ƒ 【5月20日】安保条約強行採決とデモ - 今日は何の日?話のネタブログ

今日は何の日?話のネタブログ

今日という日を過去の出来事や著名人の誕生日など、様々な角度からピックアップしています。話のネタにどうぞ。

 
プロフィール

onemoreネタ

Author:onemoreネタ
今日という日の歴史的な出来事、事件、人物などを語るブログです。話のネタやブログのネタにどうぞ。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村
カテゴリ
今週の人気記事ランキング
おすすめ
楽天トラベル
i2i
スワップ金利
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
こちらのサイトを参考に作成しております。

【5月20日】安保条約強行採決とデモ



1960_Protests_against_the_United_States-Japan_Security_Treaty_01.jpg
衆議院における強行採決(ウィキペディア)

 1960年の5月20日は、日米安保条約を衆議院で強行採決した日です。
このことから、以降、連日デモ隊が国会を囲み、日本史上空前規模の反政府、反米運動とそれに伴う政治闘争がわきおこりました。当時の岸内閣は混乱の責任を取り総辞職に追い込まれます。

 この日米安保条約に対する政治闘争を
安保闘争
と呼びます。
 1959年(昭和34年)から1960年(昭和35年)、1970年(昭和45年)の2度にわたり、日本で展開された日米安全保障条約(安保条約)に反対する国会議員、労働者や学生、市民が参加しました。

 当時の反米運動を考えると、日本社会党、共産党、マスコミを中心に戦後の傷が癒えない民衆を焚きつけたような気がします。「せっかく戦争が終わったのに、条約を結ぶとアメリカの戦争に巻き込まれる」という不安を上手く煽ったのではないでしょうか。背後に冷戦時代のソ連の協力があったことは言うまでもありません。

1960_Protests_against_the_United_States-Japan_Security_Treaty_02.jpg 闘争の激化に伴い、岸は、警察と右翼の支援団体だけではデモ隊を抑えられないと判断し、暗黒街の親分衆の会合に派遣を依頼したといいます。
 この右翼をデモ隊に対抗する行動部隊として動員させる過程で、 一部の右翼とヤクザなどの反社会勢力との関係が深まります。警察との癒着もここら辺に端を発しているようですね。

 6月15日には、ヤクザと右翼団体がデモ隊を襲撃して多くの重傷者を出し、学生の死亡者まで出します。

 さすがにマスコミもやばいと思ったのか、暴力での闘争はいけないと事態の収拾をはかり始めますが、反体制側からは、警察側の暴力をとりあげないことで、非難を受けます。

 「60年安保闘争」は空前の盛り上がりを見せましたが、岸の政治手法への反感に支えられた要素がありましたので、安保改定が成立し、岸内閣の退陣で急速に運動が収束します。なんかここら辺がおかしいと思うのですが、安保反対で始まった運動ではなかったのではないでしょうかね。結局、岸内閣から池田内閣へと移り、自民党の政権は変わらずでしたから、総選挙の結果もほとんど影響がなかったことになります。

 しかし、一部デモ隊側から見れば、安保阻止は実現できなかったものの、自らの運動によって内閣を退陣させることに成功した意義は非常に大きいとのことで、大学生が主体となった反体制運動は、続くベトナム戦争反戦運動により拍車がかかり、一連の大学紛争へ至ります。

 しかし70年安保闘争では左翼側の分裂や暴力的な闘争、抗争が激化し、運動は大衆や知識人の支持を失ないます。暴力では民衆の支持を得ることは難しいですよね。

 現代の日本では考えられないですね。

 この安保条約ですが、内閣府が2010年1月におこなった世論調査では、同条約が日本の平和と安全に

「役立っている」との回答が76.4%、
「役立っていない」との回答が 16.2%
となりました。

 また「日本の安全を守るためにはどのような方法をとるべきだと思うか」との問いには

「現状どおり日米の安全保障体制と自衛隊で日本の 安全を守る」との回答が77.3%、
「日米安全保障条約をやめて、自衛隊だけで日本の安全を守る」が9.9%、
「日米安全保障条約をやめて、自衛隊も縮小または廃止する」が4.2% となりました。
(日米安保条約世論調査)

 大多数の国民がこの条約が日本の平和に寄与していると捉えてると思います。
 憲法九条の平和憲法ではなく、実際にはアメリカの核の傘下で守られてきたのが現実ではないでしょうか。

 当時の反対、デモにはなんの意義があったのでしょうか。もしあのとき、デモ隊により岸内閣退陣だけでなく、政権交代、安保条約が破棄されてしまっていたらどうなっていたのでしょうね。

 学生の時代に「自分たちのデモで日本の政治を変えられたんだ」ということで、当時を懐かしく思う団塊おじさんたちもいるようですが、安保条約の中身もよく知らず、反体制がかっこいいとか、正義だという雰囲気で参加した人たちも多いと思いますよ。

 行動には責任が伴います。「当時は青臭く若かった」で済まされないのではないでしょうか。当時の安保闘争に参加したおじさんたちは、現代日本の状況をよく見て、今後は、単なる体制への反発とか、雰囲気だけで投票しないでいただきたいものです。

 日本がアメリカから離れることを望んでいる危険な隣国があることも事実です。もっと危険な脅威も同様に捉えて欲しいですね。民主党のような政権はもうごめんです。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

秘密

   
今日は何の日?カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
こんな記事もあります
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
今日何の日?
こちらにも記念日があります。
PR