ƒ 【7月30日】明治天皇崩御。明治という時代の終焉。 - 今日は何の日?話のネタブログ

今日は何の日?話のネタブログ

今日という日を過去の出来事や著名人の誕生日など、様々な角度からピックアップしています。話のネタにどうぞ。

 
プロフィール

onemoreネタ

Author:onemoreネタ
今日という日の歴史的な出来事、事件、人物などを語るブログです。話のネタやブログのネタにどうぞ。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村
カテゴリ
今週の人気記事ランキング
おすすめ
楽天トラベル
i2i
スワップ金利
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
こちらのサイトを参考に作成しております。

【7月30日】明治天皇崩御。明治という時代の終焉。




Cap 363
明治天皇御真影(ウィキペディア)

 本日1912年7月30日
明治天皇が崩御された日です。【明治天皇 1852年11月3日〜1912年7月30日】日本の第122代天皇として、倒幕・攘夷派の象徴として、また近代日本の指導者と仰がれました。激動、まさに日本の命運を賭けた激動の時代の天皇でありました。
 1867年(慶応3年)に孝明天皇が崩御したことから、 わずか満14歳で践祚の儀を行い皇位に就き、天皇となります。

 明治天皇が即位したことで、新政府は天皇を中心とした新しい国家体制を築くことを目指して、江戸を東京と改め、日本の新しい政治の中心に据えます。(東京奠都)
 明治政府の樹立に大きな役割を果たした薩長土肥四藩は新政府でも強大な権力を握りました。

 この明治時代は、欧米列強の植民地化を免れる為に無理矢理にでも近代化を強力に推進した時代でありました。世界史的に見れば、日本の産業革命時代にあたります。
 この期間に、日本の領土の確定、武士の廃止、廃仏毀釈など、一気に改革を推し進めたことによる反動、士族の反乱(西郷隆盛の西南戦争)などもあり、血を流しつつも日本は近代化への道を一気に開くことになります。
 そして日清戦争、日露戦争を得て、帝国主義国家へと進んでいくことになります。大変な時代で一歩舵を間違えれば、周辺アジア諸国のように植民地化される危険性だってありました。 明治時代は今まで何百年と培ってきたものを今までの一気に開花させた時代でもあったように思います。


【送料無料】明治天皇の一日 [ 米窪明美 ]

【送料無料】明治天皇の一日 [ 米窪明美 ]
価格:714円(税込、送料込)



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

秘密

   
今日は何の日?カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
こんな記事もあります
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
今日何の日?
こちらにも記念日があります。
PR