ƒ 【9月15日】ドイツ空軍の象徴、メッサーシュミットという航空機。 - 今日は何の日?話のネタブログ

今日は何の日?話のネタブログ

今日という日を過去の出来事や著名人の誕生日など、様々な角度からピックアップしています。話のネタにどうぞ。

 
プロフィール

onemoreネタ

Author:onemoreネタ
今日という日の歴史的な出来事、事件、人物などを語るブログです。話のネタやブログのネタにどうぞ。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村
カテゴリ
今週の人気記事ランキング
おすすめ
楽天トラベル
i2i
スワップ金利
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
こちらのサイトを参考に作成しております。

【9月15日】ドイツ空軍の象徴、メッサーシュミットという航空機。



220px-Bundesarchiv_Bild_146-1969-169-19,_Willy_Messerschmitt
Wilhelm Emil Messerschmitt (Wikipedia)

 本日はウィリー・メッサーシュミット(Wilhelm Emil Messerschmitt)博士の命日です。1978年9月15日
病没、享年80歳でした。訃報とともに特集記事が新聞で出ていて、子供の頃に読んだ記憶がなんとなくあります。

メッサーシュミット このメッサーシュミット博士はドイツの航空機設計者、航空機会社経営者で、メッサーシュミットといえば、日本の零戦、イギリスのスピットファイア、アメリカのムスタングに並ぶ、第二次大戦のドイツ空軍の代名詞のようなもので、Bf109Me110Me163Me262などを数多くの航空機を生み出しました。

 零戦よりも早くに開発されながらも第二次大戦の全期間を戦い抜いてしまったBf109シリーズなどは、戦闘機の生産機数3万を超える記録を保持しています。

 また、世界初の実用ロケット機Me163や実用ジェット戦闘機Me262なども有名ですね。

 しかし、全部が全部、素晴らしい航空機であったかというとそうでもなく、
Me209Me309Me210の失敗やテストパイロット殺しの危険な航空機、駄作機も多くつくり、もっと設計段階でなんとかならなかったのかというようなものを結構製作しています。
 
 機体設計には根本的なミスがあるにも関わらず生産が強行されたMe210などは、前線部隊でトラブルが続出、生産総数約350機で生産中止となり、 事の重大さからメッサーシュミット博士は軍事裁判にかけられる始末です。が、ナチス党員でもあり、それまでの功績とナチス上層部の取り計らいにより、有罪にはならなかったといいます。

 自分自身がパイロットで操縦もでき、空を飛びたくて物理学、殊流体力学を勉強して設計者にまでなった
クルト・タンク博士のFw190などと較べると、どうもパイロット軽視の設計が至る所に見られます。

 戦闘機最多の生産機数を誇るBf109でも、座席の狭さは小柄な日本人でも窮屈さを感じるほどで、主脚の間隔の狭さから着陸事故が多く、初心者には扱いにくい戦闘機でもありましたし、Me262の操縦席の位置の視界の悪さもよく取り上げられています。
 ドイツでは、航空機設計者としてはもっと天才的で優れた人もいたとは思います。しかし、メッサーシュミットの航空機が良く採用され、生産されたのは、性能に加えて、政治的な駆け引きで優位に立てた所もあるのではないでしょうか。

 ちなみにメッサーシュミットのBf109、Bf110の「Bf」はBFW社時代に手がけたものなのでBfになっています。1938年以降はメッサーシュミット社として独立しましたので、Meになりますが、主任設計者
ロベルト・ルッサー技師がこの時にメッサーシュミット博士と意見が対立するようになり、戦争前に古巣のハインケルに戻ってしまいました。ルッサー技師はメッサーシュミット博士の名を一躍有名にした高速スポーツ機Bf108タイフーンの設計主任でもあり、ハインケルに戻ってからも、実機が完成した最初のジェット戦闘機He280や、先進的な夜間戦闘機であるHe219なども手がけました。またハインケル社からフィーゼラー社に移籍しV1飛行爆弾になるFi103の設計に携わっています。
 また、Bf109が改良に次ぐ改良ができ、大戦を戦い抜けたのも、ルッサー技師の好みである余裕のある強度設計であったからだと言われています。ちなみに良く折れる降着装置はメッサーシュミット博士の設計・・・。
 
 メッサーシュミット博士ですが、戦後は米ソの技術者引き抜き合戦には参加せず、プレハブ住宅や小型自動車やミシンを製造する一方、スペインのイスパノ航空のジェット練習機、HA 200を設計したりしています。3輪自動車のメッサーシュミットKR200など有名ですね。

 メッサーシュミット博士の設計は極限を求めすぎるように思います。極限を突き詰めたいという欲求は技術者、設計者であれば、やってみたい憧れでもありますが、軍用機としてはどうだったのでしょうか。
 メッサーシュミット博士の代表作であるBf109は、歴戦のパイロットたちは惚れ込み、新米パイロットには恐れられたというのはメッサーシュミット博士の設計の象徴でもあったのではないかと思います。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 雑学・情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

秘密

コメント一覧

Re: No title

> メッサーシュミットと聞いたら必ずBf109を連想しますよね。Bf110を連想する人はよほどの双発戦闘機マニアでしょうね。
そうですね。私もその一人です(笑)

コメント一覧

No title

メッサーシュミットと聞いたら必ずBf109を連想しますよね。Bf110を連想する人はよほどの双発戦闘機マニアでしょうね。
   
今日は何の日?カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
こんな記事もあります
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
今日何の日?
こちらにも記念日があります。
PR