ƒ 【10月16日】マリー・アントワネット断頭台の露となる。 - 今日は何の日?話のネタブログ

今日は何の日?話のネタブログ

今日という日を過去の出来事や著名人の誕生日など、様々な角度からピックアップしています。話のネタにどうぞ。

 
プロフィール

onemoreネタ

Author:onemoreネタ
今日という日の歴史的な出来事、事件、人物などを語るブログです。話のネタやブログのネタにどうぞ。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村
カテゴリ
今週の人気記事ランキング
おすすめ
楽天トラベル
i2i
スワップ金利
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
こちらのサイトを参考に作成しております。

【10月16日】マリー・アントワネット断頭台の露となる。




463px-MarieAntoinette1778.jpg

 本日10月16日
はフランス国王ルイ16世の王妃、マリー・アントワネット(フランス語: Marie Antoinette Josepha Jeanne de Lorraine d'Autriche, 1755年11月2日 - 1793年10月16日)が処刑された日です。享年37歳でした。

 マリー・アントワネットはオーストリア女大公
マリア・テレジアの11女としてウィーンに生まれました。
 当時のオーストラリアはプロイセン王国の脅威にさらされており、フランスとの同盟関係を深めようと、政略結婚のためにルイ15世の息子であるルイ16世のもとへと嫁ぎます。

 幸せだったオーストリアの幼少時代と違って、フランスではルイ15世の寵姫
デュ・バリー夫人との対決、宮廷の人間関係のトラブルに巻き込まれます。

 1774年、ルイ16世の即位によりフランス王妃となるものの、民衆の貧困や食糧難など、王政に対する不満が募り、1789年ついにフランス革命が勃発します。


「パンがなければお菓子を食べれば良い」の真意

 貧しい暮らしに耐えている民衆を見て「パンがなければお菓子を食べればいいのに」という発言が有名ですね。

 マリー・アントワネットら貴族たちが、いかに庶民の困窮に無頓着で贅沢な暮らしをしていたかを強調して批判するためによく引き合いに出される話ですが、実際にはこういう発言をした事実はなく、そして、お菓子=贅沢品という訳でもなかったようです。



ギロチンとマリー・アントワネット

 革命裁判は夫ルイ16世に死刑判決を下し、ギロチンでの斬首刑としました。そして、マリー・アントワネットもはじめから結果が決まっている裁判にかけられます。

Marie_Antoinette_Execution1_20131014165059630.jpg

 
多数の反革命を処刑するための、最初の生贄としてアントワネットを欲していたのです。
この時に発明されたばかりのギロチンが使われますが、詳しい下りはこちらの記事もご参照ください。


→【6月17日】ギロチンと処刑人。それにまつわる怖い話



 マリー・アントワネットは、こうして断頭台の露として消えていきましたが、彼女のその後、マリー・アントワネットの名誉回復には、結局死後30年以上を要しました。
 現在では、後述の「パンがなければ」の発言をはじめとする彼女に対する悪評は、その殆どが中傷やデマだということが判明しています。
 彼女個人や王権そのものへの反対者たちによって、それらの失態が多大に誇張されて彼女や王権に対する悪意と憎悪がことさら生み出されます。


→マリー・アントワネットのエピソード




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 雑学・情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

秘密

   
今日は何の日?カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
こんな記事もあります
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
今日何の日?
こちらにも記念日があります。
PR