ƒ 【1月29日】本多静六と「四分の一天引き法」 - 今日は何の日?話のネタブログ

今日は何の日?話のネタブログ

今日という日を過去の出来事や著名人の誕生日など、様々な角度からピックアップしています。話のネタにどうぞ。

 
プロフィール

onemoreネタ

Author:onemoreネタ
今日という日の歴史的な出来事、事件、人物などを語るブログです。話のネタやブログのネタにどうぞ。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村
カテゴリ
今週の人気記事ランキング
おすすめ
楽天トラベル
i2i
スワップ金利
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
こちらのサイトを参考に作成しております。

【1月29日】本多静六と「四分の一天引き法」



Honda_Seiroku.jpg
本多静六博士(Wikipedia)

 本日1月29日は、本多静六博士の命日です(本多静六 ほんだせいろく1866年8月11日誕〜1952年1月29日没)

 日本の林学博士、造園家として多大な功績を残し、日本の「公園の父」といわれています。明治神宮の森を設計したことで有名ですが、日本全国の手がけた主な公園、風景策の数は75にも及びます。
 なかでも”首かけイチョウ”と呼ばれるイチョウの木があるのですが、道路拡張のために、移植不可能と言われたイチョウの木を伐採の危機から守るべく「私の首に賭けても移植を」と懇願し、日比谷公園に移植、成功させました。推定樹齢は400年で公園で最も古いイチョウとしても知られています。

 このように本業の林学、造園でも功績を残されていますが、それ以外に処世術といいますか、勤倹貯蓄の方法でも知られてます。
 これは幼少時に父親を亡くして経済的に苦労した経験とドイツ留学でのルヨ・ブレンターノ教授の教えから、来ているのですが、有名なものに「四分の一天引き法」というものがあります。元は仏教の教えで、釈尊が在家の人の事業の繁栄、成功の教えとして「将来のために四分の一ぐらいを蓄えよ。」という教えを自らが実践し、実際に莫大な富を築きました。
 この方の偉大なところは、その巨額の富を退官を機に匿名でほぼすべてを教育、公共の関係機関に寄付したことでも知られています。こんな無欲の方が当時はいたんですね。日本が発展した訳です。
 
 また、日々1ページ原稿を書くことを常としたため、370冊を超える著作も残されています。


【実際の貯蓄法】


 その実際の勤倹貯蓄の方法ですが、手取り月収が40万なら、1/4の10万円を天引きして貯金をします。30万で生活をするわけですね。さらに臨時収入があった場合は全て貯金してしまいます。

 うーん、実際は無理!という方も多いと思いますが、貯金は「貯めようと思わないと絶対に貯まらない」ですから、まずは貯めようと決意することからスタートです。
 
 毎月10万円を貯めると3カ月で30万円、つまり1ヶ月分の生活費ができあがります。これを1年間続ければ、4か月分の生活費を貯めることができます。30年間で10 年分の生活費ができあがることになりますね。
 本多博士はこの富を分散投資して、更に貯金額を増やしていきました。
 
 自然に生活していくと、自分の収入に応じた生活スタイルになりますが、40万の生活スタイルを改めて30万なりの生活スタイルに切り替えていくということなのでしょうかね。
 やってみたい気もしますが、困った時に手を出さない方法も欲しいところです(笑)。





→本多静六博士顕彰事業(埼玉県久喜市HP)

→〜日本の公園の父〜本多静六博士(旧菖蒲町HP)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 雑学・情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

秘密

   
今日は何の日?カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
こんな記事もあります
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
今日何の日?
こちらにも記念日があります。
PR