ƒ 【10月26日】伊藤博文の暗殺と安重根 - 今日は何の日?話のネタブログ

今日は何の日?話のネタブログ

今日という日を過去の出来事や著名人の誕生日など、様々な角度からピックアップしています。話のネタにどうぞ。

 
プロフィール

onemoreネタ

Author:onemoreネタ
今日という日の歴史的な出来事、事件、人物などを語るブログです。話のネタやブログのネタにどうぞ。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村
カテゴリ
今週の人気記事ランキング
おすすめ
楽天トラベル
i2i
スワップ金利
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
こちらのサイトを参考に作成しております。

【10月26日】伊藤博文の暗殺と安重根




Itō_Hirobumi
伊藤博文(Wikipedia)

 1909年10月26日の本日は 伊藤博文の命日です。この日、韓国統監として、ロシアと満州・朝鮮問題について非公式に話し合うため訪れたハルビン駅で安重根
に暗殺されました。

 伊藤 博文(いとう ひろぶみ、1841年10月16日〜1909年10月26日)は、日本人なら知る人ぞ知る有名な政治家です。明治維新の志士として倒幕運動にも参加し、新しい日本の基盤を作った重要な人物でした。
 
 日本初の内閣総理大臣としても知られており、初代のみならず、第5代・第7代・第10代と行い、初代枢密院議長、初代貴族院議長、初代韓国統監を歴任しました。内政では、立憲政友会を結成し初代総裁となったこと、外交では日清戦争に対処したこと、アジア最初の立憲体制の生みの親であり、またその立憲体制の上で政治家として活躍した最初の議会政治家として、現代に至るまで大変高い評価をされています。

 そんな伊藤博文の最後の仕事が韓国統監でした。60歳を超える高齢でこの任を引き受けたのは、伊藤博文以外にこの困難な任務をやれるのはいなかったからでしょう。

 伊藤博文自身は韓国併合には反対論者だったのはよく知られています。

 よく言われるのは、経済的理由。日本は、日露戦争には勝ったものの内情は、持てる力を使い果たしての辛勝だったので韓国を抱え込む余裕なんてないという判断です。
 韓国人自身は嫌ってはおらず、国内の腐敗した政治を取り除いて韓国のことは韓国に任せようとしていました。

 「国さえ治まれば、人民は量においても質においても不足はない。」(新渡戸稲造『偉人群像』)

 ところが、そんな伊藤博文の真意を知らず、日本による韓国支配に反対する安重根に暗殺されてしまいました。

 日本の大切な重鎮を暗殺したのですから、当時の国内の日本人の怒りたるや凄いものです。併合なんて甘い、戦争論まで飛び出すことになります。その結果どうなったでしょうか?韓国はこの暗殺をきっかけに立ち上がりましたでしょうか。独立運動がゲリラのように起きましたでしょうか。
 ローマ vs カルタゴのように英雄ハンニバルを引き渡せとの高圧的な要求に対し、我が国の存亡を賭けてまで拒否し、ローマに立ち向かったカルタゴのような誇りと勇敢さはありましたでしょうか。

 いいえ、むしろ併合反対派最大の重鎮を失ったことでバランスは、圧倒的に併合賛成派に傾いてしまいました。
 韓国でも、日本の怒りを恐れる余り、「韓日合邦」を主張する一進会が勢いを増てしまい、日韓併合に傾いてしまいました。戦争勃発を恐れ韓国の方から併合を求めてきたのです。植民地支配ではありません。併合です。

 こんな情けない政治をしていたのに、手のひら返しでそんな安重根を英雄として称え、銅像や記念館まで建立しようとする現在の韓国は、日本人の怒りを買っていることを知るべきです。日本人ならどんな無礼をしても許されるという甘えがあるのではないでしょうか。

 ま、安重根のおかげで、韓国は日本に併合されたとも言えますので、その安重根を称える韓国は、本当は併合されて欲しかったのかともとられますね。その併合記念館なら判ります。普通の国の感覚ならなんてことをするバカな奴だと評価に値しないでしょう。現に北朝鮮では安重根は救国の意思は認めるものの手段としての「暗殺」は評価していません。

 安重根自身は立派な人格者だったとか、心から伊藤博文を憎んでいたわけではなかった、伊藤博文も安重根も、ともに日韓友好を願っていながら、誤解がもたらした、悲しい事件だったとする擁護論もありますが、「日本も韓国も感情的にならずにお互いに理解しよう」という言葉には納得できません。
 いやいや、いつも感情的に噛み付いてくるのはそちらでしょう。喧嘩両成敗みたいな言い方は止めて欲しいです。

 日本は韓国と付き合わなくても困りません。ネチネチと嫌がらせをしてくる相手には距離を置くのが大人の付き合い方です。我慢が溜まると一気に爆発するのも日本人の気質だったということを歴史から知るべきでしょう。

 単純に日本人を殺したから、義士として称える、その短絡的で幼稚な正義感が国を何度も危機に陥れているということを知るべしです。


800px-Series_C_1K_Yen_Bank_of_Japan_note_-_front.jpg 
1000円札の肖像画。当時は怒ってこなかった不思議。慰安婦と同じ現象ですね。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

秘密

   
今日は何の日?カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
こんな記事もあります
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
今日何の日?
こちらにも記念日があります。
PR