ƒ 【2月26日】2.26事件の日 - 今日は何の日?話のネタブログ

今日は何の日?話のネタブログ

今日という日を過去の出来事や著名人の誕生日など、様々な角度からピックアップしています。話のネタにどうぞ。

 
プロフィール

onemoreネタ

Author:onemoreネタ
今日という日の歴史的な出来事、事件、人物などを語るブログです。話のネタやブログのネタにどうぞ。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村
カテゴリ
今週の人気記事ランキング
おすすめ
楽天トラベル
i2i
スワップ金利
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
こちらのサイトを参考に作成しております。

【2月26日】2.26事件の日




 800px-Hanzomon_February_2x_1936.jpg
 蹶起直後の半蔵門(Wikipedia)

 日本では政変が起こると東京に雪が降るとか、 逆に東京で雪が降ると政変が起こるというジンクスがありますが(赤穂浪士の討ち入り、桜田門外の変など)、2.26事件の朝もそうでした。
 1936年2月26日未明、陸軍の青年将校たち1400名は、首相官邸、警察庁などを占拠し、政府首脳・重臣の暗殺を企てました。
 この結果、
高橋是清斉藤実などが亡くなることになります。

 この事件の背景には、大不況による貧富の差の拡大、政財界の癒着などの問題があり、軍の内部でも統制経済によって国家改造を行おうとする「
統制派」と、特権階級を廃して天皇親政の実現を目指す「皇道派」とに分かれ、激しく対立していました。
 皇道派は、天皇の意思を妨げる「君側の奸」を打倒し、腐敗した財界を解体し、天皇の下に権力が一元化された国家への改造を目的としていました。
sh 220
 その思想の背景には「北一輝
」(1883年4月3日〜1937年8月19日)という人物がいます。この人は民間人ではありましたが、後に2.26事件の理論的指導者の一人として銃殺刑に処せられます。

 さて、「統制派」と「皇道派」の激しい対立のなか、統制派は皇道派を潰すべく皇道派の中心メンバーたち青年将校らを満州へ遠ざけようとします。これを知った青年将校たちは、「昭和維新・尊皇討奸」を掲げてついに決起を決断します。
 襲撃は速やかに行われ、東京は騒然とします。


Troops_occupying_Nagata-cho_1.jpg
 永田町一帯を占拠した兵士(Wikipedia)

 皇道派の青年将校らがこの計画に狂奔したのは、天皇への忠誠を誓い、結果を顧みずに「捨石」たらんとしたという思想的特質にもよるものでした。彼らは陸軍省部中央に近い統制派ほど具体的な情勢判断と方針を持たなかったのです。
 青年将校らは自分たちの行動を起こした後は、「陛下の下に一切を挙げておまかせすること」に期待するのみでした。
 軍上層部は同士討ちを恐れて鎮圧を躊躇っていましたが、ここで軍部も反乱軍も予期せぬことが起こります。  
 普段は温厚な天皇は、事態に曖昧な態度をとる軍部に激しい憤りを見せ、自ら近衛師団を率いて鎮圧するとまで言い出すほど激昂されたのです。
 これを受けた軍部は鎮圧に動き出しました。
 反乱将校達が一番に信じていた昭和天皇が事件発生時から彼らを「暴徒」や「反乱軍」と見なし、早期の鎮圧を強く望んだのです。これによって彼らの反乱は、わずか数日で鎮圧されることになりました。
 彼らの思いは天皇陛下には届かず、逆に怒りを買うことになったのです。
 
 事件後の処理は厳しいもので、叛乱罪ということで青年将校・民間人17名が銃殺刑となりました。この事件の引き金となった背景には5.15事件があったのですが、この時の処分が軽かったということが今回の事件を引き起こしたと考えられていました。

→【5月15日】犬養毅と5.15事件。そして沖縄

 事件の裏には、陸軍中枢の皇道派の大将クラスの多くが関与していた可能性が疑われていますが、結局は「血気にはやる青年将校が不逞の思想家に吹き込まれて暴走した」という形で世に公表されることになりました。
 天皇の命により、統制派をはじめとする軍部により、この皇道派は一掃されるので、以降、陸軍では、統制派が力を付けていく事になります。

 日本を良くしたい。その思いは純粋で正しくても、手段を間違えないように国政を変えてほしいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 雑学・情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

秘密

コメント一覧

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
   
今日は何の日?カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
月別アーカイブ
こんな記事もあります
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
今日何の日?
こちらにも記念日があります。
PR