ƒ 【2月28日】台湾の二・二八事件と恩 - 今日は何の日?話のネタブログ

今日は何の日?話のネタブログ

今日という日を過去の出来事や著名人の誕生日など、様々な角度からピックアップしています。話のネタにどうぞ。

 
プロフィール

onemoreネタ

Author:onemoreネタ
今日という日の歴史的な出来事、事件、人物などを語るブログです。話のネタやブログのネタにどうぞ。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村
カテゴリ
今週の人気記事ランキング
おすすめ
楽天トラベル
i2i
スワップ金利
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
こちらのサイトを参考に作成しております。

【2月28日】台湾の二・二八事件と恩



228_memorial.jpg
二・二八事件紀念碑(ウィキペディア)

 本日、1947年の2月28日は、二・二八事件が起きた日です。
 これは、当時はまだ日本国籍を有していた本省人(台湾人)外省人(在台中国人)との大規模な抗争、事件でした。約40年後、戒厳令の終了と政府側の遺族への謝罪によりようやく終結します。

 1945年、日本が敗戦した後の台湾に、日本軍の武装解除を行うために連合国軍の委託を受けて、中国大陸から
蒋介石率いる中国国民党政府の官僚や軍人が行政を引き継ぎに進駐してきます。

 国民党の政治の基本は軍隊や暗殺団を利用した恐怖政治であり、従わないものは徹底的に弾圧するものでした。かたや台湾人は大日本帝国統治下の法治政治に慣れ、それを当然のものと考えていた為にこの悲劇を引き起こすことになります。

 最初の頃は、本省人が台湾の「祖国復帰」を喜び、中国大陸から来た国民党政府の官僚や軍人らを歓迎していましたが、やがて彼らの腐敗の凄まじさに驚き、失望しました。それは日本の統治とは似ても似つかないものだったからです。

 大陸から来た軍人・官僚は国共内戦の影響で荒れた者が大半で、強姦・強盗・殺人を犯すことも多く、それでも、犯人が罰せられぬことがあり、もし罰せられる場合でも、犯人の省籍をマスコミ等で報じることは厳しく禁じられたそうです。
 また、台湾の資材 が中国人官僚らによって接収・横領され、上海の国際市場で競売にかけられるに到り、台湾の物価は高騰、インフレによって企業の倒産が相次ぎ、失業も深刻化していきます。
 不正の少なかった日本の統治を体験した台湾人にとって、治安の悪化や役人の著しい腐敗は到底受け入れがたいものであったといえます。

 人々の不満は、いやが上にも高まっていきます。 当時の台湾人たちは「犬去りて、豚来たる」(犬 [ 日本人 ] はうるさくても役に立つが、豚 [ 国民党 ] はただ貪り食うのみ)と揶揄したそうです。

 1947年2月27日、台北市で闇菸草を販売していた本省人女性に対し、取締の役人が暴行を加える事件が起き、これが発端となって、翌2月28日には本省人による市庁舎への抗議デモが行われます。台湾の人々は、警官や軍隊が群集を無差別に虐殺する事態まで想定してはいなかったようです。しかし、既に日本の統治下ではありません。言論の自由など許されるはずもなく、即に憲兵隊がデモ隊に対し、発砲します。抗争はたちまち 台湾全土に広がることとなりました。国民党政府は大陸から援軍を派遣し、武力によりこれを徹底的に鎮圧する暴挙に出ます。

 この事件によっ て、約 28,000 人もの本省人が殺害・処刑され、彼らの財産や研究成果の多くが接収されたと言われています。実際の被害者の数はさらに多いとの説が今尚根強く存在しており、 正確な犠牲者数を確定しようとする試みは、いまも政府・民間双方の間で行なわれています。

 この事件を契機に蒋介石が本省人知識階級を大量虐殺し、日本語の使用を完全に禁止し たために、台湾経済の発展は大きく後退したとの説もあるくらいです。

 事件の際、発令された戒厳令はなんと、40 年後の1987年まで継続し、白色テロと呼ばれる恐怖政治によって、多くの台湾人が投獄、処刑されてきました。
 その後、内外の批判によって国民党政府が漸く戒厳令を解除した後も、国家安全法によって言論の自由が制限され、今日の台湾に近い形の「民主化」が実現するのは、
李登輝総統が1992年に刑法を改正し、言論の自由が認められてからのことです。なんかほんとに最近なんですね。

 1989年にはこの事件の映画化がされます。(『
悲情城市
』)この映画は、ヴェネツィア国際映画祭で金賞を受賞し、二・二八事件は世界的に知られる事となりました。



 台湾は韓国とは違い、親日的な側面が多いですよね。民族の独立という面からすれば、日本の統治の不満や悪いこともあったでしょうが、日本の統治のよい面も公平に評価してくれるのは、お隣の国と違ってとても嬉しいことです。

 台湾における日本統治時代への評価は朝鮮に比べて肯定的であり、特に日本統治時代を経験した世代にはその時代を懐かしみ、評価する人々も多く、そのような声を載せた著書も数多く出版されています。
 その影響もあり台湾における各種世論調査では台湾人は日本に好意的です。

 台湾人は、日本人の心情に最も近い民族なのでしょうね。日本人が台湾に旅行に行ったときに、昔の良き日本をあちこちで感じる時があると言います。

 日本人的美徳として考えられるのに「正直であり、嘘をつかない」というのがあります。実際はどうあれ、日本人は、自分のために嘘をつく人は、人として最低とみます。これは、ご先祖様が常に見ているとか、因果応報などの仏教的な教えから来ていると思われますが、台湾人にも共通したメンタリティのようです。

 しかし中国人の考えでは、
自分や他人のメンツを保つための「嘘」は、嘘のうちに入らないと考える人が多い。(ZAPZAP ! 記事)とのこと。それが常識として、まかり通るのですから、日本人とは大きな違いですよね。

 また、韓国の偽証罪は日本の165倍!(人数は日本の66倍、日本の人口が韓国より2.5倍多いことを勘案すれば165倍) 他人に汚名をかぶせて告訴する誣告事件は日本の305倍、詐欺事件は13.6倍だそうです・・・あぁ・・・。

 やっぱりお近づきになりたくたいですね。自分を好いてくれる人を好きになるのは人間としての道理です。私はあなたが嫌いだと言い続ける人を好きになれるはずはありませんよ。なんで無理して友好関係を結ばないといけないんでしょうか。

 このように台湾にも悲しい時代、悲劇がありました。日本の統治がすべて善とは思いません。しかし、台湾人と共に国の発展、暮らしを向上させようと努力した日本人たちがいたことを忘れない、公平に評価してくれる台湾の方々を嬉しく思います。

 そして、台湾の皆さん、東日本大震災の時には本当にありがとうございました。
「苦しい時にしてくださった恩は決して忘れない」それが、人としての何よりの美徳だと考えている国同士で仲良くしたいものです。

800px-謝謝台湾計画_聯合報
マスコミがしないなら民間で。感謝と恩を忘れてはなりません。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

秘密

   
今日は何の日?カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
こんな記事もあります
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
今日何の日?
こちらにも記念日があります。
PR