ƒ 【10月25日】民間航空記念日と「もく星号」墜落事故 - 今日は何の日?話のネタブログ

今日は何の日?話のネタブログ

今日という日を過去の出来事や著名人の誕生日など、様々な角度からピックアップしています。話のネタにどうぞ。

 
プロフィール

onemoreネタ

Author:onemoreネタ
今日という日の歴史的な出来事、事件、人物などを語るブログです。話のネタやブログのネタにどうぞ。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村
カテゴリ
今週の人気記事ランキング
おすすめ
楽天トラベル
i2i
スワップ金利
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
こちらのサイトを参考に作成しております。

【10月25日】民間航空記念日と「もく星号」墜落事故




JAL_Aircraft_Mokusei-go.jpg
日本航空のマーチン2-0-2「もく星号」と客室乗務員 

 本日10月25日は、戦後初の民間航空会社「日本航空」が運行を開始した日です。戦後6年経った1951年のことで東京 - 大阪 - 福岡間の運航を開始しました。

 この時運行した飛行機は
マーチン2-0-2という旅客機でした。5機を運航し、それぞれの機体に「きん星」、「もく星」、「すい星」、「ど星」、「か星」という名をつけ運行を初めます。

 当時の日本は、まだ、連合国より軍民問わず航空機を運用することを禁止されていました。1951年になり、ようやく民間旅客機による定期路線が就航しましたが、実際には日本航空は営業面だけを日本側が担当し、実際の定期路線運航はノースウエスト航空が外国人の操縦士つきで担当します。

 この旅客機ですが、あまり知られてきない機体なのですが、それもそのはず、わずか34機の製造で終了した航空機で、元々の設計で構造上の問題があり、製作機数に対して全損事故が13機と極めて多く、死亡者も163人に上る問題機でした。
 日本でも運行開始のわずか半年後に「
もく星号墜落事故
」が発生し、37名全員死亡の事件を受け、わずか2年で全機返却をすることになります。事故の原因も当時の航空管制や事故捜査は米占領軍の統制下にあったため、墜落事件の詳細は今もって不明な点が多いです。
 なんとも残念ですが自立していくにはまだ数年の歳月を有します。





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

秘密

   
今日は何の日?カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
こんな記事もあります
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
今日何の日?
こちらにも記念日があります。
PR