ƒ 【2月1日】匂いと記憶 - 今日は何の日?話のネタブログ

今日は何の日?話のネタブログ

今日という日を過去の出来事や著名人の誕生日など、様々な角度からピックアップしています。話のネタにどうぞ。

 
プロフィール

onemoreネタ

Author:onemoreネタ
今日という日の歴史的な出来事、事件、人物などを語るブログです。話のネタやブログのネタにどうぞ。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村
カテゴリ
今週の人気記事ランキング
おすすめ
楽天トラベル
i2i
スワップ金利
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
こちらのサイトを参考に作成しております。

【2月1日】匂いと記憶



a0002_010419.jpg

 本日2月1日「ニオイの日」です。「に(2)お(0)い(1)」の語呂合せでP&Gが2000年に制定しました。
 人間の五感のうち、嗅覚って人ぞれぞれですよね。敏感な人もいれば無頓着な人も。また自分のニオイって自分自身ではなかなかわかりづらいものがありますし、一番気になる部分ではないでしょうか?
 気になる他人の口臭、体臭って本人に言いづらいものがあります。
 必要以上に気にする必要はありませんが、家族とか身内でチェックしてもらえる人がいると助かりますね。
 
 この「ニオイ」ですが、日本語って難しいというか、凄いといいますか、美しい色彩のことも「におい」といいます。
 「いろは歌」の冒頭でも「いろはにほへど ちりぬるを(色は匂へど 散りぬるを)」とあります。
 自然の中で鮮やかな色彩を醸しだすのは植物が多いでしょうから、鮮やかであればあるほど、その香りも匂うことからなのでしょうか。

 このように私達の身近には、良い匂いも不快感を伴う臭いも存在しますが、このニオイとは、
記憶を喚起する力がとても強いと言われています。
 これは、嗅覚のみが他の五感と違い、直接、感情の記憶する扁桃体につながっていることからくるもので、ある特定の匂いが
、それにまつわる記憶を誘発する現象は、「プルースト効果(プルースト現象)」と呼ばれています。
 この名称ですが、フランスの小説家マルセル・プルーストの小説『失われた時を求めて』の文中において、主人公がマドレーヌを紅茶に浸したとき、その香りをきっかけとして幼年時代の記憶が鮮やかに蘇るという描写から名付けられてます。
 花の香りが物語の重要な鍵になる小説は、日本でも筒井康隆の『時をかける少女』でも出てきましたね。


 また、脳は香りが何もないより、香りを嗅ぐことで記憶力が増す傾向にあるので、記憶力を高めたいと願う人におすすめなのが、部屋にバラの香りを漂わせる方法です。
 学習する時にバラの香りを嗅ぎ、夜、睡眠の間に同じバラの香りを嗅ぐと記憶力が高まることが証明されているそうです。
 香りの秘密って色々ありそうで面白いですよね。





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 雑学・情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

秘密

   
今日は何の日?カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
こんな記事もあります
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
今日何の日?
こちらにも記念日があります。
PR