ƒ 【11月25日】三島由紀夫と2.26事件の霊 - 今日は何の日?話のネタブログ

今日は何の日?話のネタブログ

今日という日を過去の出来事や著名人の誕生日など、様々な角度からピックアップしています。話のネタにどうぞ。

 
プロフィール

onemoreネタ

Author:onemoreネタ
今日という日の歴史的な出来事、事件、人物などを語るブログです。話のネタやブログのネタにどうぞ。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村
カテゴリ
今週の人気記事ランキング
おすすめ
楽天トラベル
i2i
スワップ金利
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
こちらのサイトを参考に作成しております。

【11月25日】三島由紀夫と2.26事件の霊



Cap 785
割腹自殺前の演説を行う三島由紀夫

 
本日11月25日は、小説家、劇作家である三島由紀夫が自衛隊市ヶ谷駐屯地にてクーデターを起こそうと試み、割腹自殺を遂げた日です(1970年11月25日)。
 この事件の詳細はWikipediaの
三島事件を参照にしていただいて、今回は、この三島由紀夫が二・二六事件で処刑された将校の霊が取り憑いていたという何とも信じがたいお話を。

 三島由紀夫は二・二六事件を題材にした
「憂国」「十日の菊」「英霊の聲(こえ)」という3つの作品を残しています。これは、二・二六事件三部作として現行版では河出文庫より重版されてます。


「英霊の聲」という作品の不気味さyasukuni_Jinja.jpg

 この三部作のなかの、1966年に発表された「英霊の聲」ですが (三島由紀夫の割腹自殺の四年前)、この作品以後の三島由紀夫は、それ以前とはあきらかに作風が変化した、と多くの評論家・友人らが指摘しています。

 この作品の内容ですが、帰神の会に列席した主人公が、そのとき起こったことを記録したという体裁をとって、二・二六事件と神風特攻隊の兵士たちが次々と霊として下りて来て呪詛する模様が綴られていきます。
 二・二六事件の際の天皇の振舞いと、終戦後の「人間宣言」で、天皇が「人間」になってしまったのを、兵士たちの霊が恨み、憤る言葉が語られ、そのあまりに強い怨念の霊の力を受け止めたために、霊媒師の青年・川崎重男が息をひき取るところで本作は終わります。

 この作品自体の異様さは、今までの三島文学の「らしさ」が全然ないことです。他の仲間の文学者たちからも、「作品の死者たちの言葉が陳腐で定型的な文章であり、激烈な表現を用いながら、そこに文学者としての三島由紀夫の心が少しも入っていない。そう、まるで、誰か他人に書かせた「お筆先」という感じである」などと指摘があります。
 何より作品を書き上げた直後に三島自身が、母に「夜中にこれを書いていると二・二六事件の兵士の肉声が書斎に聞こえてきて、筆が自分でも恐ろしくなるように大変な速さで滑っていって、止めようと思っても止まらないんだ」などと語り、それを聞いた母がぞっとしたとのこと。
 「
怨霊という言葉は知ってはいたが、現実に、公威(三島の本名)に何かが憑いている様な気がして、寒気を覚えた」と語っています。(平岡倭文重『暴流のごとく―三島由紀夫七回忌に』(新潮 1976年12月号)



三輪明宏が見た三島由紀夫に憑依している霊

 さらにはこんな話も。
三島の父、平岡梓氏の書いた「倅(せがれ)・三島由紀夫」によると、ある日自宅で開いたパーティーでのこと、美輪明宏が突然、「三島さんの背中のところに変な人影が見える、二・二六事件の関係者らしい」と言い出し、三島由紀夫がからかい半分にその関係者の名前を片ッ端から十数人あげて、「この男か、この男か」とやつぎばやに尋ねても、「違う、違う」という返事。そのうちに「磯部浅一」の名をあげると、美輪明宏は「それだ!」と答えたので、瞬間、三島由紀夫の顔色がサッと変わって青ざめたそうで。

 この
磯部浅一という人物は、二・二六事件の実質指導者で首謀者として銃殺刑を受けている人物。処刑の前、獄中での磯部は狂乱し、軍の幹部らを呪ったそうで。
彼の手記でも、
「余は死にたくない、も一度出てやり直したい、三宅坂(注・陸軍省のある場所)の台上を三十分自由にさしてくれたら、軍幕僚を皆殺しにしてみせる、死にたくない、仇がうちたい、全幕僚を虐殺して復讐したい」
「天皇陛下 何と云ふ御失政でありますか 何と云ふザマです、皇祖皇宗に御あやまりなされませ」などと、天皇はおろか明治天皇、皇祖神、天照大神にいたるまで叱り、呪っている恨みっぷりです。「成仏するつもりなど、さらさならない、悪鬼となりて所信を貫徹するのだ。」とまで語る恐ろしさです。
 この念は、日本の三大怨霊と言われた平将門、菅原道真、崇徳天皇を彷彿とさせます。

もし、この霊が作品を通じて思いが同通し、三島由紀夫に憑依したのであるならば、その後の三島由紀夫の行動も不可解なものではないのではないと思います。
 
 日本を憂うあまりに義憤が恨みとなり、国家そのものへの怨念となる・・・。現代も続くであろう日本国家としての不甲斐なさに、第二、第三の磯部浅一や三島由紀夫は出るのでしょうか。
 磯部浅一ら二・二六事件の将校たちの怨霊は成仏できているのでしょうか。国家のこれからを思うに、今また亡霊が蘇るつつあるような気がします。

関連記事
→【9月14日】怨霊となった天皇。崇徳天皇





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 雑学・情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

秘密

   
今日は何の日?カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
こんな記事もあります
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
今日何の日?
こちらにも記念日があります。
PR