ƒ 【12月1日】鉄の記念日 - 今日は何の日?話のネタブログ

今日は何の日?話のネタブログ

今日という日を過去の出来事や著名人の誕生日など、様々な角度からピックアップしています。話のネタにどうぞ。

 
プロフィール

onemoreネタ

Author:onemoreネタ
今日という日の歴史的な出来事、事件、人物などを語るブログです。話のネタやブログのネタにどうぞ。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村
カテゴリ
今週の人気記事ランキング
おすすめ
楽天トラベル
i2i
スワップ金利
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
こちらのサイトを参考に作成しております。

【12月1日】鉄の記念日



Iron_Manufacturing_industry_centenary_in_Japan-1.jpg
製鉄百年記念切手。描かれているのは日本最初の高炉と1957年当時の溶鉱炉。

 本日12月1日「鉄の記念日」です。
 安政4年旧暦12月1日(1858年1月15日)、南部藩士・大島高任という方が、日本で初めて高炉による製鉄に成功したことを記念して
日本鉄鋼連盟が1958年に制定しました。

 鉄自体の歴史は古く、人類とは長い付き合いなのですが、商用高炉による製鉄に成功したのが割と近年なのですね。そういえば、南部藩っていえば南部鉄器が有名ですが、その関係もあるのでしょうか?

 この
大島 高任(おおしま たかとう、826年6月16日〜1901年3月29日)という方は明治時代の鉱山学者で、父の大島周意は藩医として南部藩に勤めていました。
 明治維新の文明開化に合わせて、西洋と並ぶ高品質な鉄を造るべく、良質の鉄鉱石が産出する大橋(現在の釜石)の地に西洋式高炉を建造、安政4年12月1日(新暦1858年1月15日)に鉄鉱石製錬による本格的連続出銑に成功します。
 これは、商用高炉としては日本初のことでした。
なお、日本における高炉による初出銑は鹿児島の集成館高炉によるもので安政元年(1854年)のことだそうです。

 鉄の原料は
鉄鉱石です。しかし、鉄鉱石だけでは鉄はつくれません。鉄鉱石を溶かして鉄分を取り出す高炉には、コークス石灰石石炭を一緒に入れる必要があります。

 現在では、日本の製鉄は世界でもトップレベルで、「日本鉄鋼業のエネルギー効率が世界最高水準であること」も実証されたそうです。

→http://www.jisf.or.jp/business/ondanka/iken/teigen/iea.html

鉄は人類の文明、文化に欠かせない重要な資源です。
鉄と青銅の武器の差が国が滅びる原因にもなったり、歴史を大きく左右する重要な存在でもありました。
今や鉄のない暮らしなどはあり得ないですね。

これからも暮らしに欠かせない鉄ですが、日本の技術が世界の発展に役に立つのは嬉しいことですが、スパイなどや不当な方法で流出しないようにして欲しいものです。






関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 雑学・情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

秘密

   
今日は何の日?カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
こんな記事もあります
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
今日何の日?
こちらにも記念日があります。
PR