ƒ 【9月12日】グラン・サッソ襲撃!ムッソリーニの劇的救出作戦 - 今日は何の日?話のネタブログ

今日は何の日?話のネタブログ

今日という日を過去の出来事や著名人の誕生日など、様々な角度からピックアップしています。話のネタにどうぞ。

 
プロフィール

onemoreネタ

Author:onemoreネタ
今日という日の歴史的な出来事、事件、人物などを語るブログです。話のネタやブログのネタにどうぞ。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村
カテゴリ
今週の人気記事ランキング
おすすめ
楽天トラベル
i2i
スワップ金利
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
こちらのサイトを参考に作成しております。

【9月12日】グラン・サッソ襲撃!ムッソリーニの劇的救出作戦



800px-Campo_Imperatore_Hotel.jpg
ムッソリーニが幽閉されたホテル「カンポ・インペラトーレ」(Wikipedia)

 本日は第二次大戦下のナチス・ドイツで行われた有名な作戦の日です。(1943年9月12日)

その名もグラン・サッソ襲撃作戦。ドイツ軍における作戦名は、「ウンターネーメン・アイヒェ(Unternehmen Eiche、日本語で「柏作戦」の意)」でムッソリーニ救出作戦
として知られています。

 1943年7月25日、イタリア王国の首相であったムッソリーニは、大評議会が首相解任の動議を可決したことにより、首相の座を追われて逮捕されてしまいます。

 これに対するナチス・ドイツの対応は素早く、翌日にはアドルフ・ヒトラーがファシズムの盟友である彼を救出するべく、ドイツ空軍のクルト・シュトゥデントにムッソリーニ救出作戦の立案及び決行を、武装親衛隊の
オットー・スコルツェニーには救出後の保護を指令します。

  ムッソリーニの身柄を拘束したバドリオ政権は、反体制派による奪還を防ぐためにムッソリーニをイタリア各地を頻繁に移動させていましたが、ドイツ側は、最終的にムッソリーニがグラン・サッソのホテル「カンポ・インペラトーレ」に幽閉されていることを突き止めます。

1943年9月12日。作戦は決行されます。この時の作戦は、コマンド部隊をグライダーで下ろし、ホテルを急襲、身柄を確保した後、待機している別の機体でムッソリーニを脱出させるというものでした。
 
 この時使用される予定だった
フォッケ・300px-Fa223_modell.png アハゲリスFa223という航空機は、ドイツが実用化させたヘリコプターでしたが、故障のため、短距離離着陸性能に優れているFi1 56シュトルヒを代用することになります。Fieseler_Fi156.jpg

 
 作戦の実施は、まず、ドイツ軍のコマンド部隊が12機の
DFS230に分乗して降下し、うち8機が着陸に成功します。


Bundesarchiv_Bild_101I-567-1503A-02,_Gran_Sasso,_Lastensegler_DFS_230_C-1

 着陸に失敗したグライダーでは負傷者を出したものの、降下猟兵の一隊がムッソリーニの幽閉されていたホテルへ突入し、一発の銃弾も発砲することなく、幽閉されていたムッソリーニの身柄を無傷で確保します。
 すでにFi156はホテルの前に着陸しており、スコルツェニーはムッソリーニの身柄の引き渡しを受けるとFi156に乗り込み、重量オーバーながらも75m程度の滑走で無事に離陸し、グラン・サッソを脱出します。このFi156は、離陸では向かい風で50m、20mもあれば直陸できるという優れもの。


 この作戦は、困難な条件を克服して実施された要人救出の成功事例として名高いものであり、空から救出部隊を送り込む大胆不敵さと無用な死傷者を出さないスマートさは当時の世界の度肝を抜き、その劇的な経緯から戦後に小説、演劇、映画等の題材にもなりました。
Bundesarchiv_Bild_101I-567-1503C-15,_Gran_Sasso,_Mussolini_vor_Hotel
救出に成功した兵士たちとムッソリーニ(中央の黒い服を着た人物)

本作戦を基に作られたジャック・ヒギンズによる冒険小説は特に有名です。
→「鷲は舞い降りた」

 イタリア王国はこの作戦の直前の9月8日に連合国に早くも降伏してしまっていたので、ナチスはこのムッソリーニを国家元首としたイタリア社会共和国をつくらせ戦争を継続させたことからもこの作戦は非常に重要な意味を持つものとなりました。

Cap 552  なお、この時の武装親衛隊のスコルツェニーですが、ムッソリーニとともにFi156で脱出する部分をドイツ宣伝省によって誇張して大々的に宣伝されたため、連合軍において、「神出鬼没のコマンド部隊指揮官」というイメージが定着します。
 後にパンツァーファウスト作戦並びにグライフ作戦等のコマンド部隊による作戦を指揮したこともあって「ヨーロッパで最も危険な男」と呼ばれるようになりましたが、実際にはこの時のスコルツェニーを始めとする武装親衛隊は救出後のムッソリーニを保護するための随行者という立場であり、作戦を実際に仕切ったのは降下猟兵を所管するドイツ空軍でした。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 雑学・情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

秘密

   
今日は何の日?カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
こんな記事もあります
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
今日何の日?
こちらにも記念日があります。
PR