怖い!エクソシスト3(と、2)」
エクソシストシリーズ総ざらいの続きです。
ちょっと評判の悪い“2”の紹介。
それに続いて、いよいよ吉田が超オススメの『エクソシスト3』についてです。このラジオシリーズを始めるキッカケである名作について、熱くキモく語りますですよ。

第56回「ホントは怖い!レギオン」
吉田がイチオシする今年最もホットなキーワード「レギオン」!R25では決して教えてくれないこの言葉について伝えます。最初はお便りコーナー。  

 という内容です。現在はDVDとして発売されているようです。

Cap 23.jpg


[僕は怖くない過去放送DVD Vol.02]1,200円

 




さて、そんなオカルトですが、管理人が体験した怖い話?をひとつご紹介。
a0008_000448.jpg
かくれんぼ

 小学校の頃、友人たち4、5人とかくれんぼをして遊んでいた。

 場所は、東京・荒川の土手沿いにある公務員住宅の敷地内で、友人の一人が住んでいる場所だった。

 5階建てのコンクリート住宅の前に住民たちのプレハブの物置小屋がある。
引き戸をガラガラと開け、棚に昇り、段ボールの間に横たわり、上にベニヤ板を置いて完全に隠れることに成功した。
 段ボールと段ボールの隙間を少しつくり、外の様子も見れるようにした。

「わー!」「見つけたー!」など外の声がガヤガヤと聞こえる。
 鬼役の友人がガラガラと扉を開けて入ってきた。

 息を抑え頭を下げる。
「あれー?いないなあ?」とガタガタと探し回る音、緊張しつつも笑いを堪えながら息を潜めて身を縮めている。

 そのうち、ガラガラと閉める音と外に出て行く音が聞こえた。見つからなかったことにしめしめと思いつつ、外の様子を伺う。


  僅かな光が差し込む暗闇の中に誰かがいる・・・・。


 女の人だ。
 背中を向けて立っていた。紺色のセータに肩まで髪がある。

「やばい。この倉庫の家の人かも・・・・。」

 見つかったら怒られると怯えながらもそっと様子を伺うと、何もするでもなく背中をこっちに向けてじっと立っている。

「何をしているんだろう?なんでここにいるの・・・?」

 どのくらい時間がたったのだろうか。
 友人たちの外の音も聞こえない。静寂の空気のなか不安になってきた。
 みんな、どうしたのだろう。もう一度探しにきてくれないだろうか。

 沈黙の時間だけが過ぎていき、疲れてきて頭を下げたとき、女の人が動きはじめた。

 はじめは静かに、ガサッと。何かを探しているらしい。
 ベリっというダンボールを開ける音もする。

「まずい!動き始めた。見つかる!」

 そのうち探しものが見つからないことに怒りが出てきたのか、
 荒々しい音に変わってくる。

  ガン、ガン、ベリッ、ベリッ!ベリベリ!


「ヤバイ!見つかったらどうしよう!」

 ふと、静かになった。

 何も聞こえない。聞き耳を立てるが何も聞こえない。先ほどまでの荒々しい物音もなくなった。
 いつのまにか外へ出たのだろうか。

 顔を少し上げて段ボールの隙間から様子を伺う。






段ボールの箱の隙間越しに目があった!


かっと見開いた大きな目が直ぐそばにあった。


目



「うわーっ!!!!!」
 びっくりした身体が勝手に反応し、段ボールを押し倒した。

 自分の大声と物が崩れ落ちる大きな音とほぼ同時に「なんだ!」と扉をガラガラッ開ける音がした。

 友人たちがすぐ外にいたらしい!お互いにいきなり現れたものだから「わー!!」「うあー!!」と声にならない叫び声が応酬した。

 いきなり出てきた友人たちにも驚いたが、すぐに女の人を思い出した!
 まずい!驚いたあまり、段ボールを蹴って女の人の顔面を直撃をしてしまった!

 急いで、棚から降りた!
「ごめんなさい!大丈夫ですか!」
「?誰に謝っているんだ??」


 女の人の姿はどこにもいなかった・・・。

 その場にいてはいけない気がして、なぜかみんなで走ってその場から逃げた。

 その後、聞いた話では、自分が見た女の人は友人たちは誰ひとり見ていない。
 また、なかなか見つからないので、もう終わりにしようと、大声で自分を呼んでいたらしい。しかもその場所は自分が隠れていた倉庫の真ん前だった。

 しかし、自分は友人たちの呼ぶ声を聞いていない。
自分を置いて帰ってしまったのではないかというくらいに物置小屋の中は静寂な空気だった。

 なぜ、友人たちの声が自分には聞こえなかったのか。そしてあの女の人はどこへ消えたのか。


あまり怖くなくてごめんなさい。この記事、アップロードしようとして何度も落ちてしまっていたのですが、気のせいですよね・・・。

他にもいくつか体験しているので、いずれ別ブログでアップします。

<関連記事>
→【7月26日】幽霊の日とお岩さん。「幽霊は存在するのか」の考察と体験した話2

夕焼け


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 心霊
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

秘密

   
今日は何の日?カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
こんな記事もあります
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
今日何の日?
こちらにも記念日があります。
PR