ƒ 【12月25日】イエス・キリスト生誕とクリスマス - 今日は何の日?話のネタブログ

今日は何の日?話のネタブログ

今日という日を過去の出来事や著名人の誕生日など、様々な角度からピックアップしています。話のネタにどうぞ。

 
プロフィール

onemoreネタ

Author:onemoreネタ
今日という日の歴史的な出来事、事件、人物などを語るブログです。話のネタやブログのネタにどうぞ。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村
カテゴリ
今週の人気記事ランキング
おすすめ
楽天トラベル
i2i
スワップ金利
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
こちらのサイトを参考に作成しております。

【12月25日】イエス・キリスト生誕とクリスマス



752px-Gerard_van_Honthorst_001.jpg

 12月25日といったらクリスマスですね。日本でクリスマスと言うと ”イエス・キリストの誕生日でそれをお祝いする日”と考えられていると思います。最近ではそれすら忘れられていて恋人の日とか、プレゼントの日とか、食卓がいつもより豪華なケーキとチキンの日みたいになっていますよね・・・。
 
 しかし
新約聖書には、イエス・キリストの誕生日を特定する記述は書かれておらず、実際にイエスが生まれた日は不明だそうで、4月から9月の間らしいのです。そして少なくても12月の寒い月ではないということは確定されているそうです。あれれ???
 ということで、自分はイエス・キリストの生まれ変わりだとか、イエスの霊言ができるなどと称して、「雪のさんさんと降る夜に私は生まれたなど」と日本人のイエス生誕のイメージをそのまま言う宗教家や霊能者がいたら胡散臭いと思いましょう(笑)。
 
 とういうことで、各宗派がそれぞれに日付を定めてキリストの生誕を祝っていましたが、ローマ皇帝コンスタンティヌス1世が、336年にミトラ教の祭である冬至祭の日であったこの日をイエス・キリストの降誕の日と定めてからこの日がクリスマスの日となりました。
 現在ではキリスト教においてのクリスマスは「イエス・キリスト降誕を記念する祭日」と位置づけられており、「救世主イエス・キリストの誕生日」と考えられているわけでは無いそうで。
 
 
 でもまあ、イエス・キリストは「愛の神様」でもありますから、この日にお互いにプレゼントを贈り合ったり、恋人たちた家族たちの愛の絆を深める日としては相応しい日ですよね。

a1380_001517.jpg
クリスマスが終わると今度は一気にお正月ムードです。おせち、門松、忘年会と忙しくなってきますね。

「聖☆おにいさん
」、ブッダとイエスが日本の立川で休暇を楽しむという面白いコミックです。
よく問題にならなかったなぁ(笑)。こんなコミックが出せるには日本だけ??



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

秘密

   
今日は何の日?カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
こんな記事もあります
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
今日何の日?
こちらにも記念日があります。
PR