ƒ 【8月2日】殲滅の因果か怨念か。カンネエの戦い。 - 今日は何の日?話のネタブログ

今日は何の日?話のネタブログ

今日という日を過去の出来事や著名人の誕生日など、様々な角度からピックアップしています。話のネタにどうぞ。

 
プロフィール

onemoreネタ

Author:onemoreネタ
今日という日の歴史的な出来事、事件、人物などを語るブログです。話のネタやブログのネタにどうぞ。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村
カテゴリ
今週の人気記事ランキング
おすすめ
楽天トラベル
i2i
スワップ金利
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
こちらのサイトを参考に作成しております。

【8月2日】殲滅の因果か怨念か。カンネエの戦い。




Cap 372
ローマ軍『執政官パウルスの最期』

 何の因果か、世界には戦争になる地があります。地政学上そうなるのでしょうが、多くの血を求めるような地が現実に存在します。
 イスラエルのように、宗教的聖地で、多くの人々が住んでいる都市などでしたら、権力、利権、富などを巡って争いになるのは分かりますが、人もいない平野であるからこそ、逆に戦場になりやすい地というのも存在するようです。



Cap 373 カンナエの戦い
 は、紀元前216年8月2日、アプリア地方のカンナエ(カンネー)で起こったローマ軍とカルタゴ軍の戦いでです。
 
第二次ポエニ戦争における会戦の一つで、ハンニバル
率いるカルタゴ軍が、2倍以上の軍勢を誇るローマの大軍を包囲殲滅した戦いとして戦史上名高いです。

 そして同じ場所で、ローマ軍とノルマン人の戦いが1234年後に行われます。これも「カンナエの戦い」と言われています(1018年10月1日)。今度は、以前殲滅された側のローマ軍がノルマン人を殲滅するという逆の立場になります。1200年前の教訓を活かしたかたちになったのでしょうか。不思議な因縁を感じますね。

 さて、最初のハンニバル軍とローマ軍の戦いの「カンナエの戦い」ですが、「包囲殲滅戦」の好例として欧米の士官学校では必ず学習するくらい有名な戦いです。簡単に流れを紹介します。

 
Cap 374 【布陣】
 この日ローマ軍は1万の予備軍を後方に置き、7万の歩兵力での伝統的な配置で決戦に挑みます。
 その配置とは、前衛に軽装歩兵を置き、その後ろに重装歩兵部隊の方陣密集隊形、そして左右側面に騎兵という配置です。
 作戦の意図は当時最強を誇るローマ軍団の重装歩兵部隊による中央突破であり、そのため各中隊の幅を狭くして密集体系をとっていました。
 一方、5万の兵力を持つカルタゴ軍の指揮官ハンニバルもローマ軍と同じような布陣でしたが、ガリア人傭兵の歩兵部隊を凸状にふくらんだ三日月形に並べ、その両側に精強なカルタゴ兵を配置。
 左右側面に騎兵が自由に動ける態勢の布陣でした。この隊形の意図は中央で敵主力を拘束している間に両翼を突破し敵全体を包囲するところにあります。


【戦争序盤】

 緒戦でハンニバルのカルタゴ軍は、右翼のローマ騎兵を粉砕することに成功します。(図1)
 一方、ローマ軍は
主力の重装歩兵部隊の単一大方陣を前進させて、凸状のカルタゴ軍を押戻し始めます。
 カルタゴ軍の凸状の陣形が、圧倒的に強力なローマ軍の大方陣によって凹状に変形したのを見て、「敵軍は崩壊寸前である」と考えたローマ軍はさらに前進します。

Cap 375
【包囲完成と殲滅】
 その間にカルタゴ軍右翼の強力な軽騎兵がローマ軍騎兵を攻撃、ローマ軍騎兵は対抗できず敗走し始めます。
 そのころにはカルタゴ軍の陣形はU字形に変形、退却をしつつも、ローマ軍を押さえつけます。(図2)

 ここでハンニバルは、側面で待機させていた精鋭のカルタゴ歩兵に包囲陣内のローマ軍を粉砕するように命令し、退却していた前面の歩兵部隊も反転してローマ軍の前方に立ち塞がります。両翼のカルタゴ騎兵が、ローマ軍の後方に到着して敵軍の退却路を塞ぐと、カルタゴ軍の包囲環は完成(図2)。
 包囲環の中で密集したローマ兵たちは効果的に戦うことが出来ず、周りを囲むカルタゴ軍に一方的に殲滅されていくことになります。

Cap 376 【結果】
 この戦いでカルタゴ軍は6千名余りの戦死者を出しましたが、ほとんどが傭兵であり、かたやローマ軍の被害はその十倍の6万人の戦死者と1万人もの捕虜を出した一方的な戦いになりました。
 ローマ軍の指揮官である
ルキウス・アエミリウス・パウルス
はこの戦いで戦死します。

 この多くの血を吸った地は、その1200年後に再び多くの男たちの血を吸うことになります。それも同じように、一方的な殲滅戦で。敗れたローマ兵士たちの怨念のようです・・・・。
 
 現在のこのカンネの地は、ぶどう畑の平和な景観であり、戦争の痕跡は一部しか残っていません。
 ローマ側の都市の城壁の一部に博物館が建てられており、当時の面影を少しだけ残しています。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

秘密

   
今日は何の日?カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
こんな記事もあります
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
今日何の日?
こちらにも記念日があります。
PR