ƒ 【5月25日】キャパと「崩れ落ちる兵士」 - 今日は何の日?話のネタブログ

今日は何の日?話のネタブログ

今日という日を過去の出来事や著名人の誕生日など、様々な角度からピックアップしています。話のネタにどうぞ。

 
プロフィール

onemoreネタ

Author:onemoreネタ
今日という日の歴史的な出来事、事件、人物などを語るブログです。話のネタやブログのネタにどうぞ。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村
カテゴリ
今週の人気記事ランキング
おすすめ
楽天トラベル
i2i
スワップ金利
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
こちらのサイトを参考に作成しております。

【5月25日】キャパと「崩れ落ちる兵士」



Capa_015.jpg  
Falling Soldier 〜崩れ落ちる兵士(死の瞬間の人民戦線兵士)

 本日5月25日は、ロバート・キャパ(1913年10月22日生 - 1954年5月25日没/本名はフリードマン・エンドレ・エルネー。ハンガリー生まれのユダヤ人)の命日です。
 戦場カメラマンとして有名な写真家であるキャパはこの日、北ベトナムでフランス軍に同行取材中に地雷を踏んで死亡しました。享年40歳。スペイン内戦、日中戦争、第二次世界大戦のヨーロッパ戦線、第一次中東戦争、および第 一次インドシナ戦争の5つの戦争を取材した20世紀を代表する戦場カメラマン、報道写真家として有名でした。

 キャパを一躍有名にした写真に
「死の瞬間の人民戦線兵士」という写真があります。1936年のスペイン内戦時の兵士を撮影したとされ、フランスの雑誌に表紙として掲載、そして翌年にはアメリカの当時最も影響力のあった雑誌「ライフ」に掲載されたことにより、22歳の無名の青年だったキャパを一躍有名にしました。

 この写真は、反ファシズムのシンボルのように扱われた写真でありましたが、あまりに「完成度」が高いことや、頭部に負傷がはっきりと確認できないこと、更にキャパ自身がこの写真について語りたがらなかったことから、本当に撃たれた瞬間を撮った写真であるかどうかについて、真贋論争が60年にわたり続けられてきました。

 最近ではNHKでも特集を組んで放送していましたが、
(2013年2月3日放送「沢木耕太郎 推理ドキュメント 運命の一枚〜“戦場”写真 最大の謎に挑む〜) この写真は前線からは離れた場所で単に演習中の中で撮られたものであると断定されたそうです。
 しかし、このNHKの報道も、あたかもこの番組で初めてキャパの写真が"やらせ"であったかのように報道していますが、海外ではすでに40年ほど前から"やらせ"が常識だそうで・・・。なんかここでも騙された気分になりますね。

→ガジェット通信 キャパの「崩れ落ちる兵士」 ”NHKのヤラセ”か


 この伝説の写真ですが、当時の恋人、
ゲルダが撮影した写真とも言われています。ゲルダもまた戦場カメラマンで、キャパが有名になる前に、戦場で暴走したタンクに轢かれ亡くなってしまいます。

 キャパは、なぜ危険な戦場へ向かい続けたのでしょうか?
 その理由に、この伝説の写真が、ゲルダの作品であり、この伝説の写真を超える戦争写真を撮ることが、自分の使命であり、ゲルダへの愛を証明する唯一の方法と考えていたのではないかと考察する方もいます。

 管理人的には一番しっくりくる考え方かなと思います。

 キャパも売れるために致し方なかったとか、大きな目標をかなえるためのステップだったとか、個人の事情でしたら同情もしますし、致し方ないところがあると思います。
 その負い目なのか、ゲルダや世間への贖罪の気持ちもあって、より戦場写真を撮り続けたということもあるとは思います。
 現実にこの写真をきっかけにキャパの写真は多くの人々の目に届くことになり、写真という手段で、戦争のリアルを伝えるという意味では、多大なる影響を与えてくれました。その功績は計り知れないものがあると思うのです。

 しかし、戦争を反対させる世論を形成するために、特定の勢力が、その写真を利用したり、捏造をするのは、ちょっと許せない部分があります。「写真」そのものをある目的のために利用しようとすることは、「写真」そのもののもつ純粋なインパクトを曲げてしまうことになるのではないでしょうか。
 本来の写真の意味とは違うキャプションをつけて「日本兵の虐待の証拠写真だ」と政治利用に使ったりするのは酷いものです。

 まあ、
朝日新聞の珊瑚礁捏造事件のような意図的な捏造写真は、繰り返して欲しくないですし、日本人全体の品格をわざと貶めて、それを朝日新聞が良心的な糾弾者として啓蒙するという考え方で写真を利用するというのも、とんでもない思い上がりであると思いますが。

 客観的に真実のみを伝えるというのは、人間が行っている以上、完全には無理なのでしょうか。
 キャパの写真の持つ威力は、朝日新聞の写真なんかとは比べものになりません。
 純粋に写真のインパクトを観ていきたいものです。



<関連記事>
→【3月5日】珊瑚の日と朝日珊瑚記事捏造事件





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 雑学・情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

秘密

   
今日は何の日?カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
こんな記事もあります
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
今日何の日?
こちらにも記念日があります。
PR