ƒ 【12月6日】音の日。エジソンとベルリナーの蓄音機開発競争 - 今日は何の日?話のネタブログ

今日は何の日?話のネタブログ

今日という日を過去の出来事や著名人の誕生日など、様々な角度からピックアップしています。話のネタにどうぞ。

 
プロフィール

onemoreネタ

Author:onemoreネタ
今日という日の歴史的な出来事、事件、人物などを語るブログです。話のネタやブログのネタにどうぞ。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村
カテゴリ
今週の人気記事ランキング
おすすめ
楽天トラベル
i2i
スワップ金利
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
こちらのサイトを参考に作成しております。

【12月6日】音の日。エジソンとベルリナーの蓄音機開発競争




EdisonPhonograph.jpg
蝋管式蓄音機

 本日12月6日音の日」です。
トーマス・エジソンが1877年に世界で初めて蓄音機「フォノグラフ」を発明した日で、日本オーディオ協会日本音楽スタジオ協会などと協調して定めました。


 ちなみに1877年の7月31日は「蓄音機の日」とされていますが(
【7月31日】今日は蓄音機の日)、この日が特許取得の日ですね。
 12月6日は発明した日ですが、人前で実験に成功した日ということでしょうか。Wikipediaでは、この蓄音機で初めて人の声を録音した日とあります。


 エジソンの有名な三大発明として蓄音機、映写機、電球がありますが、この蓄音機に関しては、
エミール・ベルリナーとの開発競争が有名です。

 この前に「電話機」で、
グラハム・ベルとの特許争いに敗れたエジソンでしたが、今度は「蓄音機」で反撃を試みます。ベルリナーは実はベルの会社で働いており、電話機でもこのベルリナーの改良案を使い、優位にたってます。そして、蓄音機開発においてもエジソンの前に立ちはだかります。この分野においては、生涯にわたってエジソンの最大のライバルだった訳ですね。

 エジソンは1877年には最初の錫箔円筒式蓄音機「フォノグラフ」を完成させ、マスコミに発表していまする。蓄音機は「話す機械」として喧伝され、大いに評判を呼びましたが、評判のわりに性能が低く、実用化にはほど遠いものでした。
 その点、ベルリナーをはじめとするベルの開発チームのメンバーは、蓄音機の実用化に向け、録音と再生の針を別にしたり、保存の効かない 錫箔をワックス塗りに変えたり、再生にゴム管を使い音声が明瞭に聞こえるようにしたり、といった様々な改良を加え、完全に実用に徹した「グラフォフォン」を誕生させます。用途の定まらないフォノグラフに対し、グラフォフォンは実用品として生まれ変わったのでした。
BerlinerDisc1897.jpg  外見の違いはフォノグラフの円筒式に対してグラフォフォンは円盤式になっています。

 エミール・ベルリナーはベル社を去り、その後も開発を続け、独自の蓄音機開発の道に進みます。
 彼は音の振動を独自の技術でディスク(円盤)に刻む方法を編み出し、更には原盤から、安価に再生専用の円盤を作る方式も考えます。
 このプレスされたレコード盤をかける再生専用蓄音機は、30年近くエジソンの円筒式蓄音機とこの分野における覇を争うことになりますが、最終的にはベルリナーの方式が勝利をおさめました。

 最初の発明はエジソンの手に渡りましたが、その後の実用化ではベルリナー方式の勝利ということになりました。

 ベルリナーが作った
グラモフォン社はいくつかの変遷を経て、現在、世界的な音楽企業・ビクターになっています。
 この有名なビクターのロゴはエジソンとは無関係だったのですね。

tumblr_me4u7oVUnb1rphkdfo1_500.gif



<関連記事>
→【7月31日】今日は蓄音機の日



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

秘密

   
今日は何の日?カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
こんな記事もあります
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
今日何の日?
こちらにも記念日があります。
PR