ƒ 【2月14日】バレンタインデーの起源の人、ウァレンティヌス - 今日は何の日?話のネタブログ

今日は何の日?話のネタブログ

今日という日を過去の出来事や著名人の誕生日など、様々な角度からピックアップしています。話のネタにどうぞ。

 
プロフィール

onemoreネタ

Author:onemoreネタ
今日という日の歴史的な出来事、事件、人物などを語るブログです。話のネタやブログのネタにどうぞ。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村
カテゴリ
今週の人気記事ランキング
おすすめ
楽天トラベル
i2i
スワップ金利
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
こちらのサイトを参考に作成しております。

【2月14日】バレンタインデーの起源の人、ウァレンティヌス




a0001_014408.jpg

 2月14日はご存知バレンタインデー。有名すぎて他の記念日がかすれてしまいます。
 世界各地で男女の愛の誓いの日とされますが、女の子の告白とチョコレートを贈る日は日本独自のものだとか。
 1970年後半ごろから定着してしまったようです。とあるお菓子メーカーが販売促進のために企画したそうですが、色々な説が出ています。
 今のハロウィンや恵方巻きブームのように火付け役がいるようです。
 そういえば、最近ではハロウィン関連の売り上げがバレンタインデーの売り上げを超えたようです。チョコ代よりもハロウィンの衣装代でかかるようで。

 さて、このバレンタインデーの由来ですが、西暦269年にローマ皇帝の迫害下で殉教した聖
ウァレンティヌスに由来すると言われていまが、ただ、実在するかどうか分からない伝説の人物なので、現在ではカトリックの聖人暦からは除外されています(崇拝されなくなった訳ではないそうで)。
 それまでの1969年の2月14日が、「聖ウァレンティヌスの殉教の日」とされていました。

 当時のローマ皇帝
クラウディウス2世
は、愛する人を故郷に残した兵士がいると士気が下がるという理由で、ローマでの兵士の婚姻を禁止しました。それはあまりにもかわいそうということで、キリスト教司祭だったウァレンティヌスは秘密に兵士を結婚させていましたが、捕らえられ、処刑されることになります。
 この日が、当時のローマの祭りのユノという女王の神様の祭日であり、豊年を祝うルペルカリア祭の前日である2月14日でした。
 処刑はあえてこの日を選び、ウァレンティヌスはルペルカリア祭に捧げる生贄とされたといいます。
 このためキリスト教徒にとっては、この日は「恋人たちの日」となりました。

 こんなキリスト教にちなんだ日なのですが、日本ではすっかり骨抜きにされ、男女の目に見えぬ戦いの日となってしまいました。
 この日は男女共になーんかそわそわして落ち着かない日ですね(笑)。また、年をとると、別にどうでもいい日でもあります(笑)。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 雑学・情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

秘密

   
今日は何の日?カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
こんな記事もあります
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
今日何の日?
こちらにも記念日があります。
PR