ƒ 暮らしの記念日 - 今日は何の日?話のネタブログ

今日は何の日?話のネタブログ

今日という日を過去の出来事や著名人の誕生日など、様々な角度からピックアップしています。話のネタにどうぞ。

 

暮らしの記念日

プロフィール

onemoreネタ

Author:onemoreネタ
今日という日の歴史的な出来事、事件、人物などを語るブログです。話のネタやブログのネタにどうぞ。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村
カテゴリ
今週の人気記事ランキング
おすすめ
楽天トラベル
i2i
スワップ金利
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
こちらのサイトを参考に作成しております。

【5月18日】言葉の日と言魂信仰



PHM15_0022.jpg
 本日、5月18日「ことばの日」です。「こ(5)とば(18)」の語呂合せで制定していますね。

 本日は「ことば」に意識して、正しく使えるように心がける日との事ですが、家族や周囲の人たちに対して、心地よい言葉、相手を楽しませる言葉などを意識して使うようにしたいですね。

 さて、そんな「ことば」ですが、日本人は特に「言葉」に囚われている民族のようで、「
言魂」というものがあります。

 言霊(ウィキペディア) : 言霊(ことだま)とは、日本において言葉に宿るとされた霊的な力のこと。言魂とも書く。清音の言霊(ことたま)は、五十音のコトタマの法則を指し、その法則によって森羅万象が成り立つとされ、言霊を研究する学問を言霊学という。

 へえ〜という感じですが、いざ身近な事に置き換えるとよく分かります。
 例えば何か悪いことが起きた時「お前が変なことを言うからだ」とか「縁起でもないことを言うな」とか日常の会話でもよく出てきますよね。

 よく考えれば、自分が不幸の予言みたいな悪いことを言ったとしても、起きた事実とはまったく因果関係がないのですから、怒られるのは筋違いというものです。
 でも、なぜか日本人ではこのようなことは忌み嫌い、バッシングされますよね(笑)。
 これが「言魂」信仰だと言われると、なるほどと思いませんか?


 作家の井沢元彦氏は、この事に着目して、言論の自由を封殺し続ける「コトダマ信仰」という説をとなえています。
 『逆説の日本史3 古代言魂編』、『言魂』『「言魂の国」解体新書』という書籍に詳しく書かれていますが、ここではその内容をかいつまんで紹介します。


 たとえば、日本でハイジャックが起きて人質と交換に現金を要求したとします。

 ある評論家が、TVで「今後の再発を防ぐためにも、ここでハイジャックに屈してはならない、機動隊を強行突破させよ。その際に人質が死亡しても止むなしである」と意見したとします。

 すると、「人命軽視もはなはだしい」と、その評論家は猛烈な批判に晒されるのは容易に想像できます。

HDS005.jpg  しかし、実際の行動は、評論家が言ったことではなく、決断した大臣に責任がありますよね。だけども国内の世論では、真っ先に発言した人間に非難が殺到します。

 ですので、万が一死者が出た場合でも、その第一にはテロリストの責任であり、第二に強行突入という判断を下した人間にあります。または、その突入の仕方がまずくて、出さなくていい死者を出してしまったら、突入部隊の誰かに責任はあります。

 しかし、実際には、もし人質に死者が出れば「おまえがTVでそんなことを言うから、こんなことになったんだぞ」と非難されるのではないでしょうか。
 日本ではこのように意見を言った者にも「とんでもないヤツだ」とか「責任をとれ」という非難が浴びせられます。外国ではこのようなことは起こらないと思います。

 これは日本人の言魂信仰をよく表していると井沢氏は書かれています。

すなわち
人質が死んでもかまわない(意見) 〜  人質に死者が出た(結果)

