ƒ 【5月6日】ヒンデンブルク号爆発事故と飛行船 - 今日は何の日?話のネタブログ

今日は何の日?話のネタブログ

今日という日を過去の出来事や著名人の誕生日など、様々な角度からピックアップしています。話のネタにどうぞ。

 
プロフィール

onemoreネタ

Author:onemoreネタ
今日という日の歴史的な出来事、事件、人物などを語るブログです。話のネタやブログのネタにどうぞ。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村
カテゴリ
今週の人気記事ランキング
おすすめ
楽天トラベル
i2i
スワップ金利
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
こちらのサイトを参考に作成しております。

【5月6日】ヒンデンブルク号爆発事故と飛行船



788px-Hindenburg_burning.jpg

 今日から仕事の方も多いと思います。疲れも残っているかと思いますが、すぐ土日になるので、しっかり疲れをとりましょう^^

 さて、1937年の5月6日
のこの日は、ヒンデンブルク号爆発事故が起きました。これは1912年4月14日に起きたイギリスの豪華客船タイタニック号沈没事故、1986年1月28日に起きたアメリカ・スペースシャトル・チャレンジャー号爆発事故などとともに、20世紀の世界を揺るがせた大事故のひとつとして数えられています。

 ヒンデンブルク号が竣工していた当時のドイツですが、すでにナチスの政権下にありましたので、この飛行船も国威掲揚のひとつとして大々的に利用されていました。

 フル稼働した最初の年である1936年は、アメリカ合衆国へ10回、ブラジルへ7回、計17回の大西洋横断往復飛行を行いました。1936年7月には、5日19時間51分という、大西洋往復飛行記録も樹立しています。

 しかし、1937年の5月6日、アメリカのイクハースト海軍航空基地に着陸準備をしている最中、高度200mで突如、発火、炎上します。僅か37秒で完全に炎に包まれたと言いますから、あっという間の出来事だったといえます。これにより乗員・乗客35人と地上の作業員1名が死亡しました。

 火災の原因は、陰謀説(映画にもなりました)や、水素ガスの漏洩などの事故説など様々な議論が起きましたが、現在では、静電気の火花が船体の外皮の塗料に引火したのではないかという説が有力だそうです。

 この事故により、大型硬式飛行船の安全性に疑問が持たれ、飛行船の時代は終わりましたが、しかし、現在は安全性も向上し、見直しがはかられており、ゆっくりと飛行するので、広告・宣伝にはピッタリであること、また空輸にしても、長い滑走路がいらないこと、ソーラパネルなどによる推進も可能なエコの面からも見直しがされているそうです。
 別に急いで運ばなくてもいいものは太陽電池の飛行船でゆっくりと安く運べるという選択肢があるのもいいですね。





2013年の2月公開の映画です。

こちらの映画も有名でした。





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史大好き!
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

秘密

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

1月22日の「飛行船の日」と所沢飛行場

  ちょっと過ぎてしまいましたが1月22日は日本の「飛行船の日」だったんですね。忘れていました。1916年(大正5)年のこの日に、日本初の国産飛行船、陸軍の「雄飛号」が所沢~大阪間で実験飛行したことにちなんでいます。 1916年というと、第一次世界大戦の真っ最中で、日本も日英同盟に基づいてドイツ帝国へ宣戦を布告して連合国の一員として参戦しました。この時に捕虜にしたドイツ兵を丁寧に扱ったことで...

-

管理人の承認後に表示されます
   
今日は何の日?カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
こんな記事もあります
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
今日何の日?
こちらにも記念日があります。
PR