ƒ 【1月27日】直木賞作家景山民夫氏の命日に寄せて - 今日は何の日?話のネタブログ

今日は何の日?話のネタブログ

今日という日を過去の出来事や著名人の誕生日など、様々な角度からピックアップしています。話のネタにどうぞ。

 
プロフィール

onemoreネタ

Author:onemoreネタ
今日という日の歴史的な出来事、事件、人物などを語るブログです。話のネタやブログのネタにどうぞ。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村
カテゴリ
今週の人気記事ランキング
おすすめ
楽天トラベル
i2i
スワップ金利
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
こちらのサイトを参考に作成しております。

【1月27日】直木賞作家景山民夫氏の命日に寄せて



sh 69

 1998年1月27日の深夜のことです。直木賞作家というよりも、当時は「幸福の科学」という宗教団体の信者として知られていた景山民夫氏が、東京・世田谷にある自宅の出火が原因で事故死されました。死因は一酸化炭素中毒。
 当時の死を報じたスポーツ紙や夕刊紙が「不審火」「書斎だけ炎上」「通報の夫人は軽症」という感じで報道され、個人的におおいに衝撃を受けたことを思い出します。

sh 70 景山民夫氏といえば、直木賞受賞作品の「遠い海から来たCoo」などで小説家としても有名ですが、40代、50代のおじさんたちにとっては、『シャボン玉ホリデー』『タモリ倶楽部』『11PM』『クイズダービー』等、の放送作家としての姿の方が知られていると思います。
 『オレたちひょうきん族』では ”フルハム三浦” で自分自身もTV出演するなど面白い方でした。小説をよく読んでいた管理人は、まさかこの人が景山民夫氏とは当時は思いもしないで見ていました。
 
 そして放送作家として活躍中にエッセイストとして『普通の生活』というエッセイを雑誌『ブルータス』に連載していたのですが、小説家としての才能があったようで、1987年には冒険小説『虎口からの脱出』で第8回吉川英治文学新人賞、第5回日本冒険小説協会最優秀新人賞を受賞し、翌年の1988年『遠い海から来たCOO』で第99回直木賞受賞を受賞します。才能あふれる人だったようです。
 
 その3年後には、「幸福の科学」の信者として「講談社フライデー事件」の「講談社フライデー全国被害者の会」の会長として同じく信者の小川知子さんとともに講談社などに損害賠償を請求する提訴を行ったことで一気に知名度があがります。
 その影響なのか、TVに出ることはめっきり減ったように思いましたが、日本では宗教は表立った宗教はタブーのようですので、連載なども打ち切りになったようです。
 またそれまでは親しい関係にあった高田文夫小林信彦ビートたけし内藤陳大橋巨泉
なども景山氏と距離をおくようになりますが、まあ、そうでしょうね。布教されるされないにしても「布教されるかもしれない」と思うとちょっと敬遠するのは日本人なら一般的にそうであろうと思います。
 小説の内容も幸福の科学の教義をふんだんに取りれたような内容にもなり、公私ともに信者としての姿を全面に出していたように思います。最初は説教臭い文章や突然のように出てくる教義らしい内容が鼻についたのですが、景山ファンとしては発刊される以上はついつい買って読んでしまいます。 しかし、段々と教義を自分のものとしてきたのでしょうか、「ティンカーベル・メモリーなど後年の作品には初期の説教臭さがとれてごく自然と読めるようになり、文章自体に優しさや癒やしを感じられるようになりました。これからの作品にちょっと期待もしていたのです。
 そんな景山民夫氏でしたが、死はあっけなく、そして突然に景山氏を襲います。1998年1月26日深夜に、成城の自宅書斎で喫煙しながら趣味であるプラモデル製作をしていたところ、接着剤から気化したシンナーに引火、書斎は激しく延焼します。50歳没。死因に関しては一酸化炭素中毒と報じられましたが公式には特定されていません。

sh 71  景山氏の焼死も「プラモ製作中の事故」と報じられたため、業界団体である模型連合会など徹底的に調査されました。結論として「不適切な環境で不適切な溶剤を使用したために起こった事故であり、適切な環境、適切な溶剤を用いれば事故の起こり得る可能性は低かった」ということになりましたが、模型業界への指導が行われることになります。

 葬儀も幸福の科学が取り仕切りましたが、そんな葬儀を残念に思うかつての昔の友人たちもいたそうです。
→http://spiruna.blog89.fc2.com/blog-entry-426.html


 本人自身はどうだったのでしょうか。幸せな人生だったのでしょうか。これからの人だっただけに残念でなりません。
 最近、景山民夫氏の書籍が出ていたのですが、まさかの幸福の科学の霊言本というものでした。景山民夫氏があの世からの通信を送ってきたということなのですが、一般読者とすれば、これは本物なのかどう判断すれば良いのか困ってしまいます。何冊も愛読してきたファンにしてみれば、あの世での小説というものを読めば本物であるのか、偽物なのかが判断できるのでしょうが。
 信じることができる信者さんはともかく、幸福の科学の信仰がない一般人からしてみれば、有名人のネームバリューを利用しているように思われると思います。

 本物の宗教なのか、偽物なのかは、その教えの内容よりも、その内容を信じている信者さんの姿で判断するのが一番だと思います。どこの宗教でも「愛」を説いていますが、それを公約のようにちゃんと実践しているかの見極めが大事であるでしょう。
「その樹の善し悪しは、果実を見れば分かる」との言葉通りだと思います。

 さて、幸福の科学の信者さんはどうなのでしょうか。幸せになっているのでしょうか?周囲の人も幸福になっているのでしょうか。人格は向上しているのでしょうか?
 信仰を持つことは人間にとって大切なことだと思いますが、それによって心が豊かにならないと入信する意味がないように思うのです。信仰とは自分を「神仏」へと近づける行為であると思うのです。ですので多くの色んな意見を聞くことができる器の広さをもっていただきたいですし、独善的になって、信仰を持っていない人間を上から目線で見下したり、批判をするのはやめた方がよいでしょう。そういう姿に他の人は辟易するのですから。
 神や仏から流れる教えを学べば学ぶほど、感化力や魅力ある人物になるのが道理であると思います。

景山民夫氏の著作のファンとしてこの日を偲びたいと思います。



幸福の科学の影響を受けた書籍





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 雑学・情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

秘密

   
今日は何の日?カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
こんな記事もあります
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
今日何の日?
こちらにも記念日があります。
PR