 この2つの因果関係を我々日本人は認めているということになります。だからこそ、意見を出した人間を責任があるという発想になる訳です。

 これでは真の発言の自由はありません。
 発言者は言葉を出す(これをことあげするといいます。)ことで、「その発言が実現することを望んでいる」と思われるのです。

 大戦前も「アメリカと戦えば負ける」といえば非国民扱いでしたし、現在では「憲法九条改正」といえば、すぐに、あいつは軍国主義者だ、ファシズムだ、戦争を望んでいるんだとして議論さえを封殺しようとします。
 日本が「将来、核兵器保有の可能性はあるのか」という議論自体もさせません。
 これは、「有事立法」の制定すら許さないということになるのです。

 また日本は契約が下手な民族と言われます。
HDS032.jpg
 儒教の影響が色濃い東アジア全部がそうであるなら、納得ですが、これは日本だけの特有のことだそうです。

 何故でしょうか?契約とはもし取引先とのトラブルが起きれば、こういうペナルティが生じるという、あらゆるトラブルを考えて決めるのですが、日本人はそれが下手だそうです。

 日本人同士なら、まだ通用するのですが、異文化の外国人相手ですとそうはいきません。
日本人との契約書は抜け穴だらけだそうです。
 日本人は、トラブルをあらかじめ想定して取り決めを行うことが下手な民族、ペナルティが付けられない民族ということらしいのです。
 悪いことが起こることを想定してリアルに物事を進められないということになるのです。

 また、日本人なら教会で結婚する時に離婚の事を想定して神に契約できるでしょうか(笑)
キリスト教会での結婚式での有名な誓いの言葉として、

「汝は、この女性(男性)を良きにつけ、悪しきにつけ、病の時も健やかな時も死が二人を分かつまで,聖なる結婚により妻(夫)とするや」

という言葉がありますが、これはロマンチックなことでも何でもなく、真意を読み取ると、

 「お互いにトラブルが起きても、不満が生じても、どちらかがアクシデント、病などになっても離婚は許されない。しかしその契約は、どちらかが死ぬことにより終わる」ということなのです。(^_^;)

GUM12_PH06022.jpg  これは、不幸が起きることも想定し、なおかつ、「どちらかが死んだ時にこの契約は完了する。その後は再婚してもかまわない」という意味になるのです。これも有事立法なのです。

 これが神道の結婚式ですと、「誓い」ではなく、「祝詞」をあげますが、キリスト教のような「病」とか、「死」という不吉な言葉は一切使用しません。

 受験の時も「すべる」とか「落ちる」とかを言わないように気をつけるのも同じ考え方から来ているのかもしれませんね。


 「発した「言葉」の内容に呼応して「現実」も動くということを信じる」これを意識せずに信仰しているのが私たち日本人であるというのです。

 なんか面白いと思いませんか。興味のある方は是非読んでみて下さい。

 最近でも何かにつけて政治家の発言を非難するマスコミや、風潮がありますが、政治家は、何を語ったかではなく、何を行動しているのか、実績を出しているのかで見たいと思います。

 漢字を読み違えたり、言葉の揚げ足ばかりとってマッチポンプのようにそれを拡大させ、自分たちの気に入らない政治家を排除し、世論を誘導しようとするマスコミにはもう踊らされないようにしたいものです。


PHT_042.gif


井沢元彦氏の著作です。ご興味のある方はどうぞ。






テーマ : 紹介したい本
ジャンル : 本・雑誌

【5月16日】旅の日と松尾芭蕉



松尾芭蕉2

 本日、5月16日は旅の日とされています。松尾芭蕉が「奥の細道」に旅立った日(旧暦元禄2年3月27日)に因み、1988年に日本旅のペンクラブが提唱したとのこと。

 松尾芭蕉(寛永21年(644年)- 元禄7年10月12日(1694年11月28日))といえば、世界的にも有名な江戸時代前期の俳諧師ですよね。

 芭蕉が弟子を伴い、元禄2年3月27日(1689年5月16日)に江戸を立ち東北、北陸を巡り岐阜の大垣まで旅した紀行文『おくのほそ道』が最も有名だと思います。

 この年は、ちょうど
西行の500回忌に当たる年でもあり、芭蕉45歳の年でもありました。旅程は合計でなんと600里(2400Km)にものぼり、一日数十里もの道も歩いたそうです。これは当時のこの年齢としては大変な健脚とスピードであり、 この事柄と、芭蕉が若い頃に服部半蔵の一族に仕えたということが合わさって、「芭蕉忍者説」が生まれていますが、さもありなんですよね。

