ƒ 【1月12日】オーストリアの少佐にスキーを教えてもらったから今日という日はスキー記念日 - 今日は何の日?話のネタブログ

今日は何の日?話のネタブログ

今日という日を過去の出来事や著名人の誕生日など、様々な角度からピックアップしています。話のネタにどうぞ。

 
プロフィール

onemoreネタ

Author:onemoreネタ
今日という日の歴史的な出来事、事件、人物などを語るブログです。話のネタやブログのネタにどうぞ。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村
カテゴリ
今週の人気記事ランキング
おすすめ
楽天トラベル
i2i
スワップ金利
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
こちらのサイトを参考に作成しております。

【1月12日】オーストリアの少佐にスキーを教えてもらったから今日という日はスキー記念日




374px-Theodor_von_Lerch_in_Japan.jpg


 本日1月12日「スキー記念日」です。1911年1月12日にオーストリア陸軍のテオドール・フォン・レルヒ少佐という将校が、新潟県高田(現在の上越市)の陸軍高田歩兵第58連隊の青年将校に、日本で初めてスキーの指導を行なったことにちなんで、スポーツ用品メーカー・ミズノの直営店・エスポートミズノが1994年に制定しました。

 このレルヒ少佐という方、スキーを教えるために来日してきたわけではないのですが、アルペンスキーの創始者の弟子でもあるということから、
八甲田雪中行軍遭難事件
の件もあって技術指導をしてもらうことになりました。
 当時のスキーは滑るというより雪中を歩くための技術だったそうで、写真でもわかるようにストックは1本で行っています。しかし、ほぼ同時期に普及した札幌では2本杖のノルウェー式が主流となりました。
 その後、1923年に開催された第一回全日本スキー選手権大会では、2本杖のノルウェー式が圧倒し、レルヒが伝えた1本杖の技術は急速に衰退しま した。

 現在、新潟県上越市高田の金谷山には
日本スキー発祥記念館が設置され、レルヒの業績を伝えています。
 また毎年2月上旬に「レルヒ祭」をはじめとした各種記念イベントも開催しています。
 なんといいますか、日本人は受けた恩は忘れないといいますか、どこかの国のように技術指導の恩を忘れて追い出したり、自分たちの国を起源にしたりしませんよね。歴史的事実に基づいて、ちゃんと評価し、恩を忘れないという姿勢はとても大事なことだと思います。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 雑学・情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

秘密

   
今日は何の日?カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
こんな記事もあります
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
今日何の日?
こちらにも記念日があります。
PR