ƒ 【9月25日】士魂商才の男、五代友厚と大阪経済 - 今日は何の日?話のネタブログ

今日は何の日?話のネタブログ

今日という日を過去の出来事や著名人の誕生日など、様々な角度からピックアップしています。話のネタにどうぞ。

 
プロフィール

onemoreネタ

Author:onemoreネタ
今日という日の歴史的な出来事、事件、人物などを語るブログです。話のネタやブログのネタにどうぞ。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村
カテゴリ
今週の人気記事ランキング
おすすめ
楽天トラベル
i2i
スワップ金利
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
こちらのサイトを参考に作成しております。

【9月25日】士魂商才の男、五代友厚と大阪経済



Godai_Tomoatsu.gif

 本日は明治維新の立役者の一人、五代友厚の命日です(ごだい ともあつ、1836年2月12日〜1885年9月25日)。

 勇敢な薩摩藩士の武士でありながら実業家となり、当時瓦解寸前だった商工会議所などをつくったりして大阪経済の立て直しを行いました。通称「大阪の恩人」とも言われており、大阪証券取引所には彼の銅像があります。
 29歳の時、藩の命令で欧州留学を経験したことがあり、外国事情に明るく、30歳の頃には、薩摩藩の商事を一気に握る会計係に就任します。その後、戊辰戦争が勃発し、五代は西郷隆盛や大久保利通らとともに倒幕に活躍することで、功績をつくり、明治元年(1868年)に明治新政府の外国事務局判事となり大阪に在勤となります。

 五代が着任した大阪では、日本人の無知につけこんだ外国商人の不正行為が後を絶たなかったといいます。
 条約違反、購入料金の不払い、雇い人への賃金不払い等は日常茶飯事で、領事館の家賃不払いまでもが平気で行われていたとのこと。
 経営に才覚がありながら元来、薩摩武士ですので、不正行為は許せない性格。断固たる態度で臨み、一切の妥協を拒みました。

また、商売人にとって「信用」は最も大切であり、不正を容認することは信用を失い、不正を糾弾することでその信用を勝ち取ろうとする五代の信念もありました。
 五代は商人である前に「正義」「大儀」を重んじる一人の武士であり、不正を見逃すことも国益を損なうことも出来ない性分だったのですね。

 五代が50才の若さで亡くなった時、街のおかみさん連中までが、「五代はんは大阪の恩人や」と語りついで、その死を悼んだと言われております。
 ちなみにこの五代友厚ですが、多くの明治維新の人たちの写真や肖像画があるなか、この方の写真は3本の指にはいるイケメンぶりだそうで。確かにエリートビジネスマン系の顔ですよね。
 ちなみに上位独占しているのは、木戸孝允、土方歳三たち。昔の人たちの顔は現代人と比べると目力がありますね。真剣に生きてきた証でもあるのでしょう。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 雑学・情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

秘密

   
今日は何の日?カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
こんな記事もあります
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
今日何の日?
こちらにも記念日があります。
PR