 東北の道のりが西行の道筋を辿り、同じ場所で句を詠んでいることから管理人はよく、西行の歌と芭蕉の歌を混同してしまいます。
 西行が立ち止まって田植えを見てから去ったという「遊行柳」の歌を詠んだ場所では、同じように芭蕉も柳の俳句を詠みます。

 (西行)道野辺に 清水ながるる柳かげ しばしとてこそ 立ちとまりつれ

 (芭蕉)田一枚 植えて立ち去る 柳かな


 試験に出されたは答えられないかも(笑)。芭蕉の奥の細道の有名な俳句は以下のものがあります。

 (芭蕉)夏草や兵どもが夢の跡

 (芭蕉)閑さや岩にしみ入る蝉の声 

 (芭蕉)五月雨をあつめて早し最上川

芭蕉は人生の旅の終焉に最後の句を残しています。

   (芭蕉) 旅に病んで夢は枯野をかけ廻る


日本語って日本人にとってはやはりとてもいいものですね。
管理人も旅に行きたくなりました。若い時に行った旅路を、年老いてから辿るのも、自分の人生と重ねて感慨深い深いものがあるかもしれません。




思い出の旅館やホテルにもう一度泊まるのも素敵ですね。

関連記事もありますよろしければご覧下さい。

→【3月4日】木曾義仲と巴御前
→【3月6日】世界一周記念日に夢を膨らませる
→【3月23日】西行の命日に想う
→【4月19日】地図の日。伊能忠敬56歳の挑戦

→【8月19日】バイクで俳句
→【11月28日】本日は松尾芭蕉の命日、忍者説と隠密説の謎

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り
ジャンル : 旅行

【5月5日】こどもの日は記念日が沢山



a0150_000129.jpg

 5月5日の今日は、こどもの日ですね。祝日法2条によれば、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」ことが趣旨であるとあります。なぜ父はないのか不思議ですが(笑)1948年に制定です。こいのぼりを上げる家も少なくなってきている感じがしますが、田舎の農家ではまだまだ立派なこいのぼりが目を楽しませてくれます。

 それ以外にも日本だけでもこんなに記念日があります。


おもちゃの日 日本玩具協会・東京玩具人形問屋協同組合が1949年に制定。端午の節句に因み、おもちゃや人形のPRの為に設けられた。

子供へ本を贈る日
〜 書籍取次のトーハンが制定。

手話記念日
日本デフ協会が2003年に制定。手話が左右の五本指を使うことから。

自転車の日
〜自転車月間推進協議会が1998年に制定。5月の自転車月間の中の祝日を自転車の日とした。

薬の日
全国医薬品小売商業組合連合会が1987年に制定。611年(推古天皇19年)のこの日、推古天皇が大和の兎田野で薬草を採取する薬狩りを催し、これから毎年この日を「薬日(くすりび)」と定めたという故事に因むそうです。

フットサルの日〜 フットサルに関する事業を行う株式会社エフネットスポーツが制定。フットサルが5人対5人で行うスポーツであることから。

レゴの日〜デンマークのプラスチック製ブロック玩具・レゴの日本法人であるレゴジャパンが制定。「0505(レゴレゴ)」の語呂合わせによるもの。


どれも興味深い記念日ばかりです。
こどもの日を中心に、おもちゃのレゴを贈ったり、本をプレゼントしたり、こいのぼりを上げたり、子供とフットサルや自転車に乗ったり、手話を習ってボランティアに参加してみたりと、色々と思い出ができそうです。







続きを読む

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

今日は何の日?カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
こんな記事もあります
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
今日何の日?
こちらにも記念日があります。
